至急お金が必要な時に知っておきたい!緊急度別9つの方法

至急お金が必要な時に知っておきたい!緊急度別9つの方法お金を調達する
泣く男性

どうしよう!大至急お金が必要なんだけど!

笑う女性

大至急ですか?それは大変!いくつか方法をお教えしますね!

至急お金が必要な時の期間別対処法

至急お金が必要と言っても今すぐなのか、ちょっとくらい猶予があるのかで借りられる範囲も変わってきます。

このページでは、いますぐにでもお金が必要な方から1〜2ヶ月くらいなら猶予がある方まで、緊急度別にお金の調達方法を紹介します。

至急お金が必要「とにかく今すぐ!」という方向けの対処法

まずは、緊急度の高い「いますぐにお金が必要」な方向けの方法から見ていきましょう。

手持ちの物品を質入れして借りる

家に価値がありそうなものがあれば質屋に持ち込み、その物品を担保にして、その場でお金を借りられます。

質屋なら、手持ちの品物と免許証など身分証明になるものを持って行くだけ。審査等は不要で、すぐに現金を受け取れますので、至急お金が必要なときには役立ちます。

大手質屋では最短15分ほどで借入ができるのが大きなメリットですが、持参した品物にどれくらいの価値があるか査定が必要で、希望する金額を借りられるか分からない点がデメリットといえるでしょう。

質屋の場合は、カードローン等の金利と比較して高めに設定されています。実際、法律上、消費者金融で設定できる金利の上限が借入金額に応じて15~20%であるのに対して、質屋では109.5%までの年利が認められています。

ただ、質屋の場合は質入れしたものを担保にお金を借りるため、返済できなくてもその品物を取り戻せないだけですから、これで急ぎ資金を集められるなら多重債務等のリスクは避けられるでしょう。

笑う女性

最近は質屋でも以前よりは年利が下がっており、質入れ金額によりますが、1~5%ほどで設定しているところが多いようです。

いらないものならリサイクルショップとかフリマアプリで売却する方法もあありますね。

クレジットカードのキャッシング枠から借りる

クレジットカードにはキャッシング枠が付いているものもあります。

クレジットカードの提携ATMからキャッシング枠内の金額をすぐに引き降ろせる手軽さがありますが、金利が15%〜20%と少々高めになっております。

笑う女性

クレカのキャシング枠は利用者によって異なりますので、わからなければカード会社に確認してみてくださいね。

カードローンで借りる

クレジットカードのキャッシング枠と似て異なるものにカードローンがあります。

ノンバンクのカードローンは、電話やインターネットだけで手続きが可能なだけでなく、借入れまでの時間も申し込みから20〜30分で借りられるサービスもあり、非常にスピーディです。

借入れ金額も1万円から最大800万円まで借りられる会社もあります。

金利は金額により変わってきますが3〜18%で借りることができ、初回の借入れなら一定期間は金利がつかないサービスなどもあります。

今すぐお金を借りる

笑う女性

ただし、返済が遅れると20%の延滞損害金が発生する会社がほとんどなので、借り入れする際は計画的に!

生命保険等の契約者貸付制度を利用する

生命保険等によっては、契約者貸付というサービスがあります。これを利用すれば、保険の解約払戻金に対して7~9割の範囲で貸付してもらえることも。利息は保険会社によって異なります。

ネット手続きで即日借り入れできる保険もあるので、加入している保険を確認してみましょう。

「加入の生命保険会社名+契約者貸付」

で検索するか、保険の担当の方に「契約者貸付の件で教えてほしい」と問い合わせすればわかります。

生命保険の契約者貸付を借りる条件は以下のとおり。

  • 契約者本人である
  • 解約払戻金ありの保険を契約している

この条件を満たしていれば審査不要で貸付ができます。保険会社の指示により、保険証券や入金先の口座等を準備して手続きしましょう。

生命保険会社によりますが、契約者貸付は即日~数日での借入ができることもあります。加入している保険があれば、すぐにでも確認してみましょう。ほとんどの保険会社は14時30分までの申し込みをしないと翌日以降の処理となります。

ただし、書類での申込みとなれば数週間かかることもあります。

保険の契約者貸付を利用する際は、以下のデメリットも把握しておきましょう。

  • 返済途中に満期を迎えてしまうと支払われる満期金の金額が減る
  • 貸付の返済をせずに金利負担が増えれば保険が失効することもある
  • 貸付利息が変動する場合がある
  • 貸付金の振込みまで時間がかかることがある

親や知人に借りる

金額にもよりますが、一番無難なのが親など親族に借りることでしょう。

友人や知人に借りられる可能性もありますが、お金の借り貸しは友好関係を壊してしまうこともあります。どうしても借りなければならない場合は、借用書等を渡してしっかりと返済していくことが大事です。

ただ借用書を作ったとしても法的にはほとんど役に立たないので、金額が大きいなら公正役場に出向いて公正証書を作っておくと、なお信頼性が上がります。

笑う女性

公正証書を作るのにも費用がかかりますが、友情を壊さないためにはこういったことも大事ですよね!

公正役場を検索する

至急お金が必要だけど数週間の猶予がある場合

至急お金が必要と言っても、1週間から1ヶ月程度の猶予があれば、工面する方法もグンと広がります。

時間的なゆとりがあるなら、借りる以外の方法も検討できるでしょう。

日雇いのバイトで稼ぐ

日雇いのバイトの給料は平均すると時給1,000円〜1,300円、日給で1万円〜1.5万円くらいと言われています。

日雇いのバイトの場合は、その日に給料がもらえるのか、週や月にまとめてもらえるのかを事前にチェックしておきましょう。

銀行や信用金庫などで借りる

銀行や信用金庫でも借り入れ可能です。

ノンバンク系のカードローンに比べてると金利も2〜15%くらいと少し低めに設定されいますが、審査には時間がかかります。

早いところで審査30分といったアピールをしている金融機関もありますが、通常2〜3営業日、長くて1ヶ月ほどかかる場合もあります。急ぐときは要注意ですね。

借入れできる金額は年収の1/3くらいまでとされる貸金業法による「総量規制」があるため、必要な金額が借りられるかはわかりません。

笑う女性

起業や事業拡大のために資金が必要な場合は、事業資金として銀行に相談するといいですよ!

至急お金が必要だけど1ヶ月以上猶予がある場合

数週間から1ヶ月以上、資金確保するまでに猶予があるなら選択の枠が広がり、超低金利で借りられる国や自治体など公的な融資も視野に入ってきます。

総合支援金や福祉資金を受ける

失業や減収などで生活に支障が出ている世帯を対象とする、国の支援制度があります。

生活福祉資金貸付制度

お住まいの地域の社会福祉協議会や保健福祉相談課へ相談する方法もあります。

全国社会福祉協議会HP

このような国や自治体による支援制度を利用できれば、非常に低金利での借入が可能となります。ただし、申請の条件が厳しかったり、借り入れが確定、実行されるまでに数週間から数ヶ月かかることもあります。

借入できる金額も上限設定があり、銀行やカードローン会社で借りられるくらいの金額に届かない場合もあるでしょう。

笑う女性

様々な用途に応じた貸付制度があるので、詳細は窓口で相談してくださいね!

治験モニターに参加してみる

治験とは、医薬品等の臨床試験として行われるもの。新薬を国に承認してもらうために、人に実際に投薬してその効果等の成績を収集するわけです。

長期の治験モニターなら協力金として20万円など大きな金額をもらえるものもあります。

「20万円!やってみたい!」と思われる方もいるかもしれませんが、日割りにすると5,000〜7,000円くらいになるので、日雇いのバイトの方が良いかもしれません。

デメリットとしては、承認されていない薬等を摂取する不安があること、生活に制限がつけられることです。

治験は、新薬等の最終的な安全性確認などを目的としていますので、リスクもあります。

タバコを吸ってはいけません、◯◯を食べてはいけません、1日◯時間以上は睡眠をとってください、など細かな指示を受けることもあるので、仕事と両立できるかしっかりチェックしておきましょう。

至急でお金が必要な場合の対処法として複数の方法を紹介しましたが、やはりスピード感でいえば、カードローンが便利でしょう。質屋に持っていくものがなくても、保険に加入していなくても、身分証明書が準備できれば審査対応してもらえますし、早めに返済できれば金利も少なく抑えられます。

今すぐお金を借りる

タイトルとURLをコピーしました