今すぐ引っ越したい!でもお金がない!4つの対処法で切り抜けよう!

今すぐ引っ越したい!でもお金がない!4つの対処法で切り抜けよう!お金が払えない

騒音がうるさくて今すぐ引っ越したいのにお金がない!引っ越したいけど引っ越せない!どうしたらいいでんでしょう?

引っ越ししたいけどできないというお悩みですね、一緒に方法を考えてみましょう!

理由はどうあれ、今すぐにでも引っ越したいのに、お金がないとなると困りますよね。

このページでは「お金がないけど早めに引っ越しをしたい!」というあなたに向けて、今すぐできる対処法をまとめて紹介します。

少しでも負担を減らして、今すぐ引っ越しを実現させましょう。

今すぐ引っ越したいのにお金がない!4つの対処法

引っ越しを我慢して貯金するのが一番だってことはわかってるけど、とにかく早く引っ越したいんです!

アルバイトでも集中的にやって資金を集めるのがおすすめですが、ほかにもできることを紹介しますね!

今すぐ引っ越したいのにお金がないときは、以下の方法からチェックしてみましょう。

  • 安い物件を探す
  • 初期費用0円の物件を探す
  • 仲介手数料がかからない物件を探す
  • 初期費用を分割払いにする

安い物件を探す

現在の家賃より安い物件を選択すれば、いくらかゆとりが生まれるはず。

賃貸物件の初期費用は家賃をベースにして算出されますので、家賃が高ければ、当然、初期費用も高くなります。安い物件を選択すれば、初期費用も安く済み、月々の負担も軽くなります。

例えば、10万円の家賃の物件から7万円の家賃の物件に引っ越せば、毎月の差額が3万円、年間にすれば36万円、新しい家賃の5ヶ月分以上の節約になります。

交通費の節約も考えるべきですが、同じような間取りの部屋でも、エリアによって家賃が大きく異なるものです。

人気のエリアとか駅からの距離を我慢すれば、少しは家賃も抑えられますよね!

シェアハウスなど、一部のスペースを共有するタイプの賃貸物件であれば、家賃もかなり安く抑えられますよ!

お金がないという状況を打開するのにも役立つでしょう。

初期費用の負担が少なければ、ひとまずカードローン等を利用して素早く現金を用意して、今すぐ引っ越しすることも可能ですね。

今すぐお金を借りる

初期費用0円の物件を探す

不動産会社によっては、初期費用0円で借りられる賃貸物件があります。

例えば、

  • 仲介手数料無料
  • 敷金無料
  • 礼金無料
  • 1ヶ月分の家賃無料

などといった物件です。

仲介手数料無料

仲介手数料は、不動産会社の利益になるお金です。自社物件や管理物件であれば、仲介手数料無料で契約できますが、入居者が家賃1ヶ月分を負担するのが一般的です。

大家さんが半分負担するケースもあるので、仲介料が大家さんと折半にならないか、契約時に交渉してみてもいいでしょう

通常、仲介手数料は家賃の1ヶ月分、敷金・礼金は家賃の1~数カ月分、などと、家賃の何倍もの資金が必要となります。

ここが節約できると大きいですね!

敷金無料

敷金は、退去の精算時に補修費用や滞納した家賃がなければ、戻ってくるお金です。退去の際に新たな負担を負うよりは先に預けておいたほうが安心ですが、負担額が大きいので、お金がないときは厳しい負担になりますよね。

敷金は先に預けておくことをおすすめします。退去のときに補修費と次の物件にかかる初期費用とをまとめて負担するのはなかなか厳しいですよ!

礼金無料

礼金については、通常は家賃のほかに大家さんが収入として受け取るものになります。礼金ゼロの物件も多いので、払いたくない場合はこれを必須条件にして物件を探しましょう。

物件によっては、不動産会社の担当者が礼金ゼロに交渉してくれる可能性もありますよ!

1ヶ月分の家賃無料(フリーレント物件)

数は多くないですが、フリーレントを設定している物件もあります。

フリーレント物件とは、一定期間の家賃を無料にしてもらえる物件のことです。

フリーレント物件ですか!初期費用がかかっても家賃の負担が少なければ、借りやすくなります。

初期費用を分割払いにする

毎月の家賃を払うのは問題ないものの、引っ越しの際に発生する初期費用の負担が厳しい場合は、分割払いを検討してみてもいいでしょう。

初期費用の分割払いへの対応は、不動産会社によって異なります。

不動産会社で分割払いに対応している場合でも、金利が発生して、トータルの負担が増えることになるのでご注意を。利用する場合は内容をよく確認しましょう。

クレジットカード払いに対応している不動産会社であれば、クレジットカードの分割払いサービスを利用する方法もあります。

クレジットカードの分割払いでは、回数によっては手数料なしでの分割が可能な場合もあるので、事前にクレジットカード会社に確認してみましょう。

不動産会社によってはクレジットカードに対応していなかったり、一部のカードにしか対応していなかったりするので、前もって確認しておいてくださいね!

