PR

お金がないストレス対処法!お金の問題をイチから見直そう!

お金がないストレス対処法 お金が払えない

お金がないストレスで毎日つらいです…。どうすれば金欠を脱出できるのでしょうか?

お金がないストレスは、ちょっとした工夫で軽減できます。対処法を一緒に確認しましょう。

おすすめの借入先 PR
アコム
  1. お金がないストレス対処法
    1. 断捨離して不要品を売る
    2. 副業を見つける
    3. お金のかからない趣味を見つける
    4. 規則正しい生活と適度な運動を心がける
  2. お金がないことをストレスにしない行動・考え方
    1. 収支をしっかり把握する
    2. 周りと比較しない
    3. お金を使うポイントと節約ポイントを分ける
    4. お金があってもお金のストレスはなくならない
  3. お金がないストレスを解消!原因から整理しよう
    1. 家計簿を付ける
    2. 無駄な出費を見直す
    3. 自炊して外食を減らす
    4. 飲み会の回数を減らす
    5. お金がかかる交友関係を見直す
    6. 予算を決める
    7. ポイントを上手に活用する
  4. どうしてもお金が必要なときの解決策
    1. アルバイトでお金を稼ぐ
    2. 副業を始める
    3. 急ぐならカードローンを利用する
    4. 生活に困っているなら公的制度を利用する
  5. お金が貯まらない人の特徴
    1. 収支を把握していない
    2. コンビニをよく利用する
    3. お金のかかる趣味嗜好がある
    4. 浪費癖がある
    5. セール好き
  6. お金がないことによるストレスの特徴
    1. 周囲に相談しにくい
    2. 支出が常に気になる
    3. 常に支払いに追われている
    4. 我慢の連続
    5. ひどい労働環境から抜け出せない
    6. 予定外の出費への不安
  7. 「お金がないストレス」が及ぼすリスク
    1. 精神的・身体的なダメージを及ぼす
    2. 思考力・判断力が鈍る
    3. 感情のコントロールが困難になる
    4. タバコに依存する
    5. ギャンブルに依存する
    6. 浪費を招く
  8. お金がないとしても絶対避けたいNG行動
    1. ギャンブルで増やす
    2. クレジットカードや電子マネーで浪費
    3. クレジットカードの現金化
    4. 違法なバイトに手を出す
    5. 違法なヤミ金や個人間融資に手を出す
    6. 借金返済のために新たな借金をする
  9. お金がないときはストレスを溜めるよりお金を貯めよう!

お金がないストレス対処法

お金がないストレスは、下記の方法で解決可能です。

  • 断捨離して不要品を売る
  • 副業を見つける
  • お金のかからない趣味を見つける
  • 規則正しい生活と適度な運動を心がける

ストレスを取り除く具体的な方法を見ていきましょう。

断捨離して不要品を売る

お金がないストレスを感じている人の中には、買い物好きでつい浪費してしまう人もいることでしょう。

流行りのアイテムやブランド品にお金をかけたけれど、今となっては使わない商品も多いはず。そんな不用品を家の中から掘り出し、売却してみてはいかがでしょうか?

