就活中で借金支払いができないときはどうすればいい?就職に影響あり?

就活中、忙しくて借金の支払いができないんだけど、どうすればいいんだろう?

就活中の学生でも借金の負担を減らす方法がいくつかあるので、確認しましょう。

就活中で借金支払いができない!どうすればいい?

就活は拘束時間も長く、長期間に渡るため借金返済が滞ってしまうケースも多いです。

就活中にスムーズに借金を返済するには、具体的にどのようなアイデアがあるのか、確認していきましょう。

短期アルバイトで稼ぐ

昨今、単発でのアルバイトや日払いで給料をもらえる短期アルバイトが増えつつあります。

求人誌や求人サイトで、短時間・単発で勤務できるアルバイトを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

通常のアルバイトと違い、1日のみのアルバイトであればシフト提出やスケジュール調整の手間も省けます。

このような短期・単発のアルバイトは、エントリーも1週間前~前日くらいまで受け付けており、比較的日程を調整しやすいです。

仕事内容も接客から軽作業など様々なバリエーションがあり、気兼ねなく勤務できます。

特に日当がもらえる場合は、働いたその日に給料をもらえるので借金の返済もスムーズに進むでしょう。

有給インターンシップで稼ぐ

有給インターンシップで収入を得ながら、借金を返済する手段もあります。

有給インターンシップとは、通常のインターンシップと違い、給料をもらいながら企業で仕事を体験するシステムです。

期間的には通常のインターンシップより長期間なので、経済面の安定も期待できます。

具体的な期間は、通常インターンシップが1~3週間であるのに対し、有給インターンシップは最低でも1カ月以上である場合が多いです。

有給インターンシップでは社員候補となるため、就活を行うにあたっても有利です。

お金をもらいながら実務を経験できて、更に社員として雇用される可能性が高いなんて、有難いことですよね。

将来就職したい業種や企業がある場合は、有給インターンシップを実施しているか事前に調べて応募するのも良いかもしれません。

借金返済に追われながらアルバイトに時間を取られ不規則な生活をするのが億劫という方は、安定した勤務時間・勤務体制で働ける有給インターンシップを検討してみてください。

実家暮らしで乗り切る

大学に進学するにあたって引越し・上京などで一人暮らしを開始した方も多いでしょう。

借金返済に追われ経済的に苦労しながら一人暮らしをしている場合は、実家暮らしにシフトチェンジすることも一つの方法です。

大学や就活拠点地に現実的に通える距離であれば、実家暮らしでも乗り切れるケースが多いです。

借金返済に追われていると生活費もなるべく抑えたいものですが、実家暮らしであれば、一人暮らしと比較して月に平均56,000円もの出費を抑えられるというデータもあります

抑えられた生活費や家賃を利用して借金を返済していけば、生活がひっ迫することもありません。

就職すれば収入面が安定するので、就活期間限定と期間を定めて実家暮らしをするのも良いでしょう。

親を頼る

思い切って、借金があることを親に打ち明けるという手段もあります。

家族に打ち明けて迷惑をかけたくない気持ちも分かりますが、滞納してしまえば最終的に家族に知られてしまう場合があります。

具体的に親に借金が知られてしまうケースは、通知や差し押さえなどです。

特に差し押さえで親に知られるのは絶対に避けたいパターンなので、そうなる前に親に正直に打ち明ければ快く支援してくれる可能性も高いです。

親に打ち明ける前にきちんと返済プランを立て、返済意思があることを伝えることが大事です。

金銭的な援助がある場合と無い場合では、精神的な負担も現実的な返済スケジュールも全く違ってきます。

親にお金を借りる時はココに注意!贈与税が発生するケースとは?
なにはともあれ、最後に頼りになるのは親だよねぇ〜、車買うとか言って200万円くらい借してくれないかなぁ! 親御さんからでも、まとまったお金借りるとなると税金が絡むこともありますの...
おばあちゃんにお金を借りる方法|祖母に借りるルールとは?
おばあちゃんにお金を借りる方法に加え、おばあちゃんからお金を借りる注意点をご紹介します。お金を借りるにしても、お小遣いをもらうにしても、絶対に押さえておくべきポイントが存在します。それらをひとつずつ詳しく見ていきましょう。

債務整理する

親に援助を頼めない・アルバイトをする時間すら確保できない方は、債務整理を検討してみてください。

債務整理とは、弁護士や司法書士に依頼して返済金額を減らしたり、利息のカット・返済の免除などをする手続きのことです。

個人で借金返済が難しい場合に利用されます。

債務整理には、以下の3つのパターンがあります。

債務整理の種類内容
任意整理弁護士が債務者と交渉して利息をカット
個人再生住宅を残して返済額を圧縮する
自己破産財産を処分して債務をなくす

債務者の状況によって、どのパターンが最適かは変わってきます。

債務整理を考えている方は、弁護士・司法書士に相談して、ご自身がどのパターンを利用できるか確認してください。

債務整理で借金を減らす

借金は就活に影響する?バレる可能性は?

