激甘クレジットカード|在籍確認なし審査の甘いクレカ5選

しぶしげ
しぶしげ

うーん、在籍確認があるのは不安だな…。

ゼニット
ゼニット

在籍確認を不安に感じる人は多くいるゼニ。今回は在籍確認の可能性が低いクレジットカードを紹介するゼニ!

クレジットカードを申込む際に、審査の一環として行われるのが在籍確認です。

審査なしでクレジットカードを作ることはできませんが、在籍確認を行わないことがあるクレジット会社も存在します。

今回は、在籍確認の可能性が低い、審査激甘なクレジットカードを紹介します。

在籍確認の可能性が低い審査激甘クレジットカード

ここでは、審査が甘いクレジットカードについてご紹介します

申込条件などとあわせて確認していきましょう。

おすすめカード1 楽天カード

まず審査の甘いクレジットカードの1枚目は楽天カードです。

CMなどで目にする機会が多く、収入証明不要で申し込むことができます。

高校生を除く18歳以上から申込むことができ、アルバイトやパートなどでも申込み可能です。

また、預貯金さえあれば無職でも申込むことができます。

ポイント還元率も高く、汎用性の高いクレジットカードで、初めてのクレジットカードにもおすすめです。

おすすめカード2 三菱UFJ VIASOカード

VIASOカードは、銀行系のカードでありながら、審査難易度が低いと言われています。

VIASOカードの条件は、安定的な収入がある高校生を除く18歳以上であり、電話連絡が可能という2点のみです。

安定的な収入という条件がありますが、若年層に向けて作られたカードのため、アルバイトやパートなどでも審査に通る可能性があります。

また、家族の扶養に入っている場合には、バイト先への在籍確認を避けることもできるでしょう。

おすすめカード3 イオンカードセレクト

ほかのカードと比べて審査が甘い流通系のクレジットカードです。

クレジットカード、銀行キャッシュカード、電子マネーなどがついており、ポイントの還元もあるため便利なクレジットカードになっています。

審査基準も高校生を除く18歳以上から申込が可能で、年収制限なども設けられていません。

口コミでも在籍確認はなかったという声もあります。

日常使いのクレジットカードのため、利用できる年齢や職業などの幅が広いことが特徴です。

おすすめカード4 ライフカード

ライフカードは、独自の審査基準をもってクレジットカードを発行しています。

そのため、他社の審査に落ちてしまった場合にも審査に通る可能性があります。

また、申込者の収入状況などによって、クレジットカードの利用枠が決定される方式のため、他のカードに比べてフレキシブルな対応が魅力です。

もし、他のカードの審査に落ちてしまった場合は、ライフカードに申し込みをしてみましょう。

おすすめカード5 セゾンカード インターナショナル

セゾンカードは審査の甘いカードとして人気です。

学生などでも申込むことができる幅広さと、10分程度で審査が完了する手早さが魅力です。

審査時間の短さから、確認項目が少ない可能性があり、比較的申込安いクレジットカードと言えるでしょう。

在籍確認の可能性が低いクレジットカードの特徴は?

説明してきたおすすめのカード以外にも、審査の甘いカードはあります。

ここでは、審査甘いカードの特徴を見ていきましょう。

機械によるスピード審査を行っているクレジットカード

クレジットカードの中には、最短審査〇〇分などと広告を出しているものもあります。

その裏では、その裏では、機械的に審査を行っており、人の目を通していない場合があります。

その場合は、申告内容に不備がなければ、審査を通過することができます。

ただし、機械が審査を行う場合は、信用情報機関の情報を厳しくチェックする傾向があります。

信用情報にキズがある場合などには、審査に通りづらくなりますので注意しましょう。

学生向けや主婦向けに発行しているクレジットカード

学生や主婦に向けて発行しているクレジットカードは、在籍確認が行われない可能性が高いです。

学生や主婦などで、家族の扶養に入っている場合が多いと思います。

自身の収入が家計のメインではない場合、つまり誰かの扶養に入っている場合は、在籍確認をされる可能性は低いです。

返済能力に関しては、扶養者が担保できる可能性があるという判断になります。

ただし、発行させるクレジットカードの利用枠が低くなる可能性もありますので、注意しましょう。

狙い目は流通系のクレジットカード

クレジットカードは、発行する会社によって「銀行系」「信販系」「交通系」「流通系」などに分類されます。

その中でも、審査が最も甘いのは、小売店やスーパーなどで発行できる流通系です。

日用品の購入などに使用することが目的のため、幅広い人年齢や職業に対応し、審査基準も比較的緩いと言われています。

そのため、場合によっては在籍確認などの審査をショートカットできる場合もあります。

そもそもクレジットカードの審査方法とは?

クレジットカードを契約するためには、自分の収入や勤務状況を申告して、返済能力があることを示す必要があります。

それでは、クレジットカードの入会審査では、どのようなことを見ているのでしょうか。

信用情報機関に登録されている情報

クレジットカードの審査では、間違いなく信用情報機関への問い合わせが行われます。

信用情報機関の情報は、他社クレジットカードの利用状況や返済状況、負債の有無など、さまざまなことを把握できます。

自分の信用情報に自身がない場合は、審査の甘いクレジットカードへ申込むと良いでしょう。

また、信用情報は回復することも可能です。

信用情報にキズがある場合は、しっかりと返済などを行い、実績を積み上げることも必要です。

本人の属性情報

信用情報に加えて、申告を元に本人の情報も確認されます。

勤務先や雇用形態、勤続年数、家族構成、年収など、返済能力の有無を検討する材料として確認されます。

この一環として行われるのが在籍確認です。

実際に会社に勤めているかを確認する目的があります。

ただし匿名の電話で、実際に勤務しているかを確認するだけで済む場合が多く、必要以上に身構えることはありません。

また、クレジットカード会社が在籍確認を行うのは、意外と普通なことですので、そこまで気にしなくても良いでしょう。

必ず審査に通るという方法はない

審査が甘いクレジットカードがあるとはいえ、絶対に審査を通るクレジットカードはありません。

前述のように、信用情報に問題がある場合や、返済能力がないと判断された場合には、審査を通過することができません。

もし、どうしてもクレジットカードが発行できない場合は、家計の見直しや信用情報の回復に努めましょう。

タイトルとURLをコピーしました