プロミスアプリで本人確認ができない!どうする?解決策まるわかり

しぶしげ
しぶしげ

うーん、おかしいぞ…。プロミスの本人確認がうまく承認されない…。

ゼニット
ゼニット

本人確認書類は、申込方法によって使えるものが変わるゼニ。急ぐならしっかりと確認するゼニ。

カードローンを申し込む際には、本人確認が必要になります。

各カードローン会社によって、申し込み方法や使用できる書類はそれぞれです。

しかし、まれに本人確認書類の提出がうまくいかないといったことも。

今回は、プロミスのカードローン申し込みにおける、本人確認書類の提出がうまくできない場合の対処方法を紹介します。

【プロミスアプリ】WEBアップロードで本人確認できない場合

プロミスはカードローンの申し込みをWEBで完結できる便利なサービスです。

本人確認書類もWEB上で提出できます。

ここでは、WEB上で本人確認ができない場合の対処法を紹介します。

本人確認証が正しいものかを確認する

本人確認証が正しいものかを確認する

プロミスのカードローンで、WEB上に本人確認書類をアップロードする場合には、以下の書類が使用できます。

各種書類には提出に関する条件も決められていますので、注意してアップロードしましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(2020年2月3日以前に発行されたもの)※1
  • マイナンバー(個人番号)カード ※2
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

※1 2020年2月3日以降に発行されたパスポートには、住所が記載されていません。そのため、本人確認書類として使用することができません。

※2 マイナンバーカードは、通知カードの使用はできません。必ず、申請したカードを使用しましょう。

書類の住所が現住所と違うときは

本人確認書類に記載された住所と、本人確認書類に記載された住所が異なる場合は、以下の補助書類を提出する必要があります。

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

これらの書類は発行から6カ月以内の書類を用意する必要があります。

WEB上にアップロードするときはの写真の撮り方に注意

プロミスのカードローン申し込みにあたって、WEB上で本人書類をアップロードする場合には、スマホなどで撮影した写真を使用します。

カメラロール内に保存されている画像、もしくは新たにカメラで撮影した画像を使用しましょう。

撮影の際には、以下の点に注意すると良いでしょう。

  • 画面からはみ出して見えない部分が無いようにする
  • 撮影した写真の文字がすべて見えるかどうかを確認する
  • 写真を撮影する際の明るさに注意する
  • 光の反射で見えない部分がないように撮影する

一番はすべての文字がしっかりと読み取れることです。

こういった写真を撮影するのは、提出書類が本物かどうかを確認するという意図もあります。

見えない部分があると判断できないこともあり、再提出を求められることも。

審査にさらに時間がかかってしまいますので、丁寧に撮影することを心掛けましょう。

プロミス「アプリでかんたん本人確認」ができない場合

アプリでかんたん本人確認は、プロミスのカードローン申し込みに関する審査書類をアプリ上で提出できるサービスです。

アプリ内のカメラ機能を使用して、書類を撮影するだけで簡単に書類を提出することができます。

ここでは、アプリでかんたん本人確認がうまくいかない場合の対処法を紹介します。

WEBアップロードとは異なる書類が必要

アプリでかんたん本人確認では、WEBアップロードとは異なる本人確認書類が必要になります。

正しい本人確認書類を提出しましょう。

アプリでかんたん本人確認で使用できる本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 在留カード
  • マイナンバー(個人番号)カード ※1

※1 マイナンバーカードは、通知カードの使用はできません。必ず、申請したカードを使用しましょう。

書類の住所が現住所と違うときは

WEB上にアップロードする場合と同じく、本人確認書類に記載された住所と本人確認書類に記載された住所が異なる場合は、以下の補助書類を提出必要があります。

WEB上にアップロードする場合とは、使用できる書類が異なりますので、こちらも注意しましょう。

  • 健康保険証
  • パスポート(2020年2月3日以前に発行されたもの)※1
  • 住民基本台帳カード
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)※2
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書※2
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書※2
  • 社会保険料の領収書※2

※1 2020年2月3日以降に発行されたパスポートには、住所が記載されていません。そのため、本人確認書類として使用することができません。

※2 これらの書類は発行から6カ月以内の書類を用意する必要があります。

アプリ内のカメラで正確に撮影ているか

プロミスアプリのカメラを起動すると、画面に赤い枠(ガイドライン)が表示されます。

必ず、その赤い枠内に収まるように撮影をしましょう。

また、WEBアップロードの際の注意点が、ここでも役立ちます。

撮影した書類の内容がはっきりと見えることが重要です。

プロミス アプリで本人確認できない場合は他の方法を利用しよう

本人確認書類をWEB上やアプリでアップロードができない場合は、郵送で書類を提出することができます。

ただし、日数がかかるなどのデメリットがありますので注意しましょう。

郵送で申し込む場合は日数がかかる

郵送で本人確認書類を行う場合は、日数がかかる点に注意しましょう。

自分からプロミスに宛てて書類を送るまでの日数が余計にかかりますので、すぐに借入を受けたい場合にはおすすめできません。

どうしても早く融資を受けたい場合は、なんとかWEBでアップロードできるようにしましょう。

郵送の場合は用意する書類が多くなる

郵送の場合は、複数の書類のコピーを送付する必要があります。

本人確認書類を2種類、もしくは本人確認書類と補助書類を1種類ずつ提出しましょう。

郵送で使用できる本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(2020年2月3日以前に発行されたもの)※1
  • マイナンバー(個人番号)カード ※2
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

※1 2020年2月3日以降に発行されたパスポートには、住所が記載されていません。そのため、本人確認書類として使用することができません。

※2 マイナンバーカードは、通知カードの使用はできません。必ず、申請したカードを使用しましょう。

郵送で使用できる補完書類

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

これらの書類は発行日から6ヶ月以内のものを用意しましょう。

本人確認書類に記載された住所と現住所が異なる場合

本人確認書類の記載住所が現住所と異なる場合は、補助書類を2点提出する必要があります。

また、現住所の記載がされていない補助書類を提出することはできません。

タイトルとURLをコピーしました