嘘をついてお金を借りると罪になる?ありがちな嘘の申告に要注意!

嘘をついてお金を借りるQ&A

嘘をついてお金を借りるつもりなんだけれど、罪に問われる可能性はあるのでしょうか?

嘘をついてお金を借りた場合、詐欺罪など罪に問われるリスクが高いです。

おすすめの借入先 PR
SMBCモビット

嘘をついてお金を借りるのは罪?詐欺罪になる?

お金を借りる際に嘘の理由を伝えると、詐欺罪に問われる可能性があります。

嘘をついてお金を借りると何故詐欺になる可能性があるのか、理由を解説します。

嘘をついてお金を借りると詐欺罪になる可能性あり

虚偽申告でお金を借りること自体、お金をだまし取る行為とみなされ、悪質な場合は詐欺罪に該当します。

カードローンの審査で嘘の申告をして、少しでも多くのお金を借りたいと思う人も多いですが、企業を欺いているようなもの。

自身の利益を過剰に得たいがために、年収や勤続年数などで大きな嘘をつけば、当然詐欺として扱われます。

カードローンの審査では在籍確認が行われるため、嘘をつくことはほとんど不可能。

友達からお金を借りる際にも、病気や怪我など緊急性を要する理由で嘘をつき、多額のお金を借りれば詐欺同然。

金融機関からお金を借りる場合も友人からお金を借りる場合も、嘘をついたら何もプラスになりません。お金を借りる際には、絶対に嘘の申告はしないでください。

返すつもりもないのに返すといって借りると詐欺罪

嘘をついてお金を借りた場合、返済する気があるかどうかが、詐欺と判断する大きなポイントになります。

借りたお金を返すつもりが一切ないのに、「いつか返すから」と嘘の約束でお金を借りれば、詐欺に該当。友人や知人をだまして欺いたと判断されるからです。

嘘をついてお金を借りて、そのまま返さないでいると、相手との信頼関係にも大きな影響があります。

軽はずみの嘘が大きな罪になる可能性が高いので、無計画にお金を貸し借りする行為は絶対にNGです。

返せるのに返せないと嘘をつくと詐欺利得罪

相手をだまして返済義務を免れ、お金をだまし取った場合、詐欺利得罪に該当します。

本当は返済できるのに、「家族が重い病気で借金の返済が難しい」と嘘をついた場合、友人も「そういう理由なら仕方ない」と、相手の返済義務を放棄するでしょう。

本来お金を返せるはずなのに嘘をついて借金をチャラにした場合、詐欺利得剤が成立。

お金の貸し借りで嘘をつくと、返済の時点で罪に問われる可能性もあるのです。

お金を借りていなくても詐欺未遂罪

借金における詐欺未遂とは、実際にお金を借りていなくても、最初から明らかに返す気がないと判断された場合を指します。

お金にまつわる詐欺未遂の事例は、以下のとおり。

  • 偽造宝くじでお金をだまし取ろうとした
  • 偽物のギフトカードでゲームを購入しようとした
  • 医療費の還付金があると嘘をついてキャッシュカードをだまし取ろうとした

どの事例も、実際にお金を借りる前に明らかに返済するつもりがない状況と判断され、詐欺未遂に問われています。

相手を欺いて利益を得ようとすれば、行為が成功しなくても、その時点で罪に問われるリスクが高いことを念頭に置きましょう。

詐欺罪になるとどうなる?

詐欺罪で逮捕された場合、場合によっては10年以下の懲役を科される可能性が高いです。

懲役を免れたい場合は、弁護士に依頼するしかないでしょう。

弁護士に依頼すると誠意を示すため、資料や反省文を提出を要求されることがあります。法的な手段を用いて反省の意思を示せば、懲役に科される可能性は一気に下がります。

きちんと返済額を払う意思さえ分かれば、詐欺罪に問われることはありません。

自分が詐欺罪に該当するかもと焦っている方は、弁護士事務所や法律相談所で詐欺罪による懲役を免れる方法を話し合ってみましょう。

借りたお金を返さないのは罪になる?

お金を借りて返済が滞った場合、それだけでは犯罪になりませんが、債務不履行などの法的トラブルに該当する可能性はとても高いです。

債務不履行は、個人間の私的なトラブルを指す民事事件として扱われます。債務不履行が発生すれば、損害賠償責任が発生するケースも。

お金を借りて返さないでいるとどんなリスクがあるのか、確認しましょう。

民事での債務不履行

お金の返済が滞っただけで詐欺罪に問われる可能性はかなり低く、借金トラブルは基本的に債務不履行として扱われ、民事で解決するケースが一般的。

詐欺罪は刑事事件なので、民事事件として解決すれば、罪を科せられる可能性は低いです。

罪に問われるわけではないものの、大問題に発展すれば、裁判所で争う可能性も。

債務不履行と認められれば、お金を滞納した借主には損害賠償責任が発生し、遅延損害金を支払うリスクも発生。

罪に問われないからといって、軽率に嘘をついてお金を借りる行為は絶対にやめましょう。

お金を返さないだけでは詐欺罪にはならない

借金トラブルが詐欺罪に発展するかどうか見分けるポイントとして、「借主にだます気があったか」が大事になってきます。

正当な理由があって借金を返済できなかった場合、詐欺罪には該当しません。

貸金業者にお金を借りて返済が滞っても、借主が正直に申告しており、だます気がなければ、詐欺罪として扱うことは難しいのです。

貸金業者も審査をしてお金を貸したわけですから、相手の経済状況は把握していたはず。

借主が現状を事前に打ち明けれ入れば、お金をだまし取られたと主張する権利は、貸し付け側にもありませんよね。

もし借主が収入や職業を偽り、不当に多額の借入をして意図的に返済を滞らせた場合は、詐欺罪に該当します。

お金を返さなかったこと自体ではなく、お金をだまし取る気があったかどうかで、詐欺罪成立の有無が決定するのです。

借金を払わずに放置するリスク

お金を返さないだけで犯罪に問われる可能性は低いですが、滞納を続ければ、様々な危険性に直面します。

借金を放置した場合に考えられるリスクは、以下のとおり。

  • 遅延損害金を請求される
  • 督促や催促の電話がくる
  • ブラックリストに入る
  • 返済額を一括請求される
  • 給料や財産を差押えされる

遅延損害金が発生すれば、支払い総額はどんどん増えていきます。

督促がきても無視し続ければ、差し押えなど法的な手段がとられる可能性も。法律で定められている以上、いかなる理由があろうと差押えの拒否は難しいでしょう。

【要注意】お金を借りるときに嘘を申告!ありがちなケース

銀行やカードローンなど、金融機関でお金を借りる際に勤務先や年収を偽っても、すぐにバレてしまいます。

少しでも多くの額を借りたいからといって、身分を偽ったりアリバイ会社を利用する人は少なくありません。

お金を借りる際によくある嘘と、何故その嘘がバレてしまうのかを、徹底解剖します。

本人情報の嘘

金融機関でお金を借りる場合、身分証の提出が必要なので、本人情報を偽ってもすぐにバレます。

金融機関では、多くの企業が20歳以上を借入の対象としているでしょう。

一刻も早くお金を借りたい高校生や未成年が年齢を偽って審査に申し込んでも、身分証を提出すればすぐに嘘がバレてしまいます。

勤務先を記入した場合は、電話や書類で在籍確認も行われるので、嘘をつき続けることは不可能。

金融機関も身分が不明瞭な人にお金を貸し付ける行為は高リスクだと判断します。

本人情報を偽っても、ほとんど無駄足に終わってしまうでしょう。

勤務先の嘘

金融機関でお金を借入する場合、勤務先に本人がいるか在籍確認が行われます。

勤続年数を偽っても、収入証明書等を提出すれば、簡単に嘘を見破られてしまいます。

金融機関は貸し付けに際してとにかく返済能力を重視するので、収入などお金の貸し借りに直結する部分で嘘をつくことは絶対に不可能なのです。

アリバイ会社を利用する嘘

アリバイ会社は悪質な業者とみなされているため、アリバイ会社を利用して借入できても、詐欺罪に問われるリスクが高いです。

偽物の給料明細や源泉徴収票を発行してくれるため、とても便利に感じますが、人をだましてお金を借りる行為と一緒です。

詐欺罪に問われれば10年以下の懲役とみなされるだけでなく、カードローンで借入したお金を一括請求される可能性も。

年収や勤続年数の嘘

給料明細の提出を求められれば、年収や勤続年数を偽っても、すぐにバレてしまいます。

金融機関を利用する場合、貸し付け側は相手の返済能力を重視するので、年収と勤続年数をしっかりチェックするのです。

勤続年数2年なのに年収1,500万円と実際より多く申告した場合、貸し付け側は疑問を抱き、収入証明書の提出を求めるはず。

収入を偽っていることがバレれば、その時点で審査落ちするので、嘘をつき続けることは不可能。金融機関でお金を借りる場合は、正直に年収を記載しましょう。

勤続年数の嘘

過去の信用情報を照会した場合や、保険証の提出を求められた場合、勤続年数を偽ってもすぐバレてしまうでしょう。

金融機関は、毎月決まった日に返済してもらうために、借主に対して安定した収入を重視します。

勤続年数が長ければ、それだけ継続的に収入を得ていることになりますよね。

借入に有利になるよう勤続年数を偽るケースは少なくないですが、貸し付け側が信用情報を照会すれば、すぐに嘘がバレてしまいます。

保険証の提出を要求された場合は、被保険者になった日が保険証に記載されているため、嘘をつきとおすことは不可能。

借入状況の嘘

金融機関で借入する場合は、審査で必ず信用情報を照会するので、借入状況を偽っても絶対にバレてしまいます。

銀行やカードローンから借入する際、他社からの借入が少ないほうが有利なので、借入状況を偽る人も多いはず。

審査では信用情報を照会して他社からの借入状況や借入残高を必ずチェックするので、嘘をつくことは不可能でしょう。

他社からたくさん借入している人は、まず借金を減額してから審査に申込んでください。

お金を借りるときの嘘はバレる?

金融機関や身近な人にお金を借りる際に嘘をついても、すぐにバレてしまいます。

借金をすれば、ATMや郵送物で恋人や家族にすぐバレるでしょう。金融機関は、貸し付けをする際に必ず審査を行うので、嘘をつきとおすことは不可能です。

身近な人にも嘘はバレる

知り合いや恋人など、身近な人に嘘をついてお金を借りていても、借主の経済状況は簡単に把握できてしまうものです。

以下の項目を確認されれば、身近な人にすぐ借金に関する嘘がバレます。

  • カードローンなど郵送物がバレる
  • 督促がきてバレる
  • 通帳やATMを見られてバレる

事情があってお金が欲しいと身近な人に頼んでも、上記の項目を確認すれば、お金にだらしない人だとバレて警戒されるでしょう。無理やりお金を要求すれば、警察沙汰になる可能性も。

嘘を使って身近な人からお金を得ようとしても信頼関係が破綻するだけなので、絶対にやめましょう。

金融機関の審査で嘘はバレる

多額の借入を希望するからといって、年収を多く記載したり、他社から全く借入してないと嘘をついても、すぐにバレてしまいます。

金融機関でお金を借りる場合、審査で収入や他社借入額の確認を行うため、嘘をついて借入することは不可能です。

嘘をついて審査落ちすれば信用情報に審査落ちの事実が記載されるので、更に今後の借入が難航することに。

金融機関でお金を借りる際には、正直に正確に情報を記載しましょう。

詐欺罪だけじゃない!嘘がバレたときのリスク

嘘をついてお金を借りた場合に発生するリスクを把握できていれば、対人関係のトラブルに巻き込まれる可能性も低いでしょう。

家族や金融機関に嘘をついても、すぐにバレてしまいます。身近な人でも、金融機関でも、嘘をついてお金を借りることは絶対にやめましょう。

嘘をついてお金を借りた場合に考えられる様々なリスクを紹介します。

信頼を失う

家族や友人に嘘をついてお金を借りると、信頼関係が破綻してしまいます。相手の優しさに漬け込み、お金を貸し借りしても、すぐに嘘がバレるものです。

身内や友達を怒らせた挙句、信用を失い、今後の関係が悪化してしまっても自業自得。身近な人から、嘘をついてお金を借りる行為は絶対にやめましょう。

審査が通らない

金融機関に嘘をついて申し込んでも、審査ですぐに嘘がバレてしまうため、意味がありません。カードローンや銀行の審査では、収入や勤続年数など、属性をしっかりチェックします。

金融機関の審査で嘘がバレるおもな理由としては、以下が挙げられるでしょう。

  • 職場に在籍確認の電話がくる
  • 給料明細や保険証の提出を求められる

審査を通過できなければ、お金を借りることは不可能です。審査落ちの事実は信用情報に登録されるため、今後の借入が難しくなる可能性も。

嘘をついても良いことがないので、金融機関でお金を借りる際の書類記入は、正直に取り組みましょう。

強制解約で一括返済を求められる

アリバイ会社を利用して金融機関の審査を通過しても、バレた場合返済額を一括請求されるなど、リスクがとても大きいです。

年収に自信がない人は、少ない額を借入するなど工夫が必要。

無職で生活費に困っている人は金融機関での借入は諦めて、公的制度を利用してください。

強制解約や一括返済などの金銭トラブルは、信用情報にキズがつく可能性も高く、今後の借入に悪影響を与えます。

友人から借りたお金を返せないときの対処法

身近な人からお金を借りて返済が難しくなった場合は、まず正直に今の状況を打ち明けてみましょう。

友人だからといって、借りているお金を踏み倒そうなんて、絶対に考えないでください。もし友達からの借金を返せなくなった場合、まずどうすれば良いのか、確認しましょう。

正直に理由を伝えて謝罪する

現在の経済状況や返済が難しい理由を友達に説明し、反省していることをしっかり伝えてください。

大学生は飲み会やサークル費用など、プライベートなお金を友人間で貸し借りするケースが多いでしょう。しかし、親しい仲でも、借金をしていることに変わりはありません。

返済が難しい場合は、踏み倒しを考えず、謝罪して事情を説明しましょう。

正直に相談すれば今後の友人関係が悪化する可能性は低いですし、状況次第では期日を猶予してくれる可能性も。

音信不通になったり、返済を無視し続ければ、相手が怒って民事事件に持ち込むケースも少なくありません。民事で債務不履行とみなされれば、遅延金支払いの義務も発生し、友人との関係も悪化。

無駄なトラブルを避けるためにも、反省の気持ちは早めに伝えましょう。

返済方法について相談してみる

どうしても返済が難しい場合は、借用書や返済計画書を作成しましょう。

早めに返済方法の相談を持ちかければ、返済プランの立て直しに対応してくれるケースも。

書類に必要事項を記入すれば、相手に誠意も伝わります。

返済意思があることさえ分かれば、友達も警戒することなく、お金の貸し借りを続けてくれるでしょう。

友達とのお金の貸し借りの場合、返済できないこと自体より、返済する気の有無が分からないほうが、トラブルに発展しやすいです。

すぐに返済が難しい場合は、書類を用いて自分の誠意を友達に伝えてみてはいかがでしょうか?

借金返済が苦しいときの対処法

生活に困窮して返済が滞っている場合、専門家への相談や債務整理を検討しましょう。返済が難しいからといって、踏み倒しだけは考えないでください。

借金返済が困難になった場合の救済措置を紹介します。

専門家に相談する

金融庁のホームページでは、各県の多重債務やギャンブル依存症の相談窓口電話番号を記載しています。

借金返済に関する悩みを抱えている場合は、上記の金融庁ホームページを参考にし、お住まいの地域の相談窓口を利用してください。

金融庁では、浪費を防止するための貸し付け自粛制度も実施。自分の力だけでは金銭管理が不可能になった場合、専門家に相談してみましょう。

債務整理する

法テラスなら、無料で債務整理が可能。

弁護士費用の捻出も難しい場合は、法テラスを利用して任意整理や個人再生を検討しても良いでしょう。

お金にまだ余裕がある場合は弁護士に依頼して、合法的かつ確実に解決する手段も有効。

債務整理をすれば、以下のようなメリットがあります。

  • 取り立てを中断できる
  • 利息支払いをカットできる可能性がある
  • 手続きをサポートしてもらえる
  • 返済の意思を伝えられる

滞納を続けた場合でも、債務整理をした場合でも、ブラックリストに掲載されることに変わりはありませんが、滞納を続けると支払い総額は膨らみ、精神的ストレスも大きくなります。

大事に発展する前に債務整理をして、借金トラブルを早く解決しましょう。

債務整理で借金を減らす

嘘の理由でお金を借りるのはリスクしかない

お金を借りるときは、必ず正直に事情を説明しましょう。

友人との貸し借りでも、金融機関での借入でも、嘘をつけばデメリットだらけです。

審査に落ちれば今後の借入が難しくなりますし、友人に嘘をつけば信頼関係が一気に崩れてしまいます。

お金に困っている上に詐欺罪に問われたり、財産差押えになったら、泣きっ面に蜂。

経済的に苦しんでいたって、何も恥ずかしいことではありません。人を騙すことなく、ありのままに事情を説明して、トラブルなくお金を借りましょう。