パートでもお金を借りることはできる?借りやすいところや注意点は?

焦る男性

パートで働いてるときって、給与も低いしお金を借りられないのかな…

笑う女性

パート勤務でも、条件さえ満たせばお金を借りられる可能性はありますよ!

パートは非正規の雇用形態のため、正社員と比べると社会的な安定性が低いと考えられています。

そのため、多くの人はパートだとお金を借りられないと考えているのではないでしょうか?

ここでは、パートがお金を借りるためのコツや、借りやすいカードローン会社の特徴などを紹介していきます。

パートで働いていて、お金を借りようか迷っている方は参考にしてみてください。

パートでもお金を借りることができるのか?

まずは、パートはお金を借りることができるのかという点について解説していきます。

パートでもお金を借りる方法はある

パートでもお金を借りる方法はある

結論から言えば、パートで働いている人でもお金を借りることができます。

カードローン会社などが注視しているのは、申込者の返済能力です。

つまり、雇用形態にかかわらず、安定した収入を得る能力があるかどうかが重要になります。

アルバイトやパートで働く人も借りることができると明示しているカードローン会社も存在します。

カードローンを申し込む際のポイントを押さえて、適切な会社を選びましょう。

ただし上限額が低い可能性に注意

ただし上限額が低い可能性に注意

カードローンでお金を借りる場合は、総量規制に注意する必要があります。

総量規制とは?

総量規制とは、無理な借入や貸付をしないように、貸金業法で定められている上限額のことです。貸金業法では、カードローンで借入ができる金額は年収の3分の1までと決められています。

つまり、年収が低ければ低いほど、借入できる金額が下がってしまいます。

また、残念ながらパートで働いている場合は、正社員で働いている場合と比べて職業の安定性が低いと考えられることがほとんどです。

そのため、カードローンなどで借入れられる上限額が、最低限度で提示されることがあります。

パートでもお金を借りることができるカードローンの特徴

続けて、パートでもお金を借りられるカードローンの特徴を紹介します。

カードローン会社は、独自の審査基準を持っている場合があります。

そのため「A社の審査は落ちたけど、B社の審査は通った」といったことも良くあります。

つまり、審査基準が甘いカードローンを選択することが重要です。

銀行より消費者金融がおすすめ

銀行より消費者金融がおすすめ

銀行系のカードローンは、消費者金融に比べて厳しい審査基準を持っています。

大手企業に勤務している正社員や公務員であれば、審査に通過することができますが、パートでは難しいのが現状です。

それに比べて消費者金融は、多くの人が利用できるように幅広い基準を設けています。

なぜなら消費者金融は銀行とは違い、お金を貸すことが本業であり、より多くの人に利用してもらう必要があるからです。

そのため、銀行系よりも審査が通りやすい消費者金融の利用を検討してみると良いでしょう。

中小消費者金融は審査が通りやすい?

中小消費者金融は審査が通りやすい?

消費者金融というのは、利用者が返済時に支払う利息によって利益を得ています。

中小消費者金融では、大手より審査基準を緩めに設定することで、利用者獲得を目指していることもあり、比較的審査が通りやすい傾向にあります。

中小消費者金融と聞くと安全面を不安に感じる方もいるでしょう。

しかし、国に登録されており、貸金業法に基づいて営業している会社であれば、安全性についてはどこもあまり変わりません。

大手で審査に通らない場合は、中小消費者金融の利用を検討してみると良いでしょう。

配偶者貸付を利用できるかどうか

配偶者貸付を利用できるかどうか

まとまったお金を借りたいときは、配偶者貸付を利用することも検討しましょう。

配偶者貸付とは?

前述の総量規定の例外となる貸付方法です。申込者本人の年収と配偶者の年収を合わせた金額の3分の1までの金額を借入できます。

自分の年収を超えてお金を借りることができますので、まとまった借入を希望する場合には、配偶者貸付を行っている会社を探すと良いでしょう。

ただし、配偶者貸付を使用する場合は、配偶者の方の同意が必要になります。

また、貸付を行っているカードローン会社もかなり限られてしまう点に注意が必要です。

パートが金を借りるときの注意点

最後に、パートで働く方がカードローンを使用する際の注意点を紹介します。

お金が欲しいけど誰にもバレずに借りたいときや、申し込む際につまずきがちなポイントについて解説していきます。

ぜひ、申し込む前の参考にしてみてください。

在籍確認がある可能性に要注意

在籍確認がある可能性に要注意

カードローンの申し込みにあたっては、在籍確認が行われる可能性があります。

在籍確認とは、カードローンの申込者が本当に働いているのか、収入を得ているのかについて、主に電話で確認することを言います。

会社名などは名乗らず、個人名で「〇〇さん(申込者)はいらっしゃいますか?」といったような内容で電話をかけてくることが一般的です。

電話に応答した人が「いません」などと回答してしまうと、在籍確認ができずに審査に落ちてしまう可能性があります。

とくに、個人宛に電話がかかってくることがない職場では、不審に思った担当者がこのように対応してしまうケースがあるようです。

前もって電話がかかってくることを伝えておくなど、工夫をすると良いでしょう。

在籍年数は長い方が有利

在籍年数は長い方が有利

カードローンの審査を受ける場合は、パート先への勤続年数が影響する可能性があります。

最低でも3か月程度の勤務実績があると安心です。

ただし、カードローン会社なかには、パートやアルバイト勤務初日でも申し込める消費者金融もあります。

その場合は借入金額が低かったり、金利が高くなる可能性がありますので注意しましょう。

バレたくないときはネットかスマホで完結がおすすめ

バレたくないときはネットかスマホで完結がおすすめ

誰にもバレずにカードローンを利用したい場合は、WEBで申し込みが完結する会社を選択すると良いでしょう。

契約処理類や、お金を借りる際に使用するローンカードが自宅に届いてしまうと、家族にカードローンの利用がバレる可能性があります。

WEB完結で申し込めるカードローンであれば、申し込みや借入までをスマホのみで完了できます。

郵送物が届くこともありませんので、バレたくない場合には利用してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました