PR

お金を借りる時の頼み方|失敗例を参考にやばいリスクを回避!

お金を借りる時の頼み方 お金を調達する

人からお金を借りたいけれど、お金を借りる時の頼み方が分かりません。

お金を借りる時の頼み方は、注意点がたくさんあります。双方に負担のない頼み方を確認しましょう。

おすすめの借入先 PR
アコム
  1. お金を借りる時の頼み方
    1. 直接会って誠実な態度で頼む
    2. まずは申し訳ないという気持ちを伝えてから頼む
    3. なぜお金を借りる必要があるのか正直に伝えて頼む
    4. 返済する日など条件を決めて頼む
    5. 相手からの助言に耳を傾ける
    6. 相手へのメリットも提示する
    7. 借用書を用意する
  2. 【失敗例】お金を借りる時の頼み方→これはNG!
    1. SMSやSNSで頼む
    2. 軽いノリで頼む
    3. 頼む姿勢が間違っている
    4. 嘘をつく
    5. 返す目処がないのに借りる
    6. 相手を不快にさせる
    7. 上から目線で頼む
  3. お金を借りる理由は?
    1. 細かいお金がない
    2. キャッシュがない
    3. お財布を忘れた・紛失した
    4. クレジットカードを忘れた
    5. 生活費が足りない
    6. 引っ越し費用が必要
    7. 子供の教育費が足りない
    8. 自己投資で資金が必要
    9. 冠婚葬祭が重なった
    10. 医療費が足りない
    11. 税金を納めなければならない
    12. 不慮の事故等による出費
    13. 大きな出費が重なった
    14. 借金の返済が間に合わない
  4. こんな理由ではお金を借りにくい!
    1. 遊ぶためのお金
    2. 贅沢品の購入
    3. ギャンブルでお金が足りない
    4. 投資したい
  5. お金を借りる時のリスクと注意点
    1. 相手との関係を悪くする
    2. ウソの理由で借りると詐欺罪に問われる可能性あり
    3. 贈与税・相続税が発生する可能性あり
  6. お金を借りる時は借用書を用意しよう
    1. 借用書とは?何を書くの?
    2. 借用書を作成する際の注意ポイント
  7. お金を借りる時の頼み方と同じく重要なこと
    1. 借りたお金は約束通り返す
    2. 感謝の気持ちも忘れずに
    3. 借金を繰り返さない
  8. 人にお金を借りる方法とカードローンで借りる方法を比較!
    1. 人にお金を借りるメリット
    2. 人にお金を借りるデメリット
    3. カードローンで借りるメリット
    4. カードローンで借りるデメリット
    5. 困ったときはカードローンが手軽で便利!
  9. お金を借りる時の頼み方を失敗するとトラブルに!

お金を借りる時の頼み方

急な事故や病気、浪費が重なり、支払いに困ってしまった場合、どうしても人からお金を借りないと、生活費を捻出できない人もいるはず。

お金を借りる時の頼み方は、どんな切り出し方が理想なのでしょうか。

快く相手にお金を出してもらう頼み方を、解説します。

直接会って誠実な態度で頼む

最近は若い人も年配の人も、LINEでやりとりをすることが一般的。

特に若い人の間では、LINEで頼み事やお願いをするケースも多いでしょう。

しかし、いくら使い慣れていて簡単にやりとりできるからといって、メールやLINEでお金の貸し借りを頼む行為はNG。

人からお金を借りるときは、直接会って誠実な態度で頼みましょう。

なぜお金が必要なのか理由をきちんと話し、いつまでにいくら必要なのか、期日や金額も謙虚かつ具体的に相談してください。

言い出しにくいことだからこそ、時間を作って、面と向かって相手に頼みましょう。

真剣さが伝われば、相手も納得してお金を貸してくれるケースが。

お金を借りるときも、信頼関係を崩さないよう配慮することが大事です。

まずは申し訳ないという気持ちを伝えてから頼む

知り合いからお金を借りる際は、まずは申し訳ないという気持ちを伝えてから頼みましょう。

真剣なムードを作り、「本当に申し訳ないのですが」「今回限りのお願いですが」と、申し訳なさそうな雰囲気で話題を切り出す点がポイント。

横柄な態度でお金を貸してと言ってくる人に、お金を貸したいと思う人はいるでしょうか?

相手の気持ちに極力寄り添って、丁寧かつ謙虚にお金が必要であることを伝える必要があります。

大学生や高校生などの若い人だと、信頼関係を崩すと学内での交友関係にも影響があるでしょう。

お金の貸し借りで信頼関係が破綻して気まずい雰囲気にならないためにも、まず第一に、申し訳なさそうな頼み方をすることを念頭に置いてください。

なぜお金を借りる必要があるのか正直に伝えて頼む

お金を借りる場合、友人や家族など、身近な人に頼むケースが多いですよね。

特に親にお金を借りる際には、借りたお金を何に使うか、なぜお金を借りる必要があるのか、正直に話す必要があります。

嘘をついてお金を借りると、気持ちよくお金を使えず、返済の度に罪悪感が付きまといます。

親であれば、子供の態度を見れば嘘か本当かすぐ分かってしまうでしょう。

嘘をついてお金を借りると家族関係も悪化しますし、横柄な態度で頼まれたら、親もお金を貸す気にはならないはず。

お金を借りる理由を謙虚に正直に話して、摩擦を起こさずにお金を借りましょう。

返済する日など条件を決めて頼む

人からお金を借りる場合、緊急を要する人が多いでしょう。

どうしても今すぐお金が必要で、人から借りるしか手段がない場合は、返済する期日など条件を決めて頼みましょう。

借用額によっては短期間で返済できない場合もあるので、事前に時間がかかる可能性があることも伝えると、より一層良いかもしれません。

お金を貸す側は、本当に返済してくれるのか、いつ返してくれるのか、不安に思っている可能性も。

相手の不安を払拭するためにも、具体的な期日を明確にして頼みましょう。

相手からの助言に耳を傾ける

大学生・高校生であれば、親からお金を借りる人もいるでしょう。

親子とはいえ、お金の貸し借りに抵抗がない親は、少ないはず。

頻度や借用額によっては、親も子供に対して説教をしたり諭したりする場合もあります。

面倒だなと思っても、きちんと相手の助言に耳を傾けましょう。

親であれば、子供のことを想って叱責することも多いですよね。

相手の話を聞いて気持ちを理解したうえで、気持ちを表情に出さずに謙虚な態度でお金を借りる手段がベストです。

相手へのメリットも提示する

お金を借りる場合は、どうしても一方的な言い方になりがち。

Win-Winな関係を保つためにも、お金を借りる際にお礼を用紙したり、利息を支払うことを約束しましょう。

友達同士での貸し借りであれば、軽い菓子折りや手紙などを渡しても良いかもしれません。

女子同士であれば、ちょっとした雑貨や流行りのファッションアイテムを用意してお礼として渡すなど、相手のリスクに配慮した行動を。

高額を借用する場合は、お礼だけではなく金額に見合った利息を支払いましょう。

感謝の気持ちを伝えることで、その後の人間関係も破綻せず済みます。

借用書を用意する

相手が誰であっても、お金を借りる際には借用書を作成する必要があります。

書類で契約すれば、相手の心理的な負担も軽減され、返済に対する誠意が伝わる場合も。

借用書は、お金だけでなく物品の貸し借りの際にも活用できます。

お互いの良好な関係を維持するためにも、借用書の作成は忘れずに行いましょう。

【失敗例】お金を借りる時の頼み方→これはNG!

