おばあちゃんにお金を借りる方法|祖母に借りるルールとは?

おばあちゃんにお金を借りるならルールも必要|親しき仲にも礼儀ありお金を調達する

おばあちゃんからお金を借りる方法を知りたいんですが、何かいい方法はありますか?

かしこまりました。お祖母様からお金を借りる方法に加えて、祖母様からお金を借りる注意点をご紹介していきます。

おばあちゃんからお金を借りる方法

おばあちゃんからお金を借りるためには、以下の点を押さえることが大切です。

  • 電話ではなく直接会って話す
  • 借りたい理由を正直に話す
  • 借用書を作る
  • 返済計画をきちんと作る

祖父母からすれば、自分の子供より孫が可愛いと思っている人も多く居て、比較的甘い考えになってしまうケースも少なくありません。

孫であるあなたもその甘さに慣れてしまい、付き合い方も曖昧なものになってはいないでしょうか?

 

親しき仲にも礼儀は必要だよね。おばあちゃんの優しさを利用せず、お金を借りるなら最低限のルールは守ろう!

祖母様に借りる前に、自分で調達する方法がないかも検討してみると良いでしょう。低金利で即日融資してくれるサービスもあります。

今すぐお金を借りる

電話ではなく直接会って話す

おばあちゃんだからと言って、ついつい甘えてしまい、電話だけで「あ、おばあちゃん?ちょっとお小遣い振り込んで欲しいんだけど」なんて連絡をした経験はありませんか?

それでは人として、あまりにも礼儀がなっていません。

あなたが借りるそのお金は、おばあちゃんが若い頃からコツコツと苦労して貯めたお金。もしかしたら、年金からなんとか工面したお金かもしれません。

せめて手土産の一つも持って、おばあちゃんへの感謝の気持ち、お詫びの気持ちを伝えましょう。

電話一本で孫に振り込むことに慣れてしまうと、おばあちゃんが特殊詐欺に引っ掛かりやすくなる恐れもあります。

可愛い孫のためと思って振り込んだ先が、特殊詐欺だったなんてことになると、おばあちゃんもおじいちゃんも、心身ともに大きなダメージを受けることになります。

借りたい理由を正直に話す

おばあちゃんにお金を貸してもらうときは、その理由について本当のことを伝えましょう。

冠婚葬祭で費用が必要になった、給料が少なくて生活がきつい、個人的な事情で生活費を使ってしまったなど、様々な理由があると思います。

本当はギャンブルで使い込んだのに「冠婚葬祭で」などと嘘をついて借りれば、あなたのことを大切にしてくれている、おばあちゃんを裏切ることになります。

嘘がバレてしまったら、おばあちゃんからの信頼も失ってしまうでしょう。

借用書を作る

おこづかい程度の金額ならまだしも、50万円、100万円といったまとまった金額を借りるなら、身内とはいえ借用書を作るようにしましょう。

おばあちゃんから借用書などいらないと言われたとしても、そこはお金を貸してくれるおばあちゃんのためにもしっかり書面で残しておきたいですね。

どんなに親しくても、お金の関係はトラブルに発展しがちなので、きちんとしておきましょう。

笑う女性

もちろん借用書を作るだけではなく、返済もキッチリするのが大前提です。

返済計画をきちんと作る

景気は一向に改善せず、社会人でも生活が厳しいことはおばあちゃんも理解してくれるかもしれません。

ですが、おばあちゃんも少ない年金でなんとかやりくりしている可能性もあります。

あなたが得ている収入と基本的な生活費等を示して、その中から毎月どれくらい返済して行くのか、その具体的な予定を書き記して渡すようにしたいですね。いつお金が戻ってくるかわかれば、おばあちゃんも少しは安心できるでしょう。

おばあちゃんからお金を借りると税金がかかる?

おばあちゃんからお金を借りるにも、金額によっては贈与税がかかってきます。

贈与税は1月1日から12月31日までの総計で110万円以上借りた場合で、借用書もなく無利子である場合は借りた本人に納税義務が発生します。

国税庁

ただし、借りたお金が110万円を超えていても借用書を作成し、利子をつけて返済計画も示すことで、贈与の扱いになることを回避できます。

笑う女性

ところで、年に110万円以上もお金を借りて、お祖母様の生活は大丈夫でしょうか?

は、はい、よく相談してみます!

おばあちゃんのお金も無限ではない

おばあちゃんの収入は年金以外にあるでしょうか。

年金をもらえるといっても、その金額はそれほど多くはないはず。物価上昇でおばあちゃんの生活も楽ではないでしょう。

若い頃からの貯金があったとしても、相当切り詰めなければ、おばあちゃんも生活ができません。

おばあちゃんの財布からは無限にお金が出てくるわけではないのです。

できればおばあちゃんに頼らずに解決できる方法を探してみてはいかがでしょうか。

公的機関から借り入れる

大切なおばあちゃんのためにも、銀行等の金融機関から融資が受けられないか、公的機関の融資制度を利用して借り入れができないか調べてみましょう。

しかるべきところで調べれば、減収や失業で困っている方に向けた支援金や補助金等の制度もあります。

お金を支援してくれる団体をまとめて紹介!困ったらまずは相談!
生活が苦しいとき、支援してくれる制度っていないでしょうか? 生活に困ってる人を助けてくれる団体は結構あります! お金を支援してくれる団体を活用しよう 給料...

お金が足りない理由が、借金の返済であったとしても、債務整理の相談や借金返済のためのお金を貸してくれる支援団体もあります。

本当に支援してくれるサイト紹介|お金に困ったらココをチェック!
お金を支援してくれるサイトは複数あります。公共機関が運営するサイト等、安全なサイトもありますが、怪しいサイトもあるので利用する際は十分な注意が必要です。このページでは、安心して利用できるお金を支援してくれるサイトを紹介しています。困ったときにはこちらの情報を参考にして、早めに相談して、お金の問題を解消していきましょう。

金融機関から借り入れる

おばあちゃんにお金を借りる前に、金融機関の利用も検討してみましょう。

金利が低いところだと3%~で借りれる金融機関もあるので、ぜひチェックしてみていただきたいです。

金融機関から借りれば最短即日で資金の借り入れが可能ですし、何よりおばあちゃんに余計な心配をかけなくて済みます

おばあちゃんからお金を借りるよりも高額な借り入れも可能なので、本当に必要な金額が借りれるのが強みです。

今すぐお金を借りる

笑う女性

高額の借入は返済が大変ですから、計画的な借り入れが大切です。

おばあちゃんにお金を借りるデメリット

おばあちゃんからお金を借りるデメリットは、親バレです。

「お母さん(お父さん)には言わないでね!」と言っておいても、ポロッと漏らしてしまうこともあるでしょう。

また、アナタの生活の変化から勘付く親もいるでしょう。

そういった危険性を理解して、両親や親戚にバレてしまったときにこっぴどく怒られる覚悟を決めてから、おばあちゃんからお金を借りましょう。

やっぱりおばあちゃんにお金を借りるのはやめて、金融機関に頼ることにするよ。

とても良い選択だと思います。余計な不安もかけませんし、適切に金融機関を選べば金利もとても安いですからね。

今すぐお金を借りる

タイトルとURLをコピーしました