本当に支援してくれるサイト紹介|お金に困ったらココをチェック!

お金を支援してくれるサイト紹介|お金に困ったらココをチェック!お金が払えない

インターネットで検索していると、お金を支援してくれる団体やサイトがありますよね。これは安全なんでしょうか?

笑う女性

生活救済のために本当に支援してくるサイトもありますよ!ただ、なかには詐欺等が疑われる危険なサイトもあるので要注意です!

生活資金に困った時に、インターネットでお金を支援してくれるサイトはないかな?と検索することもあるでしょう。

検索結果には「簡単・誰でも・すぐ融資」などの甘い言葉が並ぶサイトが、数多く表示されます。

なかには怪しい情報もあるので、危険なサイトでないかしっかりと見極めることが大事です。

お金を支援してくれる団体

生活困窮者を救済する目的でお金を支援してくれる安全なサイトも実在しますが、それに便乗する怪しいサイトもあります。

ここで紹介するお金を支援してくれる団体は、非営利のNPO法人や金融庁など、安心安全に利用できる運営団体です

ヤミ金等が運営する違法なサイトではありませんので、安心してチェックしてください。

SMBCモビット

SMBCモビットは、最大800万円を年利3~18%で借してくれる大企業が展開する融資サービスです。

竹中直人さんが広告を努めており、金利が極めて安いことでたくさんの生活困窮者の助けになっています。

ほかの団体と異なり、窓口に足を運ぶ必要がなく、スマホだけで融資が完了する点が大きなメリットです

煩わしい手間が一切ないので、いくら借りられるか簡易審査シミュレーションをしてみると良いでしょう。

シミュレーションしてみる

厚生労働省

生活に困っているときには、厚生労働省のサイトも参考にしてみてください。

厚生労働省のサイトには、以下に該当する方々への支援金や助成金の情報が掲載されています。

  • 収入が少ない方
  • 失業中の方
  • 子育てにかけるお金がない方
  • 就学のお金がない方
  • 障害者や高齢者で生活に困っている方

厚生労働省「分野別の政策一覧」

以下、生活に困っている方の悩み解決に役立ちそうな相談窓口を紹介しておきます。

その他の窓口については、状況に応じて以下の一覧からチェックしてみてください。

厚生労働省「分野別の政策一覧」

お金を支援してくれる団体をまとめて紹介!困ったらまずは相談!
生活が苦しいとき、支援してくれる制度っていないでしょうか? 生活に困ってる人を助けてくれる団体は結構あります! お金を支援してくれる団体を活用しよう 給料...
現在、厚生労働省では、コロナ関連で困窮している方々への支援として給付金等の制度を拡大しています。困ったら迷わず相談してみましょう。

公共機関等で借り入れができれば、担保不要だったり、低金利で借り入れできたり、安心して資金調達や借り入れができるでしょう。

ただし、こうした機関では制度の把握から申し込み手続きまでの流れ、借り入れの条件や審査等、実際に支給が決定され口座に振り込まれるまでに多くの時間を要します。

緊急で借り入れをしたい場合は、電話やネットだけで申し込めるカードローンが便利です。短期間で返済できれば、金利も低く抑えられるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

今すぐお金を借りる

非営利団体のサイト

以下のサイトは、いずれも非営利で運営されていてお金を支援してくれる団体のものです。

これらのお金を支援してくれるサイトは、「多重債務者」「収入の少ない方」「病気や怪我などで働けない方」といった方を対象に健全な生活を送れることができるよう、相談や融資を行っている団体です。

全国にこうした機関がありますが、地域で限定されている場合もあるので、上記一覧の各リンクからお住まいの地域に該当する団体があるか確認してみてください。

 

本当に支援してくれるサイト

公共機関以外にも、お金を支援してくれるサイトがあります。

クラウドファンディング

新規事業等を始めたいが資金が足りない!という場合には、お金を支援してくれるサイトととしてクラウドファンディングが挙げられます。

クラウドファンディングは、インターネットを通じて、あなたの現在の活動や事業ビジョンを紹介し、賛同してくれた方から資金調達するための仕組みを提供するサービスです。

生活が困窮している方の支援サイトというわけではありませんが、夢を叶えたい!という方の活動のお金を支援してくれるサイトということで紹介します。

日本で利用できるクラウドファンディングは、下記などがあります。

クラウドファンディングを利用するには、サービスごとに10%〜20%ほどの手数料がかかります。

ソーシャルカンパ

聞きなれないかもしれませんが、ソーシャルカンパというサービスがあります。

ソーシャルカンパというのは、「○○さんにお祝いのプレゼントをあげたい!」という時に、プレゼントを買うカンパを募ったり、現金を寄付するサービスです。

有名なソーシャルカンパサービスは、Kampa!です。

一時期は、好きなタレントのためにファンがカンパを募ってプレゼントを買うなど賑わった時期もあったのですが、残念ながら現在ではあまり活発な利用はされていないようです。

ただ、このソーシャルカンパは、Facebookのグループなどでも行われているので、気になる方は探してみてください。

カードローン

お金を支援してくれるサイトを頼ってみて、それでも駄目ならカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。カードローンなら店舗まで行かずにインターネットで完結できる業者もあるので、1つの選択肢として記載しておきます。

インターネットで完結できるカードローンには、消費者金融大手5社や、銀行ローン、信用金庫のカードローンなど数多くあります。

消費者金融系では、短期間で返済すれば金利がつかない会社もあります。

auPAYスマートローンでは、借り入れ毎にpontaポイントが付くサービスがあったり、また別の会社でhアプリでお金の管理ができるサービスが付いていたりします。

笑う男性

お金を支援してくれるサイトと言っても、生活困窮者向けや、夢に向かって資金を募るサイト、ヤミ金までいっぱいあるんですね!

笑う女性

インターネットを通じて、これまでなかったような新しいサービスもどんどん出来ているから、上手に使いこなすといいですね!

今すぐお金を借りる

お金を支援してくれる個人融資サイトには気をつけて

お金を支援してくれるサイトを検索して、目につくのが、個人融資サイトと呼ばれるものです。

融資を受けたい旨を掲示板に書き込んでおくと、支援者から融資のメール通知が届く仕組みになっています。

話だけ聞けば、良さそうなサイトですが、残念ながら融資の話を送ってくる先のほとんどが、ヤミ金やソフトヤミ金と言われるものです。

闇金とは、出資法で決められた金利の上限以上の法外な金利で貸付をする、違法は金融業者のこと。

個人間融資エージェントとは?個人間融資利用のリスクと対処法
個人融資エージェントってどんなサイトなんだろ? 個人間融資エージェントについて、詳しく紹介していきますね。 個人間融資エージェントの口コミは? 個人間融資...

ヤミ金といえば、10日経過すると10%(トイチ)や30%(トサン)と言った高額な金利をつける方式で、取り立ても法に則った方法ではなく、過酷なものとなる可能性もあります。

高金利のためなかなか元金が減らず、いつまでも金利のみを支払うことになりかねません。

こうした個人間融資サイトも、最近では「融資」ではなく「給料ファクタリング」と言って活動するなど、個人融資サイトを自ら見つける事自体が困難になっていますが、見つけても違法なサービスですので、利用は避けましょう。

タイトルとURLをコピーしました