本当に貸してくれる個人間融資は?急いでお金を用意する7つの選択肢

本当に貸してくれる個人間融資は?急いでお金を用意する7つの選択肢お金を調達する

本当に貸してくれる個人間融資はありますか?とにかくお金が必要なんです!

個人間融資はおすすめできません。ほかに方法がないか考えてみませんか?

どうしてもお金が必要で、SNS等で手軽に借りられそうな個人間融資に興味をもったりしていませんか。

このページでは個人間融資のリスクから、お金を借り入れる個人間融資以外の選択肢等について解説します。

緊急でお金を借りるにしても、できるだけ安全性の高い方法をチェックしておきましょう。

本当に貸してくれる個人間融資はあるがリスクしかない

お金を貸すことで収入を得る貸金業の営業には、法的な登録申請や要件があります。

貸金業法のキホン(金融庁)

貸金業に関する法律として「貸金業法」「利息制限法」「出資法」の「貸金三法」があるんですよ!

これらの法律に定められた登録申請や要件等を無視して、個人で金貸業を行うのは違法であり、こうした業者を「ヤミ金」と呼ぶのです。

金融庁でも、ヤミ金は絶対に利用しないように呼びかけをしています。

特に、SNSや掲示板等で見知らぬ人からの個人間融資を利用するのは避けたいところです。

どんなに親しい間柄でも、家族であっても、金銭の貸し借りというのは大きなトラブルに発展しがちですよね。

SNS等を介して行われる個人間融資では、見ず知らずで何の保証もない相手からの借金を抱えることもあり、どんなトラブルが発生するかもわかりません。

お金を借りられたとしても、それ以上のリスクを抱える危険性もあるので、ほかの方法を検討することをおすすめします。

でもお金が必要なんです!ちょっとなら大丈夫じゃないかと思うのですが。

トラブルが発生したり、警察沙汰になってから後悔しても遅いですよ!

本当に貸してくれる?個人間融資に潜むリスクとは

個人間融資のリスクといっても、ピンとこない方もいるでしょう。

個人間融資では、以下のようなリスクがあります。

  • 法外な金利を要求される
  • 個人情報をだまし取られる
  • 手数料をだまし取られる
  • 保証人として家族や友人の個人情報を危険にさらす
  • 自宅や職場に来られる可能性もある
  • 犯罪に巻き込まれる可能性がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

法外な金利を要求される

貸金業者として登録している消費者金融であれば、金利の上限が決められていますが、違法な個人融資では法外な金利を要求されることもあります。

結果、複数の借金を重ねてしまい、多重債務を生むことにもなってしまいますのでご注意を。

違法な取り立てもあり得ますよ!

個人情報をだまし取られる

お金を借りたいと申し入れる際には、個人情報の提示が必要で、名前以外に住所や電話番号、免許証等の身分証明書、職場の情報、給料明細などの提出を求められます。

個人情報を取られただけでお金を貸してもらえず、単なる詐欺だったということもあるのです。

手数料をだまし取られる

金銭を貸すためには保証金や手数料、利息といった名目で先に振込みを求められるケースもあります。

個人情報だけでなく、お金もだまし取られただけで借り入れができなければ、お金が必要である状況がさらに悪化するだけです。

保証人として家族や友人の個人情報を危険にさらす

個人間融資で保証人が必要といわれ、家族や友人の個人情報も渡すことで、関係のない人にまで迷惑をかけてしまう可能性もあります。

正当な貸金業者であれば、個人情報が悪用されることはまずありませんが、個人間融資では相手次第ですので、リスクがゼロというわけにはいかないでしょう。

自宅や職場に来られる可能性もある

住所や職場を知られていれば、いつ相手が家や職場に来るかもわかりません。個人間のやりとりですから、予期せぬトラブルで「もしかしたら家に来るかも」などと怯えて暮らすことになる可能性もあるのです。

女性の性被害等が発生することもありますので、慎重な行動が求められます。

危険を感じたらすぐに警察に相談を!

犯罪に巻き込まれる可能性がある

個人間融資でお金を借りたのがきっかけで、犯罪行為に加担することになってしまうケースもあります。

借金をしているという弱みも個人情報も握られていることから、無理な要求をされる可能性もあるでしょう。

犯罪に巻き込まれたらお金の心配どころじゃなくなりますね!

1度流出してしまった個人情報は、取り戻すことができません。違法な融資を行うような人とは関わらないのが一番です!

どうしてもお金が必要であれば、ほかの方法から検討しましょう。

どうしてもお金が必要!個人間融資以外の7つの選択肢をチェック!

どうしてもお金が必要!というときのために、以下の7つの選択肢を紹介します。

  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • カードローンを利用する
  • 宝飾品等を質屋に持ち込む
  • 不用品を販売する
  • 日払い・週払いのアルバイトをする
  • 身近な人に相談する
  • 公的融資制度を利用する

スピーディにお金を借り入れられる方法から順に紹介するので、参考にしてください。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードを持っていて、キャシング可能枠がある場合は、それを利用すればスピーディです。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠がない場合や、キャッシング枠で利用できる金額が少ない場合もありますし、金利はカードローンより高めに設定されています。

そのため、スピード重視でクレジットカードのキャッシング枠利用を検討する際は、カードローンの利用も検討することをおすすめします。

カードローンを利用する

カードローンは、お金を借り入れるためのサービスですので、クレジットカードのキャッシング枠より大きな金額を借りやすいですし、金利も低めです。

大手消費者金融のカードローン「SMBCモビット」や「アコム」なら上限800万円まで、「プロミス」なら最大500万円まで借りられます。

もちろん、借り入れには条件も審査もありますよ!

カードローンでは、WEB上の申し込み手続きだけで完結、即日契約して現金の借り入れができるサービスもあります。SNS等や個人融資サイトの個人間融資よりはるかに安心です。

審査も簡単に短時間で受けられるので、まずは試してみましょう。

今すぐお金を借りる

宝飾品等を質屋に持ち込む

高額な宝飾品やブランドものの時計、バッグなど、金銭的価値のある品物があれば、質屋に持参してその場で審査もなく現金を借りられます。

質屋に物品を持ち込んでお金を借りるのであれば、万が一返済できなくても、その商品を取り戻せなくなるだけで、返済を請求されることもありません。

後日完済できれば、商品も手元に戻ってきます。

ただし、借入額がいくらになるかわからないですし、返済する場合の金利はカードローンより高金利となる点には注意が必要です。

年利上限
質屋109.5%(1日あたり0.3%)
カードローン20%(1日あたり0.05%)

カードローンで借りた場合の返済シミュレーションもできますよ!

シミュレーションしてみる

不用品を販売する

質屋で買い取ってもらえないようなものでも、フリマアプリやネットオークション、リサイクルショップ等で販売すれば、いくらかになるでしょう。

売れるかどうか保証はありませんが、フリマアプリは無料で利用できるのでやってみる価値はあります。

リサイクルショップでは非常に低い価格での買い取りになるケースが多いので、まずはフリマアプリで試してみて、売れないようなら店舗に持ち込み買い取ってもらうのがおすすめです。

日払い・週払いのアルバイトをする

売るものがなければ、自分の労力で資金を調達するのが確実です。

日払いや週払いしてもらえるアルバイトやパートもあるので、求人情報をチェックしてみましょう。

借りてしまえば簡単ですが、短期間でも働いて収入をアップできれば、借りる金額も抑えられますよね!

身近な人に相談する

お金の問題は身近な人に相談しにくいものですが、個人間融資をするよりは、先に家族や友人に相談してみましょう。

場合によっては、お金を貸してもらえたり、援助が受けられたり、仕事を紹介してもらえる可能性もゼロではありません。

公的融資制度を利用する

お金が足りなくて困っているときは、公的機関から貸付を受ける方法もあります。

公的な融資では、その目的や条件等が細かく定められていたり、借り入れできるとしても数カ月後になったりという障壁がありますが、安全な借り入れ方法であるのは間違いありません。

お住まいの自治体ごとに相談窓口があります!早めに相談してみましょう!

本当に支援してくれるサイト紹介|お金に困ったらココをチェック!
お金を支援してくれるサイトは複数あります。公共機関が運営するサイト等、安全なサイトもありますが、怪しいサイトもあるので利用する際は十分な注意が必要です。このページでは、安心して利用できるお金を支援してくれるサイトを紹介しています。困ったときにはこちらの情報を参考にして、早めに相談して、お金の問題を解消していきましょう。

本当に貸してくれるとしても個人間融資以外での借り入れを検討しよう!

SNS等で発信している個人間取引は、法的な登録等を行わない闇金だと認識しましょう。法に外れて貸金業を行う、見ず知らずの人物にあなたの大切な個人情報を渡すことで、その後不安に怯えながら暮らすことになる可能性もあるのです。

自宅の住所や職場を知られていますし、保証人として家族や友人に影響が及ぶことも十分に考えられます。

個人間融資はリスクが高いですから、まずはほかの方法を検討しましょう。

カードローンであれば、簡単審査で借り入れ可能か安全に確認できます。個人間融資を検討する前に、チェックしてみてください。

今すぐお金を借りる

タイトルとURLをコピーしました