メルカリやヤフオクなど、フリマアプリであれば、思ったより高額で買取してくれるケースも。近隣のリサイクルショップを活用しても良いでしょう。

臨時収入が入れば、少し精神的にも余裕ができます。お金がないと悩む前に、断捨離をして不用品を換金しましょう。

副業を見つける

既に働いているけれど、毎月の支払いに追われ、経済的な余裕がなく、ストレスを感じるケースもあります。

現在の収入では不自由に感じるのなら、副業を見つける手段も良いかもしれません。

昨今はクラウドソージングサイトで、在宅の副業を簡単に始めることが可能です。サイト登録は基本的に無料なので、手の空いた時間に仕事をすれば、いつでもお金が稼げます。

ライティングや動画編集など簡単な仕事から、データ入力やWEBデザインなど、ある程度専門知識を問われる仕事もあり、ラインナップが豊富な点が魅力的。

あくまでも副業なので、本業が疎かにならないことが前提ですが、収入が増えれば楽しみや意欲につながり、ストレス解消に役立ちます。

お金のかからない趣味を見つける

お金がないと嘆く人は、無意識にお金がかかる生活をしがち。

ストレスを感じているならば、お金のかからない趣味を見つけましょう。

お金がかからない趣味として、例えば以下のような趣味が挙げられます。

  • ウォーキング・散歩
  • 写真撮影
  • キャンプ
  • 淡水魚飼育
  • 貯金・投資

上記で挙げた以外にも、安価で始められる趣味は探せばたくさんあります。

規則正しい生活と適度な運動を心がける

お金がない問題を直接的に解決する方法ではありませんが、慢性的なストレスを脱するために、生活を見直すことも視野に入れましょう。

生活の見直しとしては、十分な睡眠を確保し、適度な運動を心がけることが大切。規則正しい生活を送ると、時間を有効活用できるうえに、精神的なストレスが軽減します。スポーツ庁では、運動によってストレスが解消された人が多数いるとのデータも出ています。

激しい運動でなくても、ちょっとしたエクササイズや筋トレを生活に取り入れれば、精神的なストレスから少しは解放されるでしょう。

お金がないことをストレスにしない行動・考え方

お金がないことをストレスに感じるのは自然なことですが、そのストレスを減らすためには、以下のような行動・考え方が役立ちます。

  • 収支をしっかり把握する
  • 周りと比較しない
  • お金を使うポイントと節約ポイントを分ける
  • お金があってもお金のストレスはなくならない

お金のストレスを感じない生活を送るためには、是非これらのポイントに注意してみてください。

収支をしっかり把握する

お金がないとストレスを感じている人は、収支を把握していない人が多数。

収支を管理せずにどんぶり勘定を続けていると、お金の管理が大雑把になるため、注意が必要です。

収支を把握する方法の例は、以下のとおり。

  • 毎月の収入額から使っても良い金額を整理する
  • 家計簿アプリでお金を管理する

生活費や固定費を把握すれば、無駄な出費を防ぐことができます。

毎月いくら必要で、いくら足りないかマメに確認すると、漠然としたストレスを感じずに済むでしょう。

周りと比較しない

友人や知人など、周りと比較してお金がないと悩む行為も、ストレスを引き起こす原因に。

昨今は、同年代の平均貯蓄や収入などのデータが集めたネット記事が多数投稿されています。他人の発言やデータと自分自身を比較して、一喜一憂する考え方をやめれば、ストレスから脱することができますよね。

他人と比較してしまう人は、自分は自分・他人は他人と割り切る考え方も、大切でしょう。

お金を使うポイントと節約ポイントを分ける

お金がないからと、生活を切り詰めることばかり考えていませんか?

お金を使うポイントと節約ポイントのオンオフを切り替えれば、お金に対するストレスを過剰に感じず済むでしょう。

お金を使いたい場合は、過度なご褒美による無駄遣いを控えて、自分の中の一大イベントとして、気持ち良く散財することが大事。

メリハリある思考を持ちましょう。

お金があってもお金のストレスはなくならない

お金に対するストレスを感じているのは、お金がない人だけではありません。

お金がある人でも、お金のストレスは尽きないものです。

お金を失うストレスや、毎月の支払い、ローンの問題など、お金の悩みはどんな人にだってあります。

誰しも完全にストレスが解消されないことを前提に、現状をストレスなく過ごす方法を考えたほうが、精神的な負担は軽減するでしょう。

今自分に与えられた環境を前向きに受け止めて、少しでも不安を感じない生活を目指したいですね。

お金がないストレスを解消!原因から整理しよう

お金がないストレスには、必ず原因があります。自分の生活を見直して問題点を改善すれば、ストレス脱出の糸口が見えてくるでしょう。

お金がない人に多く見受けられる原因と改善点を、解説します。

家計簿を付ける

お金がないと悩んでいる人は、まず家計簿を付けてみてはいかがでしょうか?