お金を貸し借りする際には、絶対にやってはいけない頼み方がいくつかあります。

親しい友達や家族など、気を遣わない仲だからといって、間違った頼み方を検討している人もいるはず。

実際にお金を借りる前に、NGな頼み方を確認し、トラブル発生のリスクを軽減しましょう。

SMSやSNSで頼む

LINEやショートメールでお金を貸してと言われ、不快に感じた人が実際にいました。

お金を貸した本人は電話で頼まれるより断りやすいと言っていますが、直接会わずにお金を貸してと言われたことについては、相当気分を害されたようです。

LINEやショートメールは気軽に使える機能ですが、お金を借りる時は利用しないでください。

人からお金を借りたい場合は、面と向かって、丁寧に相談しましょう。

軽いノリで頼む

 

金額の大小に関わらず、お金の貸し借りを軽いノリで頼む行為は、絶対にNG。

どんなに親しい関係でも、お金を借りる場合は、貸してもらうなりの頼み方があるはずです。

きちんと返済していく誠意や、相手に迷惑をかけしまうことを大前提とした謙虚な姿勢が大事。

頼む姿勢が間違っている

https://twitter.com/Gomen_ramen/status/1263117405020012545?ref_src=twsrc%5Etfw

人にお金を貸してと頼む際には、頼み方も良く考えましょう。

一時的にお金が欲しい場合は、緊急性が高いケースが多数。

上記のツイートでは、「自分も飲みに行きたいけれど、たまには子供に贅沢させたいから」と個人的かつ緊急性のない頼み方をされて、頼まれた側はかなり憤っています。

嘘の理由で頼むとしても、家賃が払えない・生活困難になっているなど、相手にお金を貸してあげたいと思わせることが大事。

個人的な事情や、努力で改善できる理由を用いてお金の貸し借りを頼む行為は、やめておいたほうが良いでしょう。

嘘をつく

あからさまな嘘をついてお金を借りる行為も、絶対NGです。

特に出資・投資のためにお金を借りたいと言われたら、言い訳がましく感じて、相手は不信感を抱く可能性が大。

お金を借りる時は、見栄やプライドは捨てて、マナーを守り正直かつ丁寧に事情を説明しましょう。

返す目処がないのに借りる

返す目処がないのにお金を借りる人も多いようです。

上記のツイートは、先月お金を借りたのに、来月末に返すからと、また新たな借用をお願いされたケース。

頼み方も上から目線なうえに、返済する誠意すらないと、頼まれた側もお金を貸す気になりません。

トラブルを起こさないように、借用書を作成して返済期限を明確にするといった対策が必要になります。

相手を不快にさせる

こちらのツイートでは、具体的な頼み方は不明ですが、お金の貸し借りで不快になる頼み方をされたと綴られています。

不快な頼み方をされれば、当然相手側も対応しかねますし、その後も心理的・精神的なダメージが長引く可能性が。

相手をなめたような態度や、不快にさせるような物言いでお金を貸してと頼む行為は、絶対にやめましょう。

上から目線で頼む

芸能人が借金返済のために寄付金を募る際、上から目線で寄付をお願いしてかなり反感を買った例があります。

上から目線の頼み方を不快に感じた一般人は、「寄付したくない」と不快感をおぼえ、その芸能人のアンチと化してしまいました。

芸能人のような影響力・好感度がある人ですら、お金を借りる際に上から目線で頼むと一気に嫌われてしまいます。

私たち一般人がお金を借りたくて頼む際には、尚更頼み方に気を付けなくてはいけません。

相手との関係・立場に胡坐をかかず、謙虚な姿勢で融資を頼みましょう。

お金を借りる理由は?

人からお金を借りる際には、様々な事情があるはず。

どうしても人からお金を借りなくてはいけない場合の、主な理由・言い訳や伝え方などを、紹介します。

細かいお金がない

細かいお金がない場合、人からお金を借りざるを得ない状況になります。

特に一人暮らしを始めたばかりで生活費のやり繰りに慣れていない場合、細かいお金が足りずに、友達に借金をするケースも多いはず。

数百円~数千円の細々した金額であれば、すぐに返済できる可能性が高いので、貸す側もそこまで抵抗がないでしょう。

ただし、相手が快く融資してくれた場合でも、速やかな返済と謙虚な頼み方・お礼は忘れずに。

キャッシュがない

キャッシュがない場合も、人からお金を借りる必要性が。

クレジットカードで支払いをしている場合、ついつい使い過ぎてキャッシュがなくなってしまうこともありますよね。

衝動買いや浪費を抑えても、キャッシュがなければ生活費を捻出することに苦労する場合も。

キャッシュがない場合は生活費が足りないので、どうしてもお金が必要ですと、正直に真剣に頼みましょう。

お財布を忘れた・紛失した

友達や恋人同士で食事や買い物をする際に、うっかりお財布を忘れてしまう人もいるはず。

もしくは、不慮の事故でお財布を紛失してしまうケースも。

どちらの場合も、その場での支払いは困難で緊急性を要するので、相手にお金を出してもらう必要があります。

財布が手元に戻ったら、すぐに立て替えてくれた相手にお金を払いましょう。

金額によっては、お礼の品や手紙を添えて、速やかに相手に渡してください。

相手が恋人だった場合は、お金を借りた件だけでなく、手紙に日々の感謝の気持ちも綴れば、関係にヒビが入るリスクも少ないでしょう。

クレジットカードを忘れた

クレジットカードで支払いをするため、現金を持ち歩かない人が増えています。

キャッシュレス主義の人がクレジットカードを忘れてしまった場合、当然支払いはできません。

友達と買い物や食事をしていてクレジットカードを忘れると、その場で相手に立て替えてもらう必要があります。

キャッシュレス主義で現金を持ち歩いていないことや、後日すぐに返金する旨をきちんと伝えて、その場を穏便に済ませましょう。

忘れっぽい人はクレジットカード忘れに備えて、現金も少し持ち歩くなど、日ごろから対処すると良いかもしれません

生活費が足りない

生活費が足りない場合も、人からお金をる必要があります。

家賃を払えない・ライフラインを止められそう・大型家電が壊れたといった緊急性のある理由であれば、相手も心配して快くお金を貸してもらえるでしょう。

長期的に貸し借りをする行為は好ましくないですが、一時的なピンチの場合は、現在の生活状況を相手に真面目に説明し、援助してもらってください。

引っ越し費用が必要

転勤で急な引越しを要されるなど、引っ越し費用が今すぐ必要な人もいますよね。

あらかじめ引越しが分かっていても、資金を全額用意できない場合もあります。

引越し後にきちんと返済することが可能であれば返済期日を明確にして、身近な親族や友人にお金を借りれないか相談してください。

引っ越し費用は思ったよりかさむので、計画的な返済が必要になりますが、緊急性があるので快くお金を貸してくれる人も多いでしょう。

子供の教育費が足りない