借金が原因で内定取り消しになるのではないかと、借金が与える就活への影響に不安をおぼえる方も多いでしょう。

借金が就活に影響を与える可能性はあるのか、確認していきます。

信用情報を照会できるのは一部の企業のみ

個人の借金情報・クレジットカードの利用歴などの信用情報は、信用情報機関に登録されています。

信用情報を照会すれば、借金総額や借入元、過去にどんな借金をしたかも把握できます。

信用情報を紹介できるのは貸金業者・金融機関など、一部の企業のみです。そのため、就活中の企業に借金がバレることはありません

企業だけでなく、家族や知人など身近な人物も信用情報の照会はできません。

就活で内定をもらった企業に借金がバレて内定取り消しというケースはないと考えていいでしょう。

もし借金があったとしても、安心して就活に臨めます。

信用情報照会の目的には限定あり

信用情報を照会できる金融機関・貸金業者であっても、照会の目的は限定されています。

金融機関や貸金業者が信用情報を照会できるのは、ローン審査やクレジットードキャッシングの申し込みなど、限られた目的の場合のみです。

金融機関・貸金業者は、

  • 審査の際に申込人の返済能力
  • 延滞履歴の有無
  • 借入金額

などをチェックする必要があるので、信用情報を照会する必要がありますが、それ以外の理由での照会は認められていません。

金融機関が信用情報を調べて、借金を抱えている学生は採用しないという噂もありますが、確証付ける情報はなく、あくまでも噂の範疇です。

基本的にどの企業・業種であっても、学生の信用情報を調べてそれを基に採用の可否を決定することは、ありえないことだと考えていいでしょう。

借金返済をしながらでも、安心して就活ができますね。

借金があることが就活に影響することはない

基本的に、借金があっても就活への影響はありません。

債務整理をするとブラックリストに掲載されますが、信用情報照会や照会目的に制限がある以上、就職先企業が一般企業であれば、ブラックリスト掲載や債務整理歴がバレることもありません。

現段階で借金がある場合でも、きちんと返済を継続できているのであれば就活に不利に働くことはほとんどないと考えていいでしょう。

業務と無関係な借金問題を理由に、従業員に対して減給や移動など不利益な待遇を処した場合は企業も違法となる可能性が高いですから、借金があったことで就職後に不当な扱いを受ける可能性もかなり低いです。

特に解雇にあたっては厳重な定めがあるので、借金が解雇に直結することもありえないでしょう。

金融系企業への就活での影響は?

金融系企業への就職を考えている場合でも、基本的に就活への影響はありません。

金融系はお金を取り扱う企業ですから、学生がお金で周囲に迷惑をかけていないかを確認するために、信用情報の提出を促す可能性もあります。

本人が希望すれば信用情報は照会できるので、就職先の企業に信用情報提出を促されれば借金があることがバレてしまいます。

借金がある金融機関への就職を考えている場合でも、会社側が顧客情報を照会して支払い状況をチェックすれば、簡単に借金があることがバレます。

ただし、信用情報を基に採用の可否を決定するのは原則禁止ですので、借金が原因で不採用になる可能性はほとんどありません。

信用情報は照会履歴も残るので、本来の目的以外で照会すると企業側も違法扱いを受けてしまいます。

採用をする際に信用情報を確認するのは、本来違法行為です。

企業側もリスクを負ってまで、信用情報を確認することは少ないと言えます。

企業側も信用情報を確認する可能性は低いので、就活に影響はほとんどなく「借金がバレるリスクはゼロではない」程度に考えておいて良いでしょう。

就活時に借金があることを伝えるべき?

借金があることを、わざわざ就活時に伝える必要はありません。

履歴書の「賞罰」欄も、受賞歴や犯罪履歴を記載するためのもので、借金があることを履歴書に書く必要もなく、面接の際に申告する必要もありません。

企業側が借金について質問する場合もほとんどありませんが、もし質問された場合には入社後円滑に勤務できるよう正直に答えたほうが良いです。

借金について質問されても、それを理由に採用の可否を決定することはありえないので、質問された際は嘘はつかず、きちんと返済意思があることや、返済計画が立っていることを伝えましょう。

親の借金も就活に影響する?

