お金を安心安全に借りる方法

お金を調達する

会社からお金を借りる3つの制度と利用する際の注意点
会社からお金を借りる
銀行でお金を借りる時に必要なものとは?スムーズに手続きするために
銀行からお金を借りる
親にお金を借りる時はココに注意!贈与税が発生するケースとは?
親からお金を借りる

お金を借りる方法

いますぐお金を借りる

「どうしても、いますぐにお金が必要!」「ちょっと緊急で資金を準備したい!」

こんなときに便利なのが即日融資です。

即日で借りたい!スピーディーに借りるには?

即日融資は、窓口はもちろん、街なかにある自動契約機のほか、スマホからでも申し込み可能です。

融資に必要な審査はアプリでOK、WEB手続きだけでお金を借りられるサービスもあります。

超特急でお金を借りたいなら、

ネットで審査を完了→審査完了→自動契約機でカード発行→融資実行

という方法もあります。

土日に融資は難しい?

平日ならまだしも、土日祝日となると、即日融資は難しいのでは?と心配される方もいるでしょう。

ですが、最近は土日祝日でもスピーディーに融資が可能なサービスもあります。

土日祝日に、急いでお金を借りたい場合は、

  • ネット申し込みOK
  • 自動契約機あり

のキャッシングサービスを利用するとスムーズです。こういったサービスを提供しているところでは、24時間365日融資OK、即日振込に対応していることも。

アプリでサクッと書類の提出ができるので、窓口での待ち時間ややりとりを大幅に省略可能、迅速に対応してもらえるのです。

ただし、土日に審査となると、在籍確認に影響が出て、審査が遅れてしまう可能性もあるので、その点には注意が必要ですね。

職業や勤続年数によっては審査が厳しい?

キャッシングやカードローンの審査では、職業や勤続年数について必ず問われますが「金属年数が短い=キャッシング」ができない、というわけではありません。

もちろん、勤続年数が短いよりは、長いほうが有利ではありますが、そこだけが判断基準ではありません。

最も大事なポイントは、収入が安定しているかどうか。ここが重視れます。

つまり、返済力があるかどうかです。

ちなみに、審査の際に嘘の収入を記載しても、バレで信頼を失うなど、後々自分のクビをしめることになります。嘘はやめておきましょう。

すぐにお金を借りたいけど審査時間はどれくらい?

すぐにお金を借りたいけど審査時間はどれくらい?

いますぐにお金を借りたい、審査時間も惜しいという場合は、どこに相談するのがベストでしょうか。

急ぐなら消費者金融という選択肢を

審査の時間が短くて済むキャッシングというと、消費者金融があります。最短で30分以内という素早さで対応可能なところも。

ただし、このスピーディーな対応を求めるなら、営業時間内であることが大前提です。

銀行カードローンの審査は時間がかかる?

銀行カードローンも様々なサービスがあり、中には申し込みから1時間ほどで審査完了となるローンもあります。

ただし、銀行によっては、消費者金融や信販会社を保証会社として審査を依頼しているケースもあり、その場合はスピーディーとはいかないでしょう。

銀行でスピードを求めるなら、口座を保有している銀行で相談してみること。すでに口座をもっているため、口座のキャッシュカードにローン機能をプラスするだけでOKというサービスもあります。

キャッシングって怖くない?

「急ぎでお金が必要で初めてキャシングをするんだけど、なんか怖いな。」などと不安を感じるかたもいるでしょう。

消費者金融というと「恐ろしい金利」や「違法な取り立て」などのイメージがあるかもしれません。

ですが、2008年の貸金業法改正以来、貸金業界の自主規制機能を強化するための「日本貸金業協会」も設立、定期的な監査も実施されており、消費者金融も安心して利用できるようになっています。

銀行で借りるか消費者金融で借りるか

銀行のカードローンと、消費者金融。どちらを利用するか迷う方もいるでしょう。

両者を比べてのメリット・デメリットは以下のとおり。

メリットデメリット
銀行カードローン金利が低い審査が厳しい
消費者金融即日融資などスピーディな対応金利が高い

特に、お金をすぐに借りたい場合は、消費者金融のスマホアプリによる審査が便利です。

消費者金融のスマホアプリで、必要書類の提出までまとめて完了可能、審査OKとなれば自動契約機で即カードを発行してもらえます。

タイトルとURLをコピーしました