子供の教育費が足りないため、人からお金を借りることを検討する人も多いはず。

学費を払えない場合、除籍や退学処分になるため、なんとしても教育費は賄いたいものです。

子供の教育費の場合、親兄弟にお金を借りるケースが多いと思いますが、祖父母に頼む場合は贈与税発生を避けるために、教育資金贈与非課税制度利用が必須です。

自己投資で資金が必要

学生でも社会人でも、自己投資のための資金が必要な人はいるでしょう。

留学や講座受講・資格取得のためにお金が必要な場合、親に頼む人が多いはず。

自己投資のためにお金を借りたい人は、なるべく経験や取得した資格・スキルをどのように活用するか、ライフプランを具体的に説明してください。

冠婚葬祭が重なった

冠婚葬祭が重なり、ご祝儀を用意する必要が多いと、お金が足りなくなることもありますよね。

ご祝儀を支払わず式に参列するわけにはいかないので、親族や友人からお金を借りる必要が。

式の具体的な日程などを明確にし、速やかに返済することを前提として、丁寧に相談してみましょう。

医療費が足りない

医療費が足りない場合も、親や親族・友人からお金を借りる必要があります。

通院のちょっとした支払いから、入院費でまとまったお金の支払いが必要など、ケースは様々。

医療費であれば緊急性がありますし、きちんと相談すれば親族や友人も、お金を貸してくれるでしょう。

税金を納めなければならない

税金を納めるために、お金を借りるケースも少なくありません。

納税は義務なので、納めないわけにはいきません。

なぜ税金を用意できないのか、きちんと経済状況を説明すれば、身近な人からお金を借りて納税することが可能です。

不慮の事故等による出費

事故や交通違反・詐欺などで出費がかさんでしまった場合も、重大かつ緊急性を要するので、お金を貸してもらえるケースが多いでしょう。

不慮の事故であれば、肉親にお金の借用を頼むことが多いはず。

詐欺や騙された場合は、親に言いにくいため、友人に頼むケースが多いですよね。

いずれにせよ、自分の非を承知していると伝えたうえで、冷静に謙虚に相談しましょう。

大きな出費が重なった

大きな出費が重なると、どうしても人からお金を借りざるを得ません。

いざという時のために備えていたものの、さらに資金が必要になった場合、身近な人や周りにいる人にお金を借りる人は多いでしょう。

期日を明確にして、事情を具体的に説明し、相談してください。

借金の返済が間に合わない

取り立てに追われているなど、借金の返済が間に合わない場合も、人からお金を借りることになります。

金額にもよりますが、借金のためのお金を貸してといわれたら、親しい友人や親族でもあまり快く思わいかもしれません。

もし人からお金を借りれなかった場合は、公的制度の利用も検討してください。

本当に支援してくれるサイト紹介|お金に困ったらココをチェック!
お金を支援してくれるサイトは複数あります。公共機関が運営するサイト等、安全なサイトもありますが、怪しいサイトもあるので利用する際は十分な注意が必要です。このページでは、安心して利用できるお金を支援してくれるサイトを紹介しています。困ったときにはこちらの情報を参考にして、早めに相談して、お金の問題を解消していきましょう。

こんな理由ではお金を借りにくい!

どうしても人からお金を借りたいけれど、正直に話すと相手が渋ってしまう理由もいくつかあります。

お金を借りにくくなってしまう、NGな理由・言い訳を確認しましょう。

遊ぶためのお金

旅行代や飲み代など、遊ぶためのお金が必要だと伝えると、お金を借りれる可能性は低くなってしまうでしょう。

自分の都合や贅沢のためのお金だと、相手もお金を貸す気にはなれません。

大学生で友達に飲み会のお金を借りる人も多いようですが、その後の交友関係に影響を及ぼす可能性も大きいです。

頻度が高ければお金にだらしない人だと思われ、周りにいる友人が次々距離を置くケースも。

親しい間柄であれば抵抗はないですが、飲み会代や旅行費のために繰り返しお金を借りることは、やめましょう。

贅沢品の購入

ブランド品など、贅沢品購入のために友人や親からお金を借りたいといった理由も、断られる可能性大。

少し我慢すれば済む話なので、贅沢品を購入するために人に援助を頼むことは基本的に避けたいところです。

ギャンブルでお金が足りない

ギャンブルにつぎ込むお金を貸してほしいと頼むと、お金を借りにくくなってしまいます。

ギャンブルは、必ず返済できる確証がなく、貸す側も不安を抱くはず。

お金がない人がギャンブルをすること自体リスクが高いですし、そのお金を人にたかる行為は、絶対NGです。

投資したい

株やFXなど、投資のためにお金を借りたいと頼んだ場合も、お金を借りにくくなります。

そもそも投資は余剰金でやるものであって、人に借りてすることではないはず。

投資に詳しくない人は、ギャンブルに近いイメージを抱いていて、良い印象を持たないでしょう。

お金を借りる時のリスクと注意点

親族や友達が快くお金を貸してくれる場合も、リスクや注意点はいくつか発生します。

お金を貸してくれた人との関係を悪化させないために、お金を借りる際のリスクや注意点を確認しましょう。

相手との関係を悪くする

人からお金を借りる場合、相手との関係が悪化するリスクがあります。

親や兄弟・親族や友人・恋人・職場の同僚など、援助を頼む人は様々。

お金を借りる理由や頼み方、借用後の態度によっては、それぞれに信頼を失って、自分の評判をおとしめる可能性もあります。

お礼の品や手紙を渡したり、親族や兄弟であれば、お金の貸し借りがあった後もマメに連絡をとるなど、関係を崩さないフォローが必要になるでしょう。

ウソの理由で借りると詐欺罪に問われる可能性あり

ウソの理由でお金を借りると、詐欺罪に問われる可能性がある点にも、注意しましょう。

正直な理由を伝えることが一番良いですが、場合によっては嘘をつく必要がありますよね。

しかし、お金を騙し取り、返済するつもりがなかった場合・返済しなかった場合は、詐欺罪に問われる可能性が。

家族内では詐欺罪が適用されないケースが多いですが、職場の同僚や学校の友人など、近しい人を嘘で騙すと大きなリスクが発生することを、念頭に置きましょう。

贈与税・相続税が発生する可能性あり

親からお金を借りる場合、贈与税・相続税が発生する可能性があります。

借用書や、期日・借用額・返済額など目に見える記録が無い場合は、お金を借りたと証明できず、課税の原因になることが。

本当に借りただけなのに税金がかかってしまったら大変なので、親からお金を借りる際には以下の点に注意してください。

  • 借用書を作成する
  • 返済の記録を残す

借用書には、書類作成日やそれぞれの住所や名前・印鑑・返済方法や返済が遅れた場合の条件などを記し、お金を貸し借りしたことがはっきり分かるようにしておきましょう。

親からお金を借りる場合でも、以下のケースでは贈与税が発生しません。

  • 年間110万円以下
  • 110万円であっても学費や生活費に充当される

大きな金額を一括で渡して預金すると、贈与になるので、お金の借り方や使用方法・保管方法には気を付けましょう。

小学の貸し借りでも、念のために簡単な借用書を作っておくと、トラブルを防げるかもしれません。

親にお金を借りる際の注意点も併せて確認しておくと良いでしょう。

親にお金を借りる時はココに注意!贈与税が発生するケースとは?
なにはともあれ、最後に頼りになるのは親だよねぇ〜、車買うとか言って200万円くらい借してくれないかなぁ! 親御さんからでも、まとまったお金借りるとなると税金が絡むこともありますので、要注意です! 親にお金を借りる時は正直に! 何か困った時に...

お金を借りる時は借用書を用意しよう

お金を借りる際には、信頼を得るため・贈与税を発生させないためにも、借用書を作成しましょう。

少額の貸し借りだからといって、借用書作成を忘れると、様々なトラブルが。

借用書がどのようなものか、どんなことを書けば良いのか、確認しましょう。

借用書とは?何を書くの?

親や友人など、人からお金を借りる際には、お金を借りたこと・いくら借りたかを証明する書類・借用書を作成する必要があります。

借用書には、以下の項目を記入してください。

  • 「借用書」のタイトル・作成日付
  • 借りる金額
  • 返済期日
  • 返済方法
  • 利息・利子の取り決め
  • お金をかりたことと受領した旨
  • 貸主の住所・氏名・印鑑
  • 借主の住所・氏名・印鑑

利子・利息をつけることを忘れないよう、注意してください。

返済が遅れた場合の損害遅延金の金額なども記載しておくと、尚良いでしょう。

返済していることを記録するためにも、返済方法は銀行振込がおすすめです。

借用書を作成する際の注意ポイント

借用書を作成する場合、以下の注意ポイントを念頭に置いてください。

  • 数字を記入する場合は漢数字がベスト
  • 金額によって収入印紙を貼り付ける

数字はアラビア数字だと書き変えられる可能性が高いため、壱や弐など、漢数字で記入したほうが良いでしょう。

借金額によって、印紙税法に従い収入印紙を貼り付ける必要が発生。

以下が、収入印紙が必要な金額と、貼り付けるべき金額です。

金額 収入印紙の額
1万円未満 非課税
1万円~10万円以下 200円
10万円超50万円以下 400円
50万円を超え100万円以下 1,000円
100万円を超え500万円以下 2,000円
500万円を超え1,000万円以下 1万円
1,000万円を超え5,000万円以下 2万円
5,000千万円を超え1億円以下 6万円
1億円を超え5億円以 10万円
5億円を超え10億円以下 20万円
10億円を超え50億円以下 40万円
50億円を超えるもの 60万円
契約金額の記載のないもの 200円

印紙を貼り忘れた場合でも借用書は無効になりませんが、印紙税法違反に問われる可能性があります。

税務署から摘発されるとお、印紙金額の3倍の金額を納付する義務が発生するため、借用書を作成した際には収入印紙を必ず貼り付けてください。

お金を借りる時の頼み方と同じく重要なこと

お金を借りるためには、丁寧で謙虚・真剣な頼み方が重要。

しかし、頼み方と同じくらいに気を付けたい注意点もあります。

お金を借りる時の頼み方と同じく重要なことを、確認しましょう。

借りたお金は約束通り返す

人からお金を借りる際、頼み方と同じくらい大事なことがあります。

それは、借りたお金は約束通り返すこと。

借用額を確実に返済することはもちろん、返済期日を守り借用書に沿った返済方法で返済しましょう。

どうしても返済が滞る場合は、遅延損害金をきちんと支払い、遅延する前に相手に一言伝えること。

お金を貸してくれる相手は、この人は確実に返してくれるだろうと信頼して貸しています。

相手の信頼を踏みにじるような行為は、絶対にやめましょう。

感謝の気持ちも忘れずに

人からお金を借りた際には、感謝の気持ちも忘れずに。

お金を貸してと頼む際には、手土産を持っていったり、返済の際に手紙に感謝を綴って渡すなど、こまめなアフターフォローも必要です。

特に相手が友達や恋人など、血縁関係になり他人であれば、更に感謝の気持ちを伝える必要が。

肉親であれば見放されるリスクは低いですが、他人だと借金が理由で距離を置かれるケースは少なくありません。

相手との信頼関係を崩さないためにも、感謝の気持ちや相手を尊重する気持ちを、その都度伝えましょう。

借金を繰り返さない

友人や知人・家族からお金を借りたら、借金を繰り返さないよう注意しましょう。

いくら約束通り返済しても、相手にお礼をしても、何度も同じことを繰り返せば信頼を失います。

毎回違う友人に借金を頼んだ場合でも、悪い評判が友人間の噂で流れ、周りの人に見放されるリスクも。

もう借金で人に迷惑はかけないと、まずは自分の中で強く決心しましょう。

人にお金を借りる方法とカードローンで借りる方法を比較!

お金に困っているけれど、人に借りるか消費者金融のカードローンでキャッシングするか、決めかねている人も多いのではないでしょうか?

誰にお金を借りるとしても、人からお金を借りると多少のリスクは発生します。

カードローンで借りても、同じようにリスクは発生します。

人にお金を借りるメリット

人にお金を借りることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、人からお金を借りることには意外とメリットも多いもの。

  • 即日で借りられる
  • 利息・利子・審査がない
  • 給料日を把握できる

人からお金を借りる場合、すぐに必要な額を審査なしで借りられる点が何よりのメリットです。

利息や利子も気にしなくて良いので、借りた金額だけしっかり返せば問題ありません。

職場の先輩や後輩・同僚から借りる場合は、お互い給料日を把握しているため、返済日の取り決めもスムーズに。

友人や職場の人など、親しい間柄であっても、借用書の作成は忘れないでください。

人にお金を借りるデメリット

人にお金を借りると、下記のような思ってもいないデメリットが発生する可能性もあります。

  • 会社で借りた場合、会社内で借金が話題になり出世が厳しくなる
  • 信頼関係が崩れ、交友関係や仕事内容などに影響が
  • お金を借りる目的を説明する必要がある
  • 相手によってはまとまった金額を借りられないケースも

人からお金を借りる場合、学校の友達であれ、職場の人であれ、信頼関係が崩れるリスクがあります。

会社内で借金が話題になれば出世に影響がありますし、学校内で借金をすれば、噂が広まってクラスや部活でも交友関係が悪化する可能性が。

パートやアルバイト先でお金を借りた場合でも、従業員同士の関係にヒビが入るケースが考えられますよね。

お金を借りる理由も正直かつ丁寧に話す必要があり、カードローンと違って、多額の借り入れが難しい場合もあります。

人からお金を借りる場合は、リスクやデメリットを考慮し、借金を繰り返さないことを絶対条件として頼みましょう。

カードローンで借りるメリット

カードローンと聞くと危険なイメージがあるかもしれませんが、全くそんなことはなく、ユーザーに優しい点が多数あります。

  • 年収に見合っていればまとまったお金を借りられる
  • お金を借りる目的を説明する必要がない
  • 銀行引き落としや口座振込などで払い忘れリスクが低い
  • 最短で25分~30分で審査が終了し、即日融資が可能な場合も

人からお金を借りる場合は、相手が持っている額によって借りられる額が異なります。

カードローンのキャッシングであれば、年収にさえ見合っていればまとまったお金を一気に借りることが可能。

お金を借りる目的を細かく説明する必要もなく、滞納さえしなければ払い忘れリスクも低いです。

カードローンなら、友人や職場の人と違い信頼関係が崩れる相手も、存在しません。

審査の最短時間が短ければ、あっという間に手続きが終わり、即日融資も可能。

計画的に返済できる人がまとまったお金を借りたい場合は、カードローンがおすすめです。

カードローンで借りるデメリット

カードローンは気軽にお金を借りられる一方、下記のような気をつけるべき点もあります。

  • 審査が必要
  • 利子や利息・金利が発生
  • 滞納すると裁判沙汰になる可能性も

カードローンを利用する際には、必ず審査が必要です。

昨今は審査時間も短く、即日融資が可能なケースも多いですが、場合によっては審査落ちして融資を受けられないことも。

金利や利息が発生し、返済額が予想よりかさみ、滞納してしまった場合は督促がきたり、裁判沙汰になる可能性もあります。

カードローンに申し込みする際には、あくまでも計画的に返済することを前提に、無理のない範囲で借入しましょう。

困ったときはカードローンが手軽で便利!

急にまとまったお金が必要になった場合や、出費に困ったときは、人から借りるよりもカードローンが手軽で便利です。

貸金業法の総量規制に則って、年収の3分の1以下の借り入れになるよう注意しなければなりませんが、借金の理由を説明する手間や、人間関係悪化のリスクがゼロで借りられます。

お金を借りる時の頼み方を失敗するとトラブルに!

どうしてもお金が足りなくて人からお金を借りる必要があるとき、どんな頼み方をすれば良いか、悩みますよね。

場合によっては信頼関係が崩れ、学校や職場でギクシャクしてしまうケースも。

精神的な負担は借りる側・貸す側ともに大きいので、まとまったお金が必要な場合は、カードローンやキャッシングを検討しても良いでしょう。

それでも人に借りたい場合は、丁寧に誠意を込めて、事情を説明してください。

人から借りる場合もカードローンを利用する場合も、無理のない範囲で借り入れしましょう。