プロミス【WEB完結】カードローン申込&かんたん本人確認書類とは

しぶしげ
しぶしげ

誰にもバレずにカードローンを申し込みたいんだけど…

ゼニット
ゼニット

それならプロミスのWEB完結カードローンがおすすめだゼニ。WEBだけで申し込みが完了するゼニ!

プロミスのカードローンは、申し込みから借入までをWEB上で完結できます。

誰にもバレずに申し込みをしたい場合や、すぐに融資を受けたい場合には非常に便利なサービスです。

ここでは、プロミスWEB完結カードローンの申し込み方法や本人確認書類からメリットまで、詳しくわかりやすく解説します。

プロミス【WEB完結】カードローンの申し込み方法

まず最初に、プロミスカードローン申し込みをWEBで完結させる方法について解説します。

ステップ1:カードローンを申し込む

まずは、WEB上からカードローンの申し込みましょう。

スマホやパソコンから申込むことができます。

必要事項をフォーマットに従って入力するだけですので、内容に関しては非常に簡単です。

また、申込の際には身分証明書を提示する必要があります。

スマホなどで撮影したものをアップロードしましょう。

ステップ2:審査を受ける

 

申し込みが完了すると審査が始まります。

審査にかかる時間は、借入希望額や混雑状況によって変化しますが、50万円以内の借入であれば最短15秒での審査が可能です。

また、審査の結果については電話もしくはメールでの連絡を選べます。

家の中などで、家族に内緒で借入を受けたい場合は、メールでの結果連絡を選ぶと良いでしょう。

ステップ3:契約

審査が完了すると、借入上限額が提示されます。

契約の内容を確認し、振込先の情報などを入力すると、借入を受けられるようになります。

この際に気を付けたいのは、カードの受け取りに関してです。

全てをWEBで完結させたい場合は、カード不要を選びましょう。

カードを申し込んでしまうと、郵送などでローンカードの受け取りが必要になってしまします。

ステップ4:借入を申込む

審査が完了すると、すぐに借入を申込むことができます。

契約完了の画面で、借入金額を入力することも可能ですので、すぐにお金が必要な人はここから申込みましょう。

今後の借入に関しては、WEBもしくはプロミスのアプリから申込めます。

以降の借入や返済に関しても、WEBで完結できるのは嬉しいポイントです。

プロミスWEB完結の本人確認方法

次に、プロミスの申し込みを行う際の、本人確認方法について解説していきます。

それぞれの方法で使用できる書類が変わりますので注意しましょう。

WEBで完結させる場合の本人確認方法は2種類

プロミスのカードローン契約をWEBで完結させるためには、「金融機関口座でかんたん本人確認」もしくは「アプリでかんたん本人確認」で本人確認を行います。

それぞれの方法で使用できる本人確認書類が変わりますので注意しましょう。

金融機関口座でかんたん本人確認

金融機関口座でかんたん本人認証は、手持ちの銀行口座を元に本人確認を行う方法です。

金融機関を解説する際に、厳格に本人認証を行っていることを利用して、カードローンに転用することができます。

そのため、幅広い本人確認書類に対応している点が魅力です。

金融機関口座でかんたん本人確認にて使用できる書類

金融機関と連携して本人確認書類を提出する場合は、以下の書類を使用することができます。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(2020年2月3日以前に発行されたもの)
  • マイナンバー(個人番号)カード (通知カードは不可)
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

 

パスポートに関してですが、2020年3月以降に発行されたものには住所の記載がないため、本人確認書類として使用することができません。

また、身分証に記載されている住所と、現住所が異なる場合は、下記の補助書類を用意しましょう。

 

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

 

アプリでかんたん本人確認の場合

アプリでかんたん本人確認は、プロミスの公式アプリを使用して本人確認書類を提出する方法です。

アプリの指示に従って、写真撮影をする要領で書類を提出できます。

最初からアプリで審査の申し込みをしている場合は、その後の手続きまで一貫して行えるので非常に便利です。

さらに、借入や返済の手続きも併せて行うことができます。

アプリでかんたん本人確認で使用できる書類

アプリでかんたん本人確認で使用できる書類は以下の通り

 

  • 運転免許証
  • 在留カード
  • マイナンバー(個人番号)カード

 

ただし、身分証に記載されている住所と、現住所が異なる場合は、下記の補助書類を用意しましょう。

 

  • 健康保険証
  • パスポート(2020年2月3日以前に発行されたもので)
  • 住民基本台帳カード
  • ※公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • ※住民票の写しまたは住民票
  • ※国税または地方税の領収書
  • ※社会保険料の領収書

※印のついたものは発行から6カ月以内のもの選びましょう

借入の希望額によっては収入証明が必要になる点に注意

借入にあたって、以下の条件を満たす場合は、収入証明書の提出が必要になります。

 

  • ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
  • ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま

 

収入証明書として使用できる書類は次の通りです。

 

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

 

賞与明細書が手元にない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書を用意しましょう。

収入証明書は用意するのに時間がかかる可能性もありますので、あらかじめ用意しておくことをおすすめします。

プロミスのWEB完結カードローンのメリット

前述の通り、プロミスのカードローンはWEBで申し込みが完結するサービスです。

提供までのスピードや周囲にバレる心配がないなど、さまざまなメリットがあります。

郵送物なしでバレずにカードローンを申し込める

プロミスのWEB完結で申し込めば、ローンカードの発行が必要ないため、郵送物なしで利用することが可能です。

郵送物は家族などにカードローン利用がバレる一番の要因です。

とくにローンカードを自宅に郵送するタイプの会社は、バレるリスクが高くなるため注意が必要です。

こういった余計なリスクを減らせることは大きなメリットと言えるでしょう。

借入を24時間365日申し込める

プロミスは原則24時間365日借入を申込めます。

自分の銀行口座へ直接振り込みをしてもらえるので、ATMや店頭で引き出す必要はありません。

また、土日や祝日でも利用できる点が大きなメリットです。

スマートフォンアプリなどを利用することで、すぐに借入を申請することができ、最短15秒というかなり短い時間で融資を受けられます。

また、振込手数料がかからないこともうれしいポイントです。

カードローン審査が済めば即日融資を受けられる

WEBで申し込んだ場合の審査は最短30分で完了、すぐに融資を受けられるようになります

そのため、出先などで急にお金が必要になった時でも、スマートフォンなどから申込めば、その日のうちにお金を手に入れることも可能。

困った場合の頼り先として非常に便利でしょう。

店舗や無人機に来店する必要がない

駅前などにある無人機ですが、なんとなく入るのに勇気がいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、往来がある店舗などでは人目が気になるということもあるでしょう。

WEB申し込みなら、自宅や外出先でも申し込みができます。

人目を気にせずに申し込みができる点も、人によっては嬉しいポイントでしょう。

タイトルとURLをコピーしました