学生本人の借金でなく、親に借金がある・過去に借金があったというケースもあるでしょう。

親に借金があった場合でも、学生の就活への影響はありません。

学生本人の借金同様、信用情報は簡単に照会できないので、企業側が親の借金を知ることはありえません。

自己破産をしていた場合、一定期間一部の職に就けない時期が発生しますが、就活には無関係です。

もし親が自己破産をしていても、企業側が知ることは基本的にありません。

親が借金をしていたり過去に自己破産経験があったとしても、学生は安心して就活を続けることができます。

就活中に借金支払いができないときのNG行為

就活中は忙しいので、借金を払う金銭的な余裕も、スケジュール的な余裕もない学生も多いのではないでしょうか。

支払いが難しい場合でも、決してやってはいけない行為が一定数あります。

払うべき料金を滞納する

借金だけでなく、携帯電話料金の滞納も事故情報になります

そのため、借金があるときに払うべき料金を滞納してはいけません。

通販の後払いやリボ払いにも注意したほうが良いでしょう。

借金額や借り入れ状況の問題以前に、「期日までに定められた金額を支払わない」行為がNGだと考えておきましょう。

★記事リンク ネットプロテクションズ

借金を滞納する

借金がある場合、借金を滞納する行為も勿論NGです。

学生ローンを利用する学生は多いですが、滞納せず契約に基づき正しく返済することが大前提です。

返済が滞ると、督促状が届くなど深刻な状況になることも少なくありません。

借金も学生ローン同様、返済期日を忘れたり過度の支出で返済が難しくなってしまった場合、督促状が届くなどデメリットが多数あります。

就活中の身辺でのトラブルは好ましくないですし、就活に集中できないので、借金がある場合もきちんと返済期日を守りスムーズに返済することがとても大事になってきます。

借金で採用が左右されることがないからといって、滞納して良いわけではないことを忘れないでください。

借金を返すために新たな借り入れをする

就活中で余裕が無いからといって、借金返済のために新たな借り入れをするのもNGです。

複数の業者から借り入れをすると、利息が何倍にもなり借金総額が増えるばかりで、「多重債務」になってしまいます。

多重債務は「おまとめローン」で解決できる場合もありますが、「おまとめローン」は借金を一本化するために新たなローンを組む必要があります。

収入面が不安定な学生は「おまとめローン」の審査自体通りにくいですし、利息は継続されます。

自力での返済がどうしても難しいと感じた場合は、早い段階で弁護士に相談したり法テラス利用を検討したほうが良いでしょう。

ヤミ金や個人間融資を利用する

借金返済が困難になると、審査なしでお金を貸してくれる個人間融資や、ヤミ金からお金を借りる行為が頭をよぎる人も少なくないでしょう。

当然、ヤミ金や個人間融資を利用するのも絶対にNGです。

多重債務では自力で完済することは困難になりますし、ヤミ金を利用すると法律を無視した悪質な取り立てなどによって、精神的に追い詰められてしまいます。

利息も法外になり、借金返済に悩む経済面が不安定な学生にとってプラスの要素は一つもありません。

冷静になって返済プランを立て直したり、生活を見直して、収入と支出のバランスをもう一度考え直してみましょう。

本当に貸してくれる個人間融資は?急いでお金を用意する7つの選択肢
本当に貸してくれる個人間融資はないかな?なんて探していませんか。急いでお金が必要なときは焦って判断も甘くなりがちです。このページでは、個人間融資のリスクや利用する前に検討したい7つの選択肢もまとめて紹介します。リスクを背負うにしても、できるだけ安全なリスクを選びましょう。

債務整理という選択肢

借金が膨れ上がり、自力での返済が困難になってしまう学生も多いのではないでしょうか。

どうしても返済が難しい場合、「債務整理」の選択肢があります。

債務整理を検討する前に知っておきたい基本情報を、抑えておきましょう。

どうしても返済が難しいときは債務整理の検討を

就活をしながらアルバイトを並行していても、借金返済が難しい場合もあります。

自力での借金返済が難しい場合は、債務整理をして借金問題を解決するのも一つの手段です。

債務整理をして任意整理で利息がカットされれば、返済ストレスが軽減する可能性もあります。

債務整理で借金を減らす

債務整理したら就活でバレる?

債務整理をしても、就活でバレることはほとんどありません。

戸籍謄本や運転免許証など公的書類に、債務整理や自己破産の事実が記載されることがないので、就活の際に書類で債務整理の事実がバレることは無いです。

信用情報照会も目的が限定されていて簡単に開示できないので、企業側に債務整理をしていることを知られる可能性はほぼゼロです。

債務整理をしていたとしても、臆することなく堂々と就活に臨めます。

債務整理による就活への影響は?