毎月何にいくら使っているか把握し、支出を管理するだけで無駄遣いを防げます。

リアルに家計簿を付けることを億劫に感じるのならば、スマホアプリで支出をデータ化しましょう。レシートを撮影してアップロードするだけで、データ化してくれる便利なアプリもあります。

家計簿の記録を習慣化すれば、毎月必要なお金と足りない金額が分かるので、検討してみましょう。

無駄な出費を見直す

固定費を見直して、無駄な出費を抑える手段もあります。

一般的な固定費と各項目に対する具体的な対処法は、以下のとおり。

費用 対処法
光熱費
  • 電気や水の無駄遣いを減らす
  • 電力会社や加入プランの見直し
保険料
  • 保証の見直し
  • 掛金が家庭の負担になっていないか検討する
通信費
  • 固定電話や新聞の有無を検討
  • スマホのプランを見直す

細々した固定費を見直してプランや通信会社を再検討すれば、無駄な出費を省くことが可能です。

使っていない部屋の電気は必ず消したり、通信手段はスマホのみにするなど、対処法はたくさんあります。

自炊して外食を減らす

外食が多く食費がかさんでいる人は、自炊中心の生活にシフトチェンジしましょう。

スーパーで食材を買い自炊すれば、コンビニでお弁当を買う値段で、何品も食事を用意することが可能です。

ファミレスや飲食店を頻繁に利用している人は、週に数回自炊するだけで、無駄な食費を大幅にカットできる可能性も。

学生や社会人になりたての人は、スケジュール管理に追われて自炊が難しいかもしれませんが、最近はネットで簡単なレシピもいくらでも検索できます。

飲み会の回数を減らす

学生や交友関係が多い大人は、飲み会で何かと出費がかさみがち。

娯楽や飲み会の回数を少し減らせば、浮いたお金を別のところに使うことが可能。

社会人になると付き合いで飲むこともしばしばありますが、誘われるままに飲みに行かず、自分の経済状況を客観的に見て判断しましょう。

月2~3回でも飲み会が減れば、お金がないストレスも解消できるのではないでしょうか。

お金がかかる交友関係を見直す

お金がないと悩む女性や学生に多いのが、交友関係にお金がかかり過ぎているケースです。

毎週のように食事に行ったり、頻繁に友人とショッピングをすれば、当然出費がかさみ、家計を圧迫することに。

とはいえ、交友関係を完全に遮断すると自分にとっても相手にとっても、さすがに物悲しいですよね。友人とは関係を保ちつつも、3回に1回は誘いを断るなど、休息を挟む感覚で交友関係を見直しましょう。

贈り物やプレゼントが多い人も、回数を見直すと良いかもしれませんね。

予算を決める

生活費の予算を決めておけば、無駄遣いを抑えて、慢性的にお金がないストレスを脱出できます。

例えば家賃は手取りの20%以下に設定したり、クレジットカードで支払う料金と現金払いする料金を区別すれば、支出の管理を明確に把握できます。

ポイントを上手に活用する

昨今はポイントを貯めて上手く活用する、ポイ活が流行中。

アンケートに答えてポイントをもらえるアプリや、キャッシュレスでポイントが還元されるシステムなど、ポイントを貯める方法はたくさん存在します。

なるべく色々なお店で利用できるポイントを中心に貯めて、お得に生活をしましょう。少額でもポイント支払いで毎月の出費を抑えれば、手元に残るお金が多くなります。

どうしてもお金が必要なときの解決策

お金に困っているとき、焦りや不安を感じることもあるかもしれませんが、慌てずに解決策を見つけましょう。以下は、お金が必要なときに役立つ方法です。

  • アルバイトでお金を稼ぐ
  • 副業を始める
  • 急ぐならカードローンを利用する
  • 生活に困っているなら公的制度を利用する

どの方法が自分にとって最適かは、状況によって異なります。それぞれの方法について詳しく説明していきます。

アルバイトでお金を稼ぐ

お金はないけれど時間が余っている人は、アルバイトを始めてみましょう。

専業主婦や学生は、時間を持て余すケースが多々あるはず。夕方数時間アルバイトしたり、午前中に少しパートに出るだけで、収入を増やすことができます。長期アルバイトに限らず、単発など、ちょっとした時間に働ける雇用形態が増加中。

