PR

猫の手術費用が払えない!諦める前に選べる選択肢とは?

猫の手術費用が払えないとどうなる?お金がないときの対処法は? お金が払えない

猫の手術費用が高額で払えない!どうすれば良いんだろう?

猫やペットの手術費用を払えなくても、放置してはいけません。対処法がいくつかあるので、確認しましょう。

おすすめの借入先 PR
アコム

猫の病気と治療費の相場

ペットを飼っていると、ワクチン接種や治療で、動物病院に通院する必要がありますよね。

特に猫を飼っている人は、思った以上に治療費や入院費・手術費用が高いとお悩みではないでしょうか。

猫の病気や症状による治療費・入院費などの相場を、具体的に確認します。

動物病院でかかる費用相場

動物病院でかかる費用相場は、以下のとおりです。

診療項目 料金
初診料 1,000円~2,000円
再診料 1,000円~2,000円
往診 2,000円~5,000円
1回の病院代 5,000円~10,000円
病気でにかかった場合の最大の治療費 ~400,000円

動物病院でかかる初診料等の治療費用は、予想以上に高額であることが、金額一覧から分かりますね。

ペットといえど大切な家族なので、もし体調不良・病気になった場合は、速やかに動物病院に連れていかなくてはいけません。

動物病院でかかる費用の相場は、基本的に高額であることを念頭に置きましょう。

猫の治療費の相場

猫の治療費の相場は、以下のとおりです。

治療費の種類 治療費
ワクチン等予防接種 4,000~5,000円
オス猫の去勢手術 15,000円~
メス猫の避妊手術 25,000円~
手術費 22,000円~
腎不全(点滴・手術) 45,000円~
糖尿病(入院・血液検査・点滴) 50,000円~
腫瘍(脳腫瘍・骨腫瘍など) 100,000円~300,000円

上記はあくまでも一例で、動物病院によっては手術費用も60,000円~など、更に高額に設定されているケースもあるでしょう。

腎不全や糖尿病、腫瘍などの大きな病気にかかれば、定期的な通院が必要になり、飼い主が負担する治療費は一気に増額します。

ペットショップでお迎えした猫でも、保護した野良猫でも、譲渡会で引き取った猫でも、ワクチンの予防接種や各種診察・治療で動物病院に通院することは避けて通れません。

通院費や治療費だけではなく、飼育費もプラスされます。

5歳の猫の場合、年間飼育費は231,450円にも。

猫と生活するには、ある程度安定した経済力が必要になってくるのです。

猫の入院でかかる費用相場

猫が異物誤飲や、病気で入院するケースもあるでしょう。

猫の入院でかかる費用相場の例は、以下のとおりです。

傷病名 入院費用 入院日数
異物誤飲 27,000円 5泊6日
乳腺腫瘍 10,000円 4泊5日
尿石症 9,000円 2泊3日
骨折 10,000円 4泊5日

上記は、あくまでも一例です。

通院する病院によって、費用は多少異なるでしょう。

お伝えした入院費用にプラスして、傷病によっては麻酔費用や検査・点滴代なども追加されます。

猫の病状や年齢によっては、治療費が更にかさむことも考えられますし、各種治療に、入院・検査費用などを全て合計すると100,000円~300,000円にのぼることも。

ペットの治療費はなぜ高い?

ペットの治療費は基本的に高額で、猫の場合は手術・入院などを含めると10万円~20万円を超えるケースもあるでしょう。

ペットには公的料保険制度が無いため、どうしても治療費が高額に。

動物病院は自由診療のため、獣医師が診察料金を設定します。

そのため、動物病院によって診察料金が異なり、高額な料金を設定している動物病院も少なくありません。

人間は公的医療保険に加入している場合は3割負担で済みますが、基本的にペットの治療費は飼い主が全額自己負担です。

急な手術や治療などの処置で高額の出費に頭を抱える前に、民間のペット保険に加入し、スムーズに支払いを済ませられるようにしましょう。

動物病院に確認を

動物病院は自由診療で、病院によって治療費が異なります。

ペットを病院に連れていく前に、事前に近隣の動物病院の料金を比較しておくと良いかもしれません。

もしくは獣医師にお金があまりないことを相談すれば、良心的な対応をしてくれる場合も。

猫だけではなく、ペットを飼う場合は、年間飼育費用や治療費を含めて、多額の出費が欠かせないことを頭の隅に置きましょう。

猫の手術費用が払えないとどうなる?

猫の手術費用を支払えない場合、どうなってしまうのでしょうか?

経済的な事情で、猫の手術費用を支払えない場合に発生するリスクを解説します。

治療が受けられない

お金がない場合、当然ながら治療が受けられません。

動物病院もビジネスとして診療を承っているので、お金を払ってもらえなければ、治療をするわけにはいきませんよね。

長く付き合っている動物病院であれば、少し猶予期間を設定してくれる場合もありますが、飼い主が治療費を支払わなければならないことに変わりはありません。

事前に良心的な料金を設定している病院を調査するなど、なるべく経済的な負担を減らす工夫をしましょう。

病院からの督促

治療を受けて治療費を支払わないことは、大問題です。

治療費を支払わず放置していれば、動物病院から、治療費の督促・連絡がくるでしょう。

動物病院は治療費未払いの飼い主に対して、郵便や電話・メールなどで交渉や督促などの協議を試みます。

督促がきた段階で、速やかに治療費を支払えば、法的手段など大事には発展しません。

お金を工面できたら、治療費や手術費用を素早く支払いましょう。

訴えられる可能性あり

猫の手術費用や治療費を支払わず、督促も無視した場合、訴えられる可能性もあります。

第一段階では、調停で話し合い交渉しますが、調停でも落としどころが見つからない場合は、民事訴訟などに発展するケースも。

悪質だと判断された場合は、強制執行など差し押さえをする場合もあります。

差し押さえや訴訟になれば、ペットの精神的な負担も増大するでしょう。

大きな問題に発展する前に、ペットのためにもきちんと治療費・手術費用を支払ってください。

悪質な場合は警察沙汰になる可能性あり

偽名を使うなど、悪質な場合は警察沙汰になる可能性もあります。

動物病院では、手術や初診の際に、飼い主が身分証明書を提出します。偽名を使っても病院側にはすぐバレてしまいますし、身分を偽ることは犯罪です。

手術費用や治療費を支払わず逃げることは、絶対にやめましょう。

猫の手術費用が払えないと諦める前に

猫に手術・治療を受けさせたいけど、お金がない場合どうすれば良いのでしょうか?

手術をせず諦めることは、飼い主として絶対にできないことですよね。

猫の手術費用が支払えない場合の対処法を解説します。

病院に分割払いの相談をする

経済的な事情でどうしても手術費用の支払いが難しい場合は、動物病院に分割払いの相談をしてみましょう。

飼い猫を治療してあげたい気持ちや、現在手術費用をすぐに支払えない状況にある事情を謙虚に説明し、分割払いが可能か相談してください。

もし分割払いに快く対応してくれた場合は、きちんと支払いに応じましょう。

不用品を売って現金化する

不用品を売って現金化する方法も、得策です。

猫の手術費用を支払えない人でも、家のなかを見渡して不用品を見付けることはできるでしょう。

ブランド品であったり、需要がありそうなグッズがあれば、フリマアプリに出品したりリサイクル所ップに持ち込む手も。

予想以上にまとまったお金になるケースもあるので、諦める前に不用品の現金化にチャレンジしてみましょう。

クレジットカードで払う

持ち合わせが無い場合は、クレジットカードで支払う手段もあります。

動物病院でのクレジットカード払いは現状2割程度しか対応していませんが、対応している病院であれば、スムーズに支払いが可能です。

現金の持ち合わせが無い場合は、事前にクレジットカードを利用できる近隣の動物病院を、調査してみると良いでしょう。

クレジットカードの分割払いを利用する

クレジットカード対応の動物病院であれば、クレジットカードの分割払いを利用する方法もあります。

一気に全額支払ってしまうと経済的に困窮してしまうので、クレジットカードの分割払いで、月々コツコツ返済すれば、負担も軽減するでしょう。

クレジットカード対応の病院で高額な手術費を請求された場合、カードによる分割払いを検討してください。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合は、キャッシング枠を利用すると良いでしょう。

現金を持ち合わせてないうえに、クレジットカードや分割払いにも対応していないケースもありえます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、素早く現金を手にすることが可能です。

