絶対に通るカードローンってあるの?可能性を高めるコツとは?

しぶしげ
しぶしげ

急にお金が必要になってしまった。どこか絶対に借りられるカードローン会社は無いものか…。

ゼニット
ゼニット

カードローンに絶対はないゼニ…。ただし、借りられる可能性が高いカードローン会社はあるゼニ。

カードローンは急な出費などに対応できる便利なサービスです。

しかし、カードローンでお金を借りる為には、収入状況を確認するための審査を受ける必要があります。

それでは確実に審査をクリアできるカードローンやコツは存在するのでしょうか?

審査が絶対に通るカードローンは存在する?

結論:絶対に通るカードローンは存在しない。

残念ながら、絶対にお金を借りることができるカードローンは存在しません。

カードローン会社は「貸金業法」という法律に基づいて、利用者へお金を貸しています。

万が一、貸金業法に違反してまうと、業務停止や廃業になってしまう可能性も。

また、カードローン会社は慈善事業ではなく、あくまで商売として貸金業を行っています。

そのため、貸し倒れの危険性があるときはお金を貸してくれません。

もし、審査なしでお金を借りられる業者があるとすれば、危険な闇金である可能性があります。

審査に通るかどうかは申込者次第

カードローンの審査に通るかどうかは、申込者の状況により異なります。

過去の消費者金融の利用状況や現在の返済状況、何社から借り入れをしているのかなど状況によって変わります。

もちろん借入額や契約社数が多くなるほど、審査は通りにくくなります。

また、収入状況や勤務状況によっても審査の通りやすさは変わります。

返済の可能性が低い場合には、カードローンを利用することはできません。

なかなかカードローンに通らない場合には、自身の状況を見直してみると良いでしょう。

金融ブラックの場合はまず借りることができない

信用情報機関にブラックリスト登録されてしまっている場合は、まずお金を借りることはできません。

自己破産や返済遅延などを繰り返した場合、信用情報機関にそういったマイナスの情報が記載される場合があります。

そうなった場合は、カードローンのみではなく、クレジットカードや住宅ローンの審査も通らなくなります。

情報サイトのなかには、金融ブラック状態でも借りることができたといった記載もありますが、それはまずありえません。

自身の信用情報は、信用情報機関に開示請求することができますので、気になる方は調べてみましょう。

絶対はないけど通る可能性が高いカードローンなら

前述の通り、審査に絶対通るカードローンはありません。

しかし、通りやすいカードローン会社なら存在します。

カードローンの審査基準は会社ごとに異なる

カードローンの審査基準はカードローン会社によって異なります。

なかには審査基準が甘いカードローン会社も存在します。

1社で落ちてしまったとしても、別の会社で審査に通る可能性もありますので、複数社に審査を依頼してみると良いでしょう。

ただし、信用情報機関からデータを取得するという点については、どのカードローン会社も一緒ですので、信用情報にキズがある場合は、審査落ちの可能性が高いです。

銀行よりも消費者金融の方が借りやすい

 

銀行が提供するカードローンサービスよりも、一般企業の消費者金融の方が審査が甘い傾向にあります。

銀行は、一般消費者金融よりも厳格な審査基準を持っており、お金を借りる難易度が高いです。

安全性が高く、お金を安心して借りられるイメージがある銀行。

しかし、現在は「貸金業法」などによって厳しくルールが定められているため、一般消費者金融でも安全にお金を借りることができます。

審査に通るか不安な場合は、銀行よりも消費者金融を利用してみましょう。

大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が通りやすい

大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が審査に通る可能性があります。

なぜなら、中小消費者金融は顧客を獲得するために、審査基準を甘くしている可能性があるからです。

名前を知らない消費者金融などは不安があるかもしれませんが、前述の通り貸金業法などのルールがあるため、安全性に関してはあまり大手とあまり変わりません。

逆に言えば、申込者の経済状況が、法律に定められた基準に満たない場合は、審査に落ちる可能性があるということになります。

いずれの場合も法律に抵触する場合は借りられない

審査が甘いと言っても、あくまで法律の範囲内の審査基準になります。

貸金業法で定められている「総量規定」などの基準を満たせない場合は、どのような場合でも審査をクリアすることはできません。

審査基準が甘い業者というのは、あくまでも貸し倒れのリスクがあるかどうかの基準です。

法律に違反していてもお金を借りれる場合は、違法にお金を貸している闇金などです。

非常に危険な行為になりますので、違法に営業している金融会社の利用は避けましょう。

カードローン審査を通しやすくするコツ

今まで説明してきた絶対に借りられないパターンを除けば、審査を通りやすくするコツを使うことで、カードローンを利用できる可能性が高まります。

収入や勤務状況などに嘘をつかない

申込フォーマットには正しい情報を正確に入力しましょう。

どうしても借りたいからといって、虚偽申告をするのはNGです。

嘘の申告は信用情報などの確認で必ずバレてしまいます。

また、虚偽申告が発覚した場合は、永久的にそのカードローン会社を利用できなくなるリスクもあります。

借入希望額は少なめに申告するのが良い

カードローン利用者が契約できる借入上限額は、法律により定められています。

そのため、借入希望額が上限額に達してしまった場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。

カードローンの申込時は、借り入れる必要がある最低額で申し込むと良いでしょう。

あえて参考書類を用意しておく

多くの場合、カードローンの申込は身分証のみで申し込むことができます。

しかし、なかには収入証明などを任意で提示できるカードローンも。

その場合は、あえて収入証明書などを提示しておくことがおすすめです。

カードローンの契約は、申込者の収入状況を信用して契約を結びます。

あらかじめ自分の収入状況を証明することで、信頼を得ることにもつながります。

また、誠意を見せるといった部分でも役に立つでしょう。

タイトルとURLをコピーしました