クレジットカードが使えない場合は、カードローンを利用して計画的に返済する方法もあります。

今すぐお金を借りる

引っ越しするにはいくらかかる?コストを抑える方法は?

引っ越しするのにはいくらくらいかかるんですか?

引っ越しする際は、賃貸契約の初期費用と、引っ越しで荷物を運ぶのにかかる費用が必要ですね。コストを抑える方法もまとめて詳しく見ていきましょう。

賃貸契約でかかる初期費用はいくら?

賃貸物件を契約した場合、一般的な初期費用として以下の資金が含まれます。

  • 仲介手数料(賃料の1ヶ月分)
  • 敷金(賃料の数ヶ月分)
  • 礼金(賃料の1ヶ月分)
  • 火災保険料(10,000円~15,000円ほど/2年)
  • 日割り家賃(入居日から月末までの日割り家賃と共益等)
  • 前家賃(前家賃として支払う翌月分の家賃と共益費等)

仲介手数料や敷金・礼金が無料の物件もありますが、基本的にはこのような金額が請求されます。

初期費用の相場は家賃の5~7ヶ月分くらいでしょうか。やっぱり引っ越しの出費は大きいですね!

契約によっては、このほかにも以下のような費用がかかりますね。

  • 家賃保証(年単位または2年単位で賃料50%~1ヶ月分)
  • 鍵交換費用(15,000円前後)
  • 安心サポート(15,000円前後)
  • 消臭消毒費用(15,000円前後)

などのオプション的な費用もあります。料金は、不動産会社や利用を指定されるサービスによって異なります。

家賃保証とは、家賃滞納に備えるために、入居者の費用負担で加入が求められるものです。連帯保証人がいても、家賃保証の審査・加入を必須としている不動産会社も増えています。

鍵交換を希望する場合、物件によっては費用負担を請求されます。

安心サポートとは、24時間、住まいのトラブルに対応してもらうためのサービスで、不動産会社によって任意だったり強制だったりします。初めての一人暮らしで不安がある場合などは必要かもしれませんが、必ずしも必要なものとはいえないでしょう。

消臭消毒費用は、入居前の衛生面が気になる方に向けたオプションとして設定されていることが多いです。任意ですので、不要なら断れば費用は発生しません。

ここまで解説した情報を踏まえて、以下2つのケースでかかる費用の目安をそれぞれ見てみましょう。

  • 一般的に不動産会社から示される初期費用
  • 敷金1ヶ月・礼金なしで不要なオプションを省いた場合の費用

「60,000円の家賃で3月20日から入居する場合」の契約として、料金をj計算してみました。

費用全て負担ありの場合敷金1ヶ月・礼金なし
不要なオプションなしの場合
仲介手数料60,000円60,000円
敷金120,000円60,000円
礼金60,000円0
火災保険料15,000円15,000円
日割り家賃(3/20~3/31分)21,290円21,290円
前家賃(4月分)60,000円60,000円
家賃保証60,000円60,000円
鍵交換費用15,000円0
安心サポート15,000円0
消臭消毒費用15,000円0
初期費用合計441,290円276,290円

この2例の比較では、165,000円の差額になります。

165,000円ですか!こんなにも節約できるんですね!

このように、敷金や礼金、仲介料がかからないと、大幅に初期費用を安く抑えることができます。

家賃が下がれば、さらに節約できますよ!

費用を抑えたいのであれば、仲介料無料、礼金無料、フリーレントの物件等を優先してチェックしていくといいでしょう。

引越しでかかる費用はどれくらい?

家具家電等は運搬するのにも処分するのにもお金がかかるもの。

できる範囲で物を減らして引っ越しの準備をしておくことが最大の節約になります。

メルカリやヤフオク等で不用品など売れるものは売って資金の足しにして、ネットで売りにくいものはジモティなどを利用して、欲しい人に取りに来てもらうといいでしょう。

福祉バンクやリサイクルショップに依頼すれば、荷物回収してもらえる可能性もあります。

地元のクリーンセンター等に持ち込めるのであれば、地域によって無料または格安で処分できます。自治体のホームページ等でチェックしてみてください。

運搬する荷物が少なければ、引っ越し費用も安く済みますね!単身パックとかなら安いし!

はい!引っ越しは時期によって料金が異なります。利用するなら繁忙期を避けるのが賢い選択です!

引っ越し業者は複数者に見積もりを出してもらい、比較して安い業者を選択するのがおすすめです。

レンタカーで軽トラックなどを借りて引っ越しすれば、手間はかかってもコストを安く抑えることができます。

引越し資金がない場合に、初期費用を安く抑える方法については、以下の記事でも紹介していますので、合わせて参考にしてください。

引っ越し資金がない!初期費用どうする?対策と安く抑える方法
引っ越し資金がない、払えない!という場合、引っ越し資金や賃貸の初期費用を抑えることから考えてみましょう。引っ越しが節約のきっかけになるかもしれません。

今すぐ引っ越したいのに資金がないときは助成金もチェック

今すぐ引っ越したいのにお金がないときには、生活に困ったときに利用できる国の支援等を利用する方法もあります。

近年は、新型コロナウィルス感染症の影響により収入が減少してしまった方の生活を支えるための支援として、複数の支援制度が設けられているのです。

新型コロナウィルス感染症の影響に対する支援金等は、令和4年9月末や12月末で終了するものもあるので、窓口で確認してくださいね!

例えば、引っ越し資金がない場合に利用できそうなものとして、以下のような支援制度があります。

  • 住居確保給付金(家賃)
  • 償還免除付のひとり親家庭住宅支援資金貸付
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度「転宅資金」

それぞれの内容を見ていきましょう。

住居確保給付金(家賃)

「住居確保給付金(家賃)」の対象となるのは、以下に該当する方です。

  • 離職・廃業してから2年以内の方
  • 自分の責任ではない理由や事情によって収入が減少し、離職や廃業と同様の状況にある方
項目内容
支給期間原則3ヶ月
支給額家賃額
支給額上限住宅扶助特別基準額

大まかな内容はこの一覧のとおりですが、このほかに支給要件等があります。詳しい条件については厚生労働省の資料でご確認ください。

「住居確保給付金(家賃)」についての窓口は市区町村の自立相談支援機関になります。

厚生労働省「住居確保給付金(家賃)」

住宅確保給付金の特例措置は、令和4年12月までとなっていましたが、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」により、令和5年3月31日に延長されています。

給付金の申請期限などは、変更もあるので、国や自治体の公式ページで随時ご確認ください。

償還免除付のひとり親家庭住宅支援資金貸付

「償還免除付のひとり親家庭住宅支援資金貸付」の対象となるのは、以下に該当する方です。

  • 児童扶養手当を受給している方
  • 児童扶養手当受給者と同等の所得水準の方
  • 「母子・父子自立支援プログラム」の策定により、自立に向けて意欲的な取り組みをしている方

「母子・父子自立支援プログラム」とは、児童扶養手当受給者等に対して行われるプログラムで、生活状況や就業への意欲、資格取得への取り組み等を面談によって把握し、それぞれのケースごとの支援メニューを策定してもらえる仕組みです。

「償還免除付のひとり親家庭住宅支援資金貸付」では、月の上限40,000円で12ヶ月分の貸付が可能です。

1年間就労を継続すれば、この貸付額が一括償還免除となります。

一括償還免除ってなんですか?

まとめて返済を免除します、つまり返さなくていいってことです!

「償還免除付のひとり親家庭住宅支援資金貸付」については、居住地の都道府県窓口、もしくは指定都市の場合は市役所にお問い合わせを。

厚生労働省「償還免除付のひとり親家庭住宅支援資金貸付」

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度「転宅資金」

「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」の対象となるのは、以下に該当する、20歳未満の児童を扶養している配偶者のいない方です。

  • 母子家庭の母
  • 父子家庭の父
  • 寡婦

寡婦とは、ご主人と死別や離婚したあとに再婚していない女性や、婚姻していない女性のことで、シングルマザーも「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」の利用対象者になります。

「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」には複数の目的に応じた貸付があり、その中の「転宅資金」が引っ越しに利用可能。貸付の内容は以下のとおりです。

項目内容
貸付限度額260,000円
据置期間6ヶ月
償還期間3年以内
利率保証人ありの場合は無利子
保証人なしの場合は年1.0%

据置期間ってなんですか?

据置期間とは、元金の返済が発生しない期間です。貸付を受けてから返済を始めるまで、6ヶ月間の猶予があるということです。6ヶ月後から、3年以内の期間で返済していくことになります。

「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」については、地方公共団体の福祉担当が窓口となっています。

男女共同参画局「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」

このほかにも、お金を支援してくれる団体があります。以下の記事も参考にしてください。

お金を支援してくれる団体をまとめて紹介!困ったらまずは相談!
生活が苦しいとき、支援してくれる制度っていないでしょうか? 生活に困ってる人を助けてくれる団体は結構あります! お金を支援してくれる団体を活用しよう 給料...

今すぐ引っ越したいのにお金がないときは節約しながら乗り切ろう!

今すぐ引っ越したいのにお金がない場合、まもなくお金が入る予定であれば、クレジットカードで支払ってもいいでしょう。

クレジットカードが利用できなければ、消費者金融のカードローンを活用して、迅速にキャッシュを準備することも可能です。

今すぐお金を借りる

長期的にお金がない場合には、家賃の安い物件や初期費用が少なく済む物件を探してみましょう。家賃が今より安くなれば固定費の節約になりますし、初期費用コストの低い物件であれば10万円単位の節約になるという大きなメリットにもなります。

生活に困窮しているような場合には、生活保護やその他の支援金等もありますので、お住まいの自治体に相談して使える制度を積極的に活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました