親がお金をくれない!頼る前に不足する理由も考えて対策を

しぶしげ
しぶしげ

今月ちょっと支払いがやばくて!頼んだのに親がお金をくれないんだよ、ネグレクトだよね?コレ。

ゼニット
ゼニット

親がお金をくれないってオマエいくつだよ!課金やめたら問題ねーだろ!

親がお金をくれない理由は?

お金が足りない時に一番借りやすい先は、親ではないでしょうか?

しかし、頼みの綱の親がお金をくれない時には残念な気持ちになるものですが、逆に親の気持ちになって考えてみましょう。

親も無いからお金をくれない

アナタが生まれてから二十歳を過ぎるまでにかかるお金は、平均すると3,600万円ほどと言われています。

一般家庭でその金額を捻出するのは、かなり大変な事でしょう。

アナタが社会人になってホッとした時に借り入れの話を持ち出しても、お金はもう残っていないかもしれません。

しぶしげ
しぶしげ

ぼ・・僕にもそんなにお金かけてくれてたのかな!

ゼニット
ゼニット

オマエにご両親が3,600万円もかけてくれてたのかと想像すると泣けてくるんだゼニ。

心を鬼にしてお金をくれない

家を出たばかりの方に多いのが、親元で暮らしていたままの金銭感覚で浪費を続けてしまう事が多いです。

親からすると、早く大人の金銭感覚を身につけて欲しい!早く独り立ちしてもらいたい!と思うものです。

当然、親としてはアナタを助けてあげたいとは思っていても、心を鬼にしている場合もあります。

理由がはっきりしないから親がお金をくれない

アナタを助けてあげたいという気持ちはあっても、さすがに理由がはっきりしない場合は親だってお金をくれないのは当然ではないでしょうか。

親としては当然、アナタが何か騙されていないか?や、無駄に浪費をしていないか?と心配をしますし、何より親にとっても大事なお金です。

何故、何が、どう足りないのか説明する事で問題は解決するかもしれません。

しぶしげ
しぶしげ

レアキャラが当たらなかったから課金しすぎた・・は理由にならないかな・・・💧

アナタがお金を借りたい理由を改めて整理しよう

物価も上がっているし、生きていればいろいろとお金もかかりますよね。

かと言って、収入が上がるわけでもなく、ついつい親に頼りたくなるというのもわかります。ですが、もしかしたら見直せる部分もあるかもしれません。

改めてなぜお金が足りなくなるのか、整理してみましょう。

そもそもの収入が少ない

年収は上がるよりむしろ減少傾向だというのに、物価は上がり生活は苦しい!というのは珍しいことではありません。

親もそれは感じてはいますが、もしかしたら理解できていないだけかもしれません。

収支をキチンと明確に表示し、自分の努力も伝えるなど説明する事で理解を得られるかもしれません。

浪費によるものなら見直しを

遊びや趣味で使いすぎてしまった場合は、親がお金をくれないのも当たり前ですよね。

遊びすぎたからお金をくれなんて、お金を借りれない上に怒られてしまう可能性の方が大きいでしょう。

使いすぎと言っても、冠婚葬祭などの急な出費が重なったなどの理由であれば話は変わってくるかもしれません。

無駄な支払いで負担が多くなっていないか確認する

家賃や水道光熱費など基本的な支払い以外にも通信費やサブスクリプション代などでアップアップしていないでしょうか?

毎月の支出を家計簿につけて見える化すれば、親に借り入れを求めなくても済むようになるかもしれません。

特にサブスクリプションなど毎月固定費として払っているものは、本当に必要か、節約できるところはないか、親に頼る前にしっかりと確認しておきましょう。

なんとか親からお金を借りる方法は?

親だからといって気軽に「お金をくれ!」なんて頼んだりしていませんか?

親には親の生活がありますし、お金は大事です。また、金額によっては、たとえ親と子と言っても関係が悪くなる事もあるでしょう。

親にお金が必要な理由を伝える

キチンとした理由を伝える事で、親も渋々ながら借り入れを受けてくれるかもしれません。

理由を伝えるには収支報告書などを作り、無駄なお金も使っていない事を見せれば、親はお金をくれないと言う事はないでしょう。

相手が親でも借用書を作る

親とは言え、お金を借りるのなら借用書を作る事で、一応の信頼を得れるのではないでしょうか?

もし、大きな金額を借りるなら、アナタの作った借用書に法的効果をつけるために公証役場で作る事で、さらにアナタの作った借用書が信頼できるものになります。

親を相手に大げさかもしれませんが、それだけの必要性や覚悟があるといったアピールにはなるでしょう。

それでも親がお金をくれない時の対処方法は?

アナタの収支報告書(家計簿)や公証役場で作った借用書を用意しても、親がお金をくれない時はどうしたら良いのでしょうか?

親戚や友人から借りる

親がお金を貸してくれない時に次に貸してもらえそうなのが、親戚や友人ではないでしょうか?

ただし、親戚であれば親にも伝わる可能性が高いですね。場合によっては親からお金を貸さないように既に連絡が行ってる事もあるでしょう。

友人だとキチンと返済しなければ友好関係に問題が発生しますし、お金を返さないでいると、アナタの噂は知り合い全体に広まり信用はなくなります。

ゼニット
ゼニット

お金の貸し借りは友情を壊すゼニ

副業で収入をUPする

親がお金をくれないなら、本業以外の収入源を増やすのも良いでしょう。

仕事の他にアルバイトをするのも良いですし、スキマ時間にできるような在宅ワークを始めてみるのも良い経験になると思います。

リサイクルショップやオークションで金欠を解消

リサイクルショップやオークションなどで要らない物を売る事で一時的な金欠は解消できるはずです。

また、要らない物を売る事で断捨離ができ、物欲がなくなる事もあるので、その後の生活に余裕ができる事もあり一石二鳥の効果もあります。

支援金や給付金の利用

生活が苦しい場合には市役所などに相談すると支援金や給付金を紹介してもらえるでしょう。

ただ、公的なお金を借り入れるには手続きが難しいので、必ず市役所かお住いの地域にある社会福祉協議会へ相談に行きましょう。

カードローンの利用

一時的にお金が足りないなら、カードローンの利用も一つの手です。

18%ほど金利がかかりますが、短期に完済する事ができれば金利ゼロになる金融会社もあります。

銀行で借りる

ノンバンクの金融会社よりも金利が安く借り入れできるので、一度相談に行くのも良いでしょう。

銀行カードにキャッシングが付いていれば、すぐに借り入れをする事もできます。

定期貯金を担保に借り入れできるサービスもありますので、そちらも相談してみるのも良いのではないでしょうか?

しぶしげ
しぶしげ

親の気にもなれば、確かに借りるのは気がひけるよねぇ・・・。

ゼニット
ゼニット

オマエもゲームしてる暇があったら副業とかしてみたらどうだ?

タイトルとURLをコピーしました