猫の手術費用は10万円~30万円前後が一般的なので、そこまで高額の借入をするわけではありません。

定期的な返済が可能であれば、一時的にでもキャッシング枠を利用して、猫の手術費用を支払いましょう。

親や友人に借りる

身近に親や友人がいる場合は、お金を借りられないか相談してみましょう。

経済的に手術費用を負担することが難しいことと、ペットをにどうしても治療を受けさせたいことを真剣に話して説得すれば、親や友人も快くお金を貸してくれるでしょう。

信頼関係が崩れないように、借りたお金は素早く返済してください。

ペットローンを利用する

ペットローンを利用して手術費用を支払う方法も、検討しましょう。

ペットローンは、イオン銀行とスルガ銀行のみ利用可能で、金利は4%弱~12%と、やや安価に。

審査が厳しいため、時間がかかる可能性もあり、手術が決定した段階で事前にローンの手続きが必要になります。

初回の借入や、少ない金額の借入も場合は金利が少し高めになるので、注意してください。

カードローンを利用する

カードローンを利用して手術費用を支払う手段も、良いでしょう。

高額といっても、猫の手術費用は10万円~30万円程度なので、カードローンの借入限度額や総量規制に達することは少ないです。

どうしてもその場で手術費用や治療費を支払えない場合は、一時的にカードローンを利用し、後日計画的に返済しましょう。

フリーローンを利用する

フリーローンを利用して手術費用を支払う手段も、得策です。

ペットローンは審査が厳しいので、審査落ちしてしまう可能性も高いですよね。

使いみちを定めないフリーローンであれば、カードローンよりも金利が低いですし、抵抗なく利用できるでしょう。

支払いが終わったら、定期的にローンを返済してください。

クラウドファンディングを利用する

人にお金を借りることも難しく、カードローンも利用できない場合でも、諦める必要はありません。

昨今はSNSが普及しているので、クラウドファンディングを利用して治療費を募る手段も大いに活用できます。

クラウドファンディングとは、専用サイトで支援者を募り、資金を調達すること。

クラウドファンディングなら、プロジェクトと目標金額を設定し、目標金額に向けて支援者を募って資金を調達することが可能。

目標金額に達成しなければ1円も受け取れず、プロジェクトのためには審査も必要になるので、時間がかかる部分が難点です。

ペットの治療にクラウドファンディングを利用することには、賛否両論あるため、思わぬ誹謗中傷を受ける可能性も。

クラウドファンディングの利用を検討している場合は、リスクや手間を考慮して、慎重に判断しましょう。

猫の手術費用が払えない!を回避するためにできること

急に猫の手術をすることになり、高額の手術費用を請求され驚くケースも。

手術費用を払えない最悪の事態を避けるために、どんな対処法があるのでしょうか?

猫の手術費用を確実に払えるように、飼い主にできる対処法をご紹介します。

治療費の相場を把握しておく

猫の手術費用を払えない事態を避けるために、飼い主はまず、治療費の相場を把握しておきましょう。

一般的にワクチン接種であれば4,000円前後、初診料は平均的に1,000円~2,000円かかるケースが多いです。

手術費用や、大きな病気の治療費・手術費であれば、10万円~40万円に達することも。

現在飼い猫がどんな病気・症状なのか確認し、相場と照らし合わせて、ある程度の金額を事前に工面しておけば、支払いに困ることもないでしょう。

相場より少し多めにお金を用意しておくと、良いかもしれませんね。

万が一に備えて貯金しておく

日ごろから、万が一に備えて貯金しておく手段も、有効です。

猫を飼っていると年間飼育費もかかりますし、まとまったお金は必要不可欠です。

貯金は、飼い猫のためだけでなく、飼い主自身の生活や将来のためにもなります。

普段から自分の収支を把握し、収入から毎月いくらかお金を貯えておけば、猫の手術費用を払えない最悪の状態を回避できます。

ペット保険に加入

ペットショップでペットを飼う場合、ペット保険の加入を勧められるケースも。

ペット保険は公的医療制度ではなく、民間の保険会社によるものですが、加入しておけば治療費の一部が補償され、治療費や手術費による経済的負担を軽減することが可能です。

アニコムやアイペット損保など、名前を聞いたことがある会社も多いでしょう。

ペットの年齢や症状によっては、加入できない場合もありますので、ペットを飼い始めた段階で、素早くペット保険加入の準備もしておくと安心でしょう。

良心的な治療費で対応してくれる動物病院を見つけておく

近隣の動物病院の治療費を調査・比較して、良心的な治療費で対応してくれる動物病院を見つけておく手段もおすすめです。

昨今では、インターネットで簡単に近隣の動物病院を探すことが可能。

クレジットカード対応の可否や、動物病院の評判・口コミを確認できるサイトもあります。

動物病院を利用する際には、治療費を事前に調査・比較し、経済的な負担が少ない動物病院に通院しましょう。

分割払いやクレジットカードに対応している病院を見つけておく

分割払いや、クレジットカードに対応している病院を見つけておけば、高額な手術費用や治療費を請求されても、スムーズな支払いが可能です。

クレジットカードを利用できる動物病院は、現状2割程度ですが、まずは窓口で相談してみましょう。

インターネットでクレジットカード対応の動物病院を調査する方法も、良いかもしれません。

分割払いやクレジットカード払いであれば、現金を持ち合わせていなくても、治療費を払えない最悪の状況は防げます。

更にクレジットカードなら、一括払いだけでなく分割払いを選択することも可能。

計画的に支払える方であれば、分割払いやクレジットカードの利用を事前に検討しておくと良いでしょう。

猫の手術費用が払えないときは分割払いやローンも検討してみよう

猫の手術費用は、予想以上に高額。

飼い主が治療費や手術費用を払えなければ、動物病院も治療をすることはできません。

きちんと手術費用を払えるように、ローンやペット保険への加入を検討しましょう。

貯金をする・不用品を売るなどの、日ごろからできる対策もたくさんあります。

大切な愛猫には健康で長生きしてほしいもの。幸せな生活を送るために、手術費用や治療費はきちんと払えるようにしておきたいですね。