債務整理をしていても、就活への影響は基本的にありません。

一般企業は学生の信用情報を調べられないので、債務整理が就活に悪影響を与える可能性は極めて低いです。

ただし、銀行など信用が重視される金融系企業への就職を考えているのであれば、注意は必要です。

金融系企業は信用情報の照会が可能ですから、債務整理の有無を調べて債務整理をしたことが分かると敬遠される可能性が高いです。

信用を問題視しない業者であれば、債務整理を理由に採用が左右されることはありえないので、学生本人が就職したい業種や企業によって、影響の有無は変わってくると言えるでしょう。

債務整理による資格制限

債務整理をして自己破産をすると、資格制限を受ける対象になってしまいます。

資格制限とは、自己破産をした人が一時的に一定の仕事に就けなくなることを指します。

資格制限で就職できなくなる職業は、以下のとおりです。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 税理士
  • 行政書士
  • 警備員
  • 保険外交員
  • 不動産の宅建業者
  • 旅行業者
  • 貸金業者
  • 測量業者
  • 通関業者
  • 卸売業者
  • 風俗営業

他にも、判断能力が低下した人の財産を管理する後見人になることもできなくなります。

上記以外の仕事には就職できるので、資格制限による就活への影響はそこまで大きくないと考えていいでしょう。

債務整理を知られたら解雇される?

債務整理を理由に解雇されるなど、不利益処分になることはありえません。

もし債務整理を理由に、減給・解雇・降格といった不利益処分を受けた場合、その会社は違法行為を行ったとして法的な立場が悪くなってしまいます。

会社側がリスクを負ってまで、債務整理を理由に解雇を言い渡すことはありえないのです。

不利益処分を受けることがなくても、雰囲気が悪くなってしまったり、周囲からの扱いが変わり気まずくなったり、職場に居づらくなってしまう「事実上の不利益」を受ける可能性はあります。

事実上の不利益を受けた場合、自ら辞職をせざるを得なくなってしまうので、債務整理を周囲に知られないよう注意しながら進めることが大事になってきます。

小さな企業や事業所であれば、債務整理や借金がバレても応援してくれたり、弁護士費用を貸してくれる経営者もいます。

債務整理をするときは、自分が就職したい企業や業種の体質や考え方をよく考慮して利用しましょう。

債務整理で借金を減らす

大学生の借金事情

若さゆえの交友関係や多忙なスケジュールから、借金をしている大学生も少なくありません。

借金ありの大学生の内訳や、平均的な借入金額を確認しましょう。

借金ありの大学生の割合は?

借金がある大学生の割合と借金額は、以下のようになっています。

年代借金(奨学金含む)がある学生の割合現在の借金額(奨学金含む)
大学4年生35%平均198万円
社会人1年生40%平均187万円

借入先は、大学4年生・社会人1年生ともに奨学金からが首位を占めています。

就活中の現役大学生でも3割、社会人になれば4割が借金を経験しているとなると、学生の借金は思った以上に身近なものに感じられます。

借金に悩んでいるのは自分だけではないと意識し、絶対に就職して返済しようと前向きに就職活動に臨むことが大事になってきます。

大学生が借金する理由は?

大学生が借金をする理由は、大きく分けて6つあります。

  • 学費・生活費を賄うため
  • バイト代が減ってしまったため
  • サークル・交際費のため
  • 就職活動のため
  • 引越しのため
  • 親に仕送り増額を言い出せないため

学費は4年間で200万円~400万円ですが、一人暮らしをしていると家賃や生活費もかさんできます。

こうした生活費や学費を賄うために、奨学金から借金をする学生も多数いるでしょう。

大学生の借り入れは要注意!

大学生の借り入れは、注意が必要です。

奨学金を利用している学生は多いですが、低金利の奨学金でも、借金に変わりはありません

大学生で借り入れをする際は、以下の注意点を頭に入れておきましょう。

  • 学生はそもそも低収入
  • 借金が困難で学業が疎かになってしまう可能性がある
  • 返済が厳しくなれば生活が追い詰められる

アルバイトをしている大学生でも、一か月の収入は4万円~8万円程度と、決して高収入ではありません。

また、借金を返済するためにアルバイトに尽力して学業が疎かになり、留年してしまえば学費はかさみ悪循環です。

返済が滞れば、督促の電話や手紙が届き、生活も精神面も追い詰められます。

もしどうしても借金をしなくてはならない場合は、借りられる額と返せる額は違うことを念頭に置いて、計画的にお金を借りるよう注意してください。

今すぐお金を借りる

就活中で借金支払いができないときは早めの対処を

自分の将来のために就活をしながらも、サークル代や学費のために借金をしてしまう学生も多数います。

就活に借金の有無は無関係ですし、計画的に返済して完済できれば何ら問題はありません。

ただ、やむを得ない理由で自力での返済が困難になってしまうケースがあるのも事実。

自力返済が困難な場合は、闇金や個人間融資は絶対に利用せず、速やかに債務整理や法テラスを利用しましょう。

ストレスなく就活を進めるためにも、冷静に現在の返済状況を見直してください。

タイトルとURLをコピーしました