妊娠で生活費ってどうなる?強い味方になる補助金など知っておこう

しぶしげ
しぶしげ

仮に僕が結婚して奥さんが妊娠したら生活費はどんな感じになるのかなぁ・・・?

ゼニット
ゼニット

仮にでも考えなくて大丈夫な話じゃないか?オマエは。

妊娠したら生活費はどれくらい?

家賃が8万円前後の家にお住いの奥さんに聞いたところ、月の収入は27万円は最低ないと非常に苦しいという話を聞きました。

奥さんが妊娠するまではご主人の給料と奥さんのパート代などで生活は潤っていたかもしれませんが、妊娠した後はパートにも行けなくなり収入はご主人だけになります。

もし、ご主人の収入が20万円代前半だとかなり厳しい生活になるのは間違いありません。

妊娠後も収入が潤っていた時の生活水準のままに生活を続けると間違いなく生活ができなくなるので、妊娠前からパートナーの方と妊娠、出産後のお金についての話し合いを行い、できる事なら奥さんが働きに行けない間の生活費を貯金しておきましょう。

ご主人のお小遣いの平均は?

妊娠後に夫婦間で問題になるのがご主人のお小遣いです。

妊娠前まで共働きをされていた家庭でのご主人のお小遣いは10万円前後という方が非常に多くいらっしゃいました。

ご主人の収入が27〜30万円ほどの平均的な家庭は妊娠・出産後のお小遣いは2〜3万円とになったという方が多いです。

妊娠後のしばらくは共働きという訳にもいかなくなり、お互い自由に使えるお金が減ります。

その為、些細なイライラが溜まってしまい夫婦不仲になり、そのまま離婚という方もいらっしゃるので、二人で生活を始めたらお小遣いも2〜3万円でやりくりしてもらうように慣れてもらうのが良いかもしれません。

しぶしげ
しぶしげ

ムググ・・・・課金できなくなるじゃないか・・・。

妊娠・出産後の生活費や費用ってどれくらいかかるの?

奥さんが妊娠・出産した後にも生活費の環境は変わり続けます。

例えば、妊娠がわかると初期の検診に行きますが、初期健診から出産までの検査代だけで平均すると6万円ほどと言われています。

他にも赤ちゃんが生まれるときは分娩代や入院費で約40万円、赤ちゃんが生まれる前後にはマタニティ用品やベビー用品の購入代などなどで平均約50万円ほどと言われています。

しぶしげ
しぶしげ

ムゲゲ!!ざっとみても100万円くらいかかるじゃん!こりゃお金持ちしか子供作れんじゃないか!

ゼニット
ゼニット

まぁ色々補助金みたいなのもあるから安心なんだゼニ、オマエは心配しなくていいけどな。

妊娠後の生活費の助けになる助成金などを把握しておこう

妊娠や出産直後には色々とお金がかかり、何も手続きをしないと本当に生活ができなくなります。

そこで妊娠や出産後にもらえる助成金などを覚えておくと妊娠した後の生活費も楽になるのではないでしょうか?制度はあっても申請しないともらえないものが多いので、もらい損ねることのないように事前にしっかり確認しておきましょう。

出産育児一時金

赤ちゃん一人に対して40〜42万円のお金が公的な医療保険に加入しているともらえます。

出産育児一時金は直接支払制度と事後申請の2種類があります。

直接支払制度

直接支払制度は病院に支払機関からお金が振り込まれる形になるので、アナタは退院時に分娩代+入院代から42万円を差し引いた金額だけを払えば済みます。

申請については入院先の病院で問い合わせてみれば大丈夫です。

ゼニット
ゼニット

平均すると10万円くらい払う人が多いんだゼニ。

事後申請

事後申請はアナタが退院後に病院に一旦全額を支払い、後に健康保険組合に自分で申請を出してお金をもらう方法になります。

自分で申請を行うという面倒臭さはありますば、クレジット払いが出来る病院なら、支払をクレジットにする事でクレジットポイントがたまるというメリットもあります。

ゼニット
ゼニット

他にもまちの小さな病院だと受取代理という方法もあるが、直接支払と申請のやり方は、ほぼ変わらないので入院先の病院に相談してみるんだゼニ!

出産手当金

お勤めだった奥さんの場合は出産日の42日前から出産後の56日までの会社を休んだ分の手当が支払われます。

出産手当金の支給開始日以前の12ヶ月間の標準報酬の平均÷30日×2/3

の金額が支給されます。

児童手当

0〜3歳までのお子様には15,000円、3〜中学卒業までのお子様には10,000円が毎月支給されます。

児童手当を受けるには赤ちゃんが生まれてから15日以内にお住いの市役所に申請を出さなくてはなりません。

育児休業給付金

0歳〜1歳になるまでもらえる給付金で、2ヶ月ごとに申請を行い給付を受けることができます。

保育園待ちなどの特別な理由があれば2歳まで給付を受けることができます。

国から支給される給付金なのでもらえる条件がありますので詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

申請は、お勤めだった職場の事業主がハローワークに申請を行うことで支給されますので、会社の上司や担当の課などへご相談ください。

出産祝い

身内や知人から受けることの出来る祝い金です。

アナタと身内や知人との関係が良好であればあるほどもらえる金額は上がるはずです。

平均すると親族からの祝い金は6万円ほどだそうです。

身内や知人との関係は日頃から良好にしておきましょう。

しぶしげ
しぶしげ

友達が多い僕は安心だな!

ゼニット
ゼニット

オマエの友達は某巨大掲示板の中だけじゃん。

妊娠前・出産後の生活費が足りない場合の対策

色々な給付金や祝い金がもらえても、妊娠出産には何かとお金がかかります。

夫婦で一緒になった時から妊娠や出産後に備えて貯金でもしていれば何とかなるかもしれませんが、予定外の妊娠や貯金がなければ非常に苦しい生活になります。

そんな時にはどうすれば良いのでしょうか?

もらえるものはもらって利用する

赤ちゃんや子供の道具や洋服は、ほんの1〜2年しか使われないにも関わらず、意外と値段の張るものが多いです。

親族や知人に聞けば状態の良いままで保管されていることが多いです。

誰かの使った物は嫌!とか言う方もいるかもしれませんが、そこは割り切ってもらえる物はもらって使うようにしましょう。

気持ち悪いなら、もらった後に納得行くまで自分でキレイに洗い直すなどすれば良いのです。

リサイクルショップを利用する

新品で買えばバカ高い子供用品もリサイクルショップで購入すれば、逆にバカ安くなっている事もあります。

ご主人の休みの日にでも一緒にリサイクルショップに出かければ、ちょっとしたデート気分になれるので、妊娠や育児のイライラも少しは解消されるのではないでしょうか?

子供への買い物は夫婦で調べる

イクメンという言葉が世に出て数年立ちますが、子育ては奥さんに任せっきりというご主人もまだまだ多いはずです。

実際に子供にかかるお金をあまり把握していないご主人も結構います

子供への買い物は夫婦で行うことで、子供にかかるお金をなんとなく把握したご主人はお小遣いを減らして生活費に回してくれたりするかもしれません。

親族や知人に一時的に援助してもらう

子育てをした事のあるご両親、特にアナタのお母さんなら子育てにかかる出費の大変さをよく理解している事でしょう。

妊娠中や出産後に生活費がどうしようもない場合は、両家のお母さんに相談してみましょう。

「大変ねぇ!」とか言いながら余分に援助してくれたり、ブツブツ言いながらでも助けてくれるでしょう。

知人に援助を願うのは難しいかもしれませんが、ちょっとした食事代やお茶代くらいならおごってもらえるかもしれません。

クレジット払いができる病院に通う

支払がクレジットでできる病院を利用する事で支払をクレジット分割などにすれば、1回の支払を楽にすることができます。

また、クレジットポイントがたまればポイントを利用して買い物やサービスを受けれるので生活費の足しにもなりそうです。

ただ、クレジット払いは支払を先延ばしにしているだけで、結果的には金利や手数料のかかった金額を払うことになるので、利用の際は考えて利用するようにしましょう。

カードローンを利用する

一時的に妊娠後の生活費が足りない時は金利がかからない期間だけカードローンを利用する事もできます。

ネットだけで申し込みが出る会社も多いので、身体を動かすのが大変な妊婦さんや産後の身体にも楽に申し込みができるのもありがたいです。

また、短期に完済できれば金利がかからない会社もありますので、一次的に利用するならカードローンもお金のかかる時期には強い味方になってくれるはずです。

しぶしげ
しぶしげ

なるほど〜なんとなく僕の奥さんが妊娠した後も生活費はなんとかなりそうな気がしてきだぞう。

ゼニット
ゼニット

いや、だからオマエには関係ない話なんだゼニ!

タイトルとURLをコピーしました