今まで経験したことがない職業や業種に触れることができれば、社会経験にもなり一石二鳥。

アルバイトで稼いだお金でママ友とランチをしたり、友人と買い物に行けば、お金がないせいで行動を制限されるストレスからも解放されます。

副業を始める

仕事をしているけれどお金がない人は、在宅ワークで副業を始めても良いかもしれません。

帰宅してからの1~2時間副業に集中すれば、月数千円~数万円の増収も可能。

学生であれば授業が休みの日に、主婦なら昼間の数時間など、空いた時間を活用しましょう。

クラウドソージングサイトに登録して、暇なときに仕事を調査すれば、自分に合った副業を見つけられるはずです。

急ぐならカードローンを利用する

今すぐまとまったお金が必要な場合は、カードローンを利用しましょう。

銀行のカードローンは審査に時間がかかりますが、消費者金融のカードローンなら、審査時間も短く、即日融資も可能。

旅行やご祝儀が必要な場合に、急遽数十万円お金が欲しいケースもありますよね。

計画的に返済できるならば、急ぎの用事の際には、カードローン利用を検討しても良いでしょう。

生活に困っているなら公的制度を利用する

カードローンの審査にも通らず、アルバイトを続ける自信もなく生活が困窮している方は、公的制度を利用しましょう。

社会福祉協議会やハローワークならば、生活に困っている人や求職中の人でも、お金を貸し付けてもらえる可能性があります。

中小規模の事業を展開している人ならば、日本政策金融公庫から融資を受けることも可能。

お金が貯まらない人の特徴

お金がないと嘆く人には、いくつか特徴があります。

何故お金が貯まらないのか、原因や理由を解明すれば、ストレスからの脱却につながるはず。

お金がない人の特徴を紹介するので、自分が当てはまっていないかチェックしましょう。

収支を把握していない

お金が貯まらない人は、毎月いくら使ったか把握していないことが多いです。

収支を管理すれば、毎月の無駄遣いや不足を防ぐことが可能。

家計簿を付けたり、レシートを管理することで、簡単に毎月の収支を把握することができます。アプリを使った家計管理も可能なので、自分のやりやすい方法で収支を管理しましょう。

初めて家計簿を付ける方は、継続して記録できるよう、シンプルなサービスを利用してください。

コンビニをよく利用する

手軽に買い物ができるので、コンビニが好きな人もいるはず。

美味しいお弁当や、新発売のスイートなどラインナップも豊富で、流れに任せてコンビニに立ち寄ってしまいますよね。

しかし、コンビニの商品はどれも割高。毎日のようにコンビニに行く習慣があれば、出費はどんどんかさみます。

頻繁にコンビニを利用する人は、少しずつ回数を減らして、手元に残るお金を増やせるよう工夫しましょう。

お金のかかる趣味嗜好がある

スマホの普及により、アプリ課金をする若者が急増中。

アプリ課金のようにお金のかかる趣味嗜好があると、無駄遣いが増えてしまいます。

大人であれば、タバコやお酒などの趣味嗜好で、浪費しがち。

お金のかかる趣味嗜好には手を出さない手段が一番手っ取り早いですが、どうしても止められない場合は、お金を使わない日を設けましょう。

趣味嗜好にお金をつぎ込む頻度を減らせば、節約につながります。

浪費癖がある

流行りのアイテムを見つけて衝動買いしてしまう場合や、安いからと頻繁に浪費する人も、お金が貯まりません。

学生や若い女性は、どうしてもブランド品やトレンドのファッションアイテムをいち早く手に入れたいケースも多いでしょう。

衝動買いしたくなったら、購入する前に本当に必要か自分に問いただしてみましょう。

それでも欲しい商品がある場合、お金が貯まってから購入するなど、計画性を持ったお買い物を。

セール好き

セール好きの人は、値下げしているからといって頻繁にセール品を購入するケースが散見されます。

安く買い物をできると確かに嬉しいですが、せっかく購入したのに使用しなければ、ただの無駄遣いになってしまいます。

安い商品を求めてハシゴする行為も浪費の助長に。

お得に買い物をしたいならば、セールを乱用するより、ポイントを貯めて計画的に買い物する方法が得策でしょう。

お金がないことによるストレスの特徴

過度な浪費や支出の管理不足で、お金がない状況に陥ってしまう人も多いはず。金銭的なストレスを抱えていると、生活に様々な影響が出ます。

お金がないストレスの特徴を確認してみましょう。

周囲に相談しにくい

お金がなくても、友人や知人に言い出しにくいもの。自分だけで抱え込んでストレスを感じる人も多いことでしょう。

1人で大きな問題を解決しようとすると、どんどん精神的な負担が大きくなってしまいます。

支出が常に気になる

お金によるストレスを抱えていると、支出が常に気になって、精神的な負担がのしかかります。

友人と遊んでも、支出ばかり気にして楽しめないケースも。

そういった人は、家族が自由にお金を使っていると、自分ばかり我慢しているのにと、家族の行動が理不尽に感じることも少なくありません。

常に支払いに追われている

浪費を繰り返してしまう人は、借入や支払い延滞の督促に怯える日々を過ごすケースも。

毎日督促のストレスと隣り合わせで生活をしていると、精神的な負担が大きいです。

我慢の連続

お金がない生活を送っていると、様々な場面で常に我慢をする必要がでてきます。

友人との食事や、同僚との飲み会など、人付き合いはお金がかかるイベントがたくさんあります。お金がないことを理由に付き合いを断っていれば、交友関係が崩れる可能性も。イベントに参加しても苦しく、断っても苦しい思いをしてしまいます。

ひどい労働環境から抜け出せない

お金がないと、仕事や労働環境を選択できません。

仕事を失って収入がなくなると、生活すら不可能になるからです。

お金がなくて過酷な労働環境を抜け出せないと、仕事に対して義務感や嫌悪感が生まれ、ストレスを背負うことに。

条件の悪い仕事を断ることもできないので、仕事に対するモチベーションがどんどん下がってしまします。

予定外の出費への不安

生活をしていると、病気や事故で予定外の出費が発生することも。

体調が悪いのに、出費を恐れて我慢してしまうケースすらあります。

「お金がないストレス」が及ぼすリスク

お金がないと、様々なリスクが発生します。

お金がないことで発生する影響を見ていきましょう。

精神的・身体的なダメージを及ぼす

常にお金がないと、体や心に大きなダメージを与えてしまいます。

お金がないことによる、身体的・精神的な影響は以下のとおり。

ストレス 内容
常に不安 急な出費や生活費を過度に気にして、心が休まらず精神的にダメージ
人に八つ当たりしてしまう お金がないことでイライラするものの、解決策がないため自分をコントロールできず、身近な人に当たる
不眠 お金がないイライラが慢性化し、睡眠時間も削られて身体的・精神的にダメージ
身体的な病気を誘発する 精神的なストレスのせいで、偏頭痛やめまいなど身体的な症状が出てしまう

お金がないことで、余裕がなくなりイライラするので、精神的な負担だけでなく肉体的なダメージもどんどん増殖。

イライラは自律神経の交感神経を優位にするので、寝付きにくくなることも学説で証明されています。

お金がないと、心も体もしっかり休ませることができないのです。

思考力・判断力が鈍る

お金がないと、IQが低下するとアメリカの研究で証明されています。

IQの低下は、思考力や判断力を鈍らせる可能性も。

不安が大きいため冷静な判断ができなくなり、今後更なる浪費を助長するケースも少なくありません。

感情のコントロールが困難になる

お金がないストレスにより、感情を制御できなくなる可能性も。

周りの冗談を聞き流せなかったり、人との会話を楽しめないなど、感情をコントロールできなくなると、生活や交友関係に大きな影響が。

ひどい場合は、周りの喋っている言葉が自分の悪口に聞こえるなどの例も。

お金がないことで上記のようなストレスを感じている場合、速やかに対処したほうが良いでしょう。

タバコに依存する

東京大学大学院医学系研究科の調査によると、収入が低いとタバコに依存しがちになるとの結果が出ています。

お金がないことでストレスを感じると、喫煙などインスタントな行為でストレスを解消しがちに。

健康に大きな害を与えるので、金欠のストレスでタバコに走る行為は避けたいものです。

ギャンブルに依存する

お金がないと、一攫千金を狙ってギャンブルに依存するケースも。

ギャンブルは一度ハマると生活費全てを費やす人も多く、依存性の高い嗜好です。

無計画にギャンブルにお金をつぎこんだせいで友人にお金を借り、人間関係が破綻するケースも。

お金が欲しい場合はギャンブルではなく、真面目に働いてコツコツ稼ぎましょう。

浪費を招く

常にお金がないと、お金を使うことでストレスを発散し、更なる浪費を招くケースが。

ストレス発散は大切ですが、お金がないのに食事や買い物で散財すると、更に困窮してしまいます。

お金がかからない趣味を見つける手段が一番良いですが、お金を使って発散したい場合は、生活を見直しましょう。

お金がないとしても絶対避けたいNG行動

無計画にお金を使ってしまったせいで、生活に困窮する人も多いでしょう。

いくらお金に困ってしまっても、絶対にやってはいけない行動が多数。

お金がなくてストレスを感じている人向けに、絶対NGとされている金策を解説します。

ギャンブルで増やす

ギャンブルでお金を増やす行為は、絶対にNGです。

勝ってお金が増える可能性はかなり低く、更なる出費を招いてしまうリスクが圧倒的に高い選択だと言えます。

ギャンブルに一度夢中になると、友人からお金を借りてまで遊び惚ける人も少なくありません。

友人関係の破綻にもつながるので、一攫千金を狙ってギャンブルにお金をつぎ込む行為は絶対やめましょう。

クレジットカードや電子マネーで浪費

お金がないストレスを、買い物で解消する人も少なくありません。

クレジットカードや電子マネーで買い物をすると、請求が翌月なので、その場ではストレスを発散できます。

しかし、請求が来れば当然自分に支払いの負担が。

お金がないときにキャッシュレスで爆買いする行為は、絶対に避けたいものです。

クレジットカードの現金化

一時的にお金が欲しいからと、クレジットカードを現金化する行為もNG。

クレジットカードの現金化は高額な利息を請求されるだけでなく、違法行為に該当する可能性も。

手早く簡単にお金を手に入れたいからとクレジットカードを現金化するケースが増えていますが、高リスクな上に結果的にマイナスになりますので、絶対にやめましょう。

違法なバイトに手を出す

SNSの普及により、「誰でも簡単」「短時間で高額即金」と謳う、異様に好条件なバイトに応募する若者が急増中。

おいしすぎるバイトは、ほとんどが違法性ある闇バイト。お金が欲しいからといって軽い気持ちで闇バイトに応募すると、以下のような様々なリスクが発生します。

  • 保険証など個人情報提出を要求され、個人情報流出を脅される
  • 友人や家族に危害を及ぼすと脅される
  • 仕事内容を後から知らされるので、違法性に気付き辞退しようとしても辞退できなくなる

高収入な仕事には、長時間拘束や専門的な知識が必要なケースが一般的。

即金や簡単と謳うバイトを見掛けたら、まず疑いましょう。

違法なヤミ金や個人間融資に手を出す

高額を即日融資してくれるからといって、ヤミ金に手を出す行為も絶対にNG。

昨今はSNSにて、個人間で金銭を貸し借りする個人間融資も多く見受けられます。

個人間融資は高確率で裏にヤミ金が潜んでおり、どちらを利用しても、法外な利息や悪質な取り立てに怯えることに。

特に若い人は、SNSで知らない人とお金を貸し借りする行為に抵抗がない人も多いですが、大きなトラブルに発展する可能性もあるとても危険な行為なので辞めておきましょう。

借金返済のために新たな借金をする

金欠に見舞われている人の多くは、既に借金をしているケースが多いでしょう。

毎月の返済が苦痛な気持ちは分かりますが、借金を返済するために、更に借金をする行為は、絶対やめてください。

無計画に借入をすれば多重債務に陥り、更に生活に困窮する可能性も。

現在の借金をコツコツ返済し、完済後は計画的なお金の使い方をできるよう、改心しましょう。

お金がないときはストレスを溜めるよりお金を貯めよう!

お金がないと、精神的にも身体的にも大きなストレスを抱えがち。

交友関係に影響を与える可能性も高いので、どうにかして金欠を脱却したいですよね。

お金がないときは、ストレスを溜める前に行動を起こして、お金を貯めましょう。

アルバイトをするだけでなく、ポイントを利用した節約術や、固定費の見直しなど、対処法はたくさんあります。

地道な努力を続けて、お金のストレスとは無縁の快適な生活を送ってください。