彼氏にお金を借りることのリスク|彼氏を大事に思うならやめとけ!

しぶしげ
しぶしげ

彼女ができてさぁ、お金貸してって頼まれたらどうしよう?貸したほうがいい?

ゼニット
ゼニット

おまえ、妄想が過ぎるゼニ。

彼女ができるって妄想は置いといて、お金貸してって言う彼女はちょっと考えもんだゼニ。

彼氏にお金を借りる彼女ってどうなの

真剣に結婚を考えるような仲ならば、彼氏にお金を借りるのはやめておいた方が良いかもしれません。

彼女に「お金を貸して」と頼まれたり、実際にお金を貸している彼氏たちの生の声を聞いてみると、こんな意見がありました。

  • お金を無心する姿を見て冷めてしまった。
  • 将来結婚したら金銭面で不安。
  • ホストとかにつぎ込んでるんじゃないかと疑いたくなる。
  • 借りるのが当たり前みたいになっている彼女はもうムリ。
  • 貸したお金は返ってこないと思っていたけど、本当に返ってこなかった。
  • 俺は都合の良いATMか!って不快になってきた。

男というのは、女性の前でどうしてもカッコつけたくなるもので「お金貸して」と言われると、嫌でも「良いよ」と言って貸してしまうものです。

でも心の中ではこんな風に考えている可能性が高いのです。

よほどの事情があれば話は別ですが、軽い気持ちで彼氏にお金を借りるというのは避けたほうが良いですね。

彼氏にお金を借りることのリスク

ジュースを買う時に大きなお金しかなく、「100円貸して」というレベルなら問題ないかもしれません。ですが、しょっちゅう「◯万円貸して」などと彼氏にお金の無心をしているようだと彼氏との信頼関係も崩れていくでしょう。

彼氏を大事に思うなら、そんなことは避けたいですよね。

また彼氏の友達関係から「あの女は金の無心ばかりしてくる」とか「金銭感覚が無茶苦茶だ」などと、噂が広がり、アナタの評判を汚してしまう可能性もあります。

一旦失った信頼を取り戻すのは非常に難しいものです。特に金銭面でだらしがないというのは人を遠ざける要素と言えるでしょう。

もし、彼氏にお金を借りるにしても、キチンとした理由を伝えたいですね。

どうしても彼氏にお金を借りるなら

彼氏にお金を借りる理由を伝える

彼氏に限らずですが、お金を借りるなら相手にキチンとした理由を伝える必要があります。

給料が少なかった、奨学金が返せなかった、実家が貧乏などなど、真っ当な理由があれば、彼氏も理解してくれる可能性はあります。

理由をうやむやにしたり、単なる甘えでお金を借りようとすれば、「他に男でもいるのではないか?」「変な遊びにはまっているのではないか?」など、疑惑や不信感を持たれる事になります。

彼氏にお金を借りるにしても借用書を

当たり前の話ですが、それなりの金額を借り入れるなら、相手は彼氏と言えど、借用書は作るべきです。

口約束で「ちゃんと返す」と言うよりも、アナタへの信頼度は少しは違うでしょう。

「恋人なのにそこまでしないといけないの?」と思うかもしれませんが、「金の切れ目は縁の切れ目」と言う言葉があります。

お金でこじれると、親子や兄弟関係でさえも壊れることが多々あります。恋人関係レベルで破綻しても不思議ではありません。

どうしても彼氏にお金を借りる必要があり、それでも彼氏と良好な関係を保ちたいなら、「そこまで?」と言うような事でもしっかり対策しておくべきでしょう。

返済計画を話し合う

彼氏に借りたお金を少額ずつしか返済できない場合でも、キチンと2人で話し合い、お互いに納得いく返済計画を作りましょう。

アナタの真摯な姿勢は、間違いなく彼氏のハートを釘付けにするはずです。

無理強いをしない

お金持ちの彼氏ならともかく、彼氏にも自分の生活があり、限られた収入の中でなんとかやりくりしていることでしょう。

そこで彼氏がお金を貸してくれないからと、アナタが拗ねたり「甲斐性なし!」なんて怒ったりすれば「なんだ?この女!」と思われるのがオチです。

中には男は女に貢ぐもの!などと考えている女性もいるようですが、もしあなたがそうなら彼氏は悲しむことでしょう。

彼氏にお金を借りる前に身内に頼めない?

彼氏にお金を借りる以外の方法

アナタがお金に困っているとして、彼氏にお金を借りる前にご両親などから借りる事はできないでしょうか?

まずは身内に相談を

彼氏にお金を借りるよりも、まずは身内に力を貸してくれる人がいないか探してみませんか。それが可能なら少なくとも彼氏との関係性にヒビが入ることは避けられます。

友だちに頼るのもリスクあり

彼氏からお金を借りる前に、友達に頼るという方法もありますが、それはそれで友達関係にヒビが入る可能性があります。

また、内緒で友達からお金を借りた事が、彼氏の耳に入れば「なんで俺を頼らない!」と話がこじれる可能性もゼロではありません。

小さなお金ならともかく、まとまったお金を借りるなら、友達も避けたいところです。

彼氏や身内に以外からお金を借りる方法も確認しよう

「彼氏との良好な関係を壊したくない」「親や友人に変な心配をかけたくない」という場合は、何か他の方法で借り入れができないか確認してみましょう。

自治体の支援制度を利用する

お金が必要な理由にもよりますが、国や自治体からお金を借りるという方法もあります。

生活費が足りない場合や、学費などが足りない場合など、ケースに応じた支援金制度というのがあるので、まずはあなたの使える制度が無いかチェックしてみてください。

例えば「とにかく生活費が足りない」という場合は「生活困窮者支援制度」という制度があります。地域の相談窓口に相談してみましょう。

その他にも借り入れができる行政サービスや支援団体があります。詳しくはこちらの記事でご覧ください。

カードローンを利用する

一時的な借り入れならば、カードローンでの借り入れという方法もあります。

18歳以上の学生でも借り入れが可能な、学生向けのカードローンなどもあります。

初めてカードローンを借りる方は、カードローン会社に怖いイメージを持っているかもしれません。

通常であればカードローン会社の金利は18%前後かかるのですが、早期完済が可能なら金利がかからないカードローンもあります。

カードローンは怖いイメージがあるかもしれませんが、計画的に利用することで心強い味方にもなるのです。

しぶしげ
しぶしげ

やはり、恋仲と言えどお金のトラブルはちょっとね。

ゼニット
ゼニット

まぁ、オマエは心配すんな。

タイトルとURLをコピーしました