リテールアカウント支店とは?手紙が届く理由&対処法!

リテールアカウント支店からの手紙の中身は?封書が届く理由や対処法お金が払えない

あれ?三菱東京UFJリテールアカウント支店から手紙が届いたぞ?なんの会社だろ?

それはカードローンの案内ですね!中身をしっかり確認することをおすすめします!

東京三菱UFJのカードローン「バンクイック」を利用した場合に、「三菱UFJ銀行第2リテールアカウント支店」という名前で手紙が送付されることがあります。

カードローンといった直接的な表現はされていませんが、借り入れなどに関する重要な内容が書かれていることもありますので、しっかりと確認しましょう。

三菱UFJ銀行第2リテールアカウント支店とは?

三菱UFJ銀行第2リテールアカウント支店とは、カードローンのお客様対応部門です。

カードローンを利用した後、何か連絡事項がある場合には、自宅へ手紙が郵送されることがあります。

カードローンの利用が本人以外にバレないように、直接的な表現はされていません。

しかし、ネットなどで名前を調べれば、カードローンに関連するものであることは分かってしまいます。

誰にもバレずにカードローンを使用したい場合は注意が必要です。

リテールアカウント支店からの手紙の内容

三菱UFJ銀行第2リテールアカウント支店からの書類は、契約時に発行されるローンカードの可能性があります。

カードローン申込時に、ローンカードの受け取り方法を「郵送」もしくは「テレビ窓口」を選択することができます。

ここで郵送を選択した場合には、自宅へカードが届けられます。

ただし、契約状況によってはローンカード以外の書類が届く可能性もありますので、次の章で詳しく説明します。

リテールアカウント支店から自宅に手紙が届く理由

リテールアカウント支店から手紙が届く理由は、下記のとおり。

  • ローンカードの受け取り
  • 返済の催促
  • 最終通告

場合によっては極めて危険な状態と言えますので、必ず各内容をご確認ください

ローンカードの受け取り

ローンカードの受け取り方法で、郵送を選択した場合には自宅へ届けられます。

ローンカードは、契約の完了から1週間程度で自宅に郵送されます。

送付方法は簡易書留が使われるため、ポストに投函されることはなく、誰かが受け取る必要があります

受け取れなかった場合は不在票が投函されますので、郵便局の指示に従って受け取りをしましょう。

ただし、簡易書留は本人以外でも、配送先住所の人間であれば誰でも受け取れます。

カードローンの利用が誰にもバレたくないときは、自分以外の人間に受け取られないように注意しましょう。

返済の催促

返済が遅れている場合で、三菱東京UFJからの電話連絡を何度も無視し続けた場合は、自宅に督促状が郵送される可能性があります。

カードローン会社は契約者との連絡に電話を使用しますが、契約者との電話連絡がつかなくなった場合は、別の連絡方法として手紙を郵送してきます

自宅への郵送をさけるためには、電話連絡を無視せずに応対しましょう。

仕事の都合などでどうしても電話に出られないときは、折り返しの連絡を入れるなど、電話連絡が可能である旨をアピールしましょう。

どうしても返済が難しい場合は、最終手段として金利が安い別の金融会社からお金を借りて、そのお金でひとまず三菱東京UFJに返済する方法も視野に入れるしかありません。

今すぐお金を借りる

最終通告

返済が数カ月に渡って滞っており、さらに返済の目途が立たない場合には、最終通告が自宅に郵送される可能性があります。

最終通告は三菱東京UFJからではなく、弁護士事務所などを通して郵送される可能性もあります。

電話連絡などで、今後の返済について相談できている場合は問題ありません。

しかし、電話などの対応を怠っている場合は、こういった通告が自宅に届く可能性もあります。

返済ができない状況に陥らないことが大切ですが、もしこういった状況になった場合は、可能な限り早く窓口などへ連絡するようにしましょう。

本当に後がなくなったときは、一時的に金利が安い別の金融会社からお金を借りて、三菱東京UFJの返済に充てることも視野に入れよう。

今すぐお金を借りる

リテールアカウント支店からの自宅への郵送物を避ける方法

リテールアカウント支店からの自宅への郵送物を避けたいなら、バンクイック利用時に下記の対応を取りましょう。

  • テレビ窓口でローンカードを受け取る
  • バンクイックからの連絡にはスムーズに対応する
  • 遅延なく返済をする

テレビ窓口でローンカードを受け取る

三菱東京UFJのバンクイックでは、下記のいずれかの方法でカードローンを申込むことができます。

  • WEB申込
  • テレビ窓口申込
  • 電話申込

いずれの申込方法を選択した場合でも、ローンカードの受け取り方法は「郵送」もしくは「テレビ電話窓口」のみです。

自宅へのローンカード郵送を防ぐためには、テレビ窓口を選択しましょう。

テレビ窓口は、無人の発行機を使って手続きを進める方法です。

テレビ電話を通して、オペレーターと話しながら申込を進めることができます。

カードローンを申込む段階からテレビ電話窓口を使用すれば、一貫してローンカードの発行まで進めることができます。

急いでカードローンを利用したい場合にもおすすめです。

バンクイックからの連絡にはスムーズに対応する

カードローン会社から連絡には遅れずに対応しましょう。

催促以外にも、なんらかの必要事項を伝えるために連絡をしている場合があります。

万が一、カードローン会社が必要事項を電話で伝えることができないと判断した場合には、手紙で連絡をしてくる可能性があります。

電話に出られなかった場合にも、折り返しの連絡をするなどの対応を必ずしましょう。

遅延なく返済をする

上記の通り、電話での連絡ができないと判断された場合には自宅へ書類が送られます。

カードローン会社からの連絡として一番多いのが、返済の催促です。

返済が遅れている場合には、カードローン会社はなんらかの手段で連絡をしてきます。

そのため、まずは遅れずにしっかりと返済することが重要です

もし返済が遅れてしまう場合には、あらかじめカードローン会社へ連絡をしましょう。支払いの猶予などを検討してくれる場合もあります。

郵送物はカードローン利用がバレる可能性が高い

家族や同居人などに、カードローンがバレる理由として、一番可能性が高いのは郵送物です。

電話やメールに関しては、自宅の電話番号を登録しなければ防げます。

カードローン会社の社員が直接自宅を訪問することは、かなり特別な事情でない限りはめったにありません。

カードローンなどの直接的な記載はなく、三菱UFJ銀行第2リテールアカウント支店などの表記で配慮はされますが、ネットなどで検索すればすぐにバレてしまいます。

誰にもバレずにカードローンを利用するなら、自宅への手紙をできる